Derawan SangalakiIndonesia

  • デラワン&サンガラキ 画像1
  • デラワン&サンガラキ 画像2
  • デラワン&サンガラキ 画像3
  • デラワン&サンガラキ 画像4
  • デラワン&サンガラキ 画像5
  • デラワン&サンガラキ 画像6
  • デラワン&サンガラキ 画像7
  • デラワン&サンガラキ 画像8
  • デラワン&サンガラキ 画像9
  • デラワン&サンガラキ 画像10
  • デラワン&サンガラキ 画像11
  • デラワン&サンガラキ 画像12
  • デラワン&サンガラキ 画像13
  • デラワン&サンガラキ 画像14

デラワンとは?

ダイバーなら誰もがあこがれるシパダン。そこから約200キロ南下した場所に位置するインドネシア領土の島。
シパダンに通いつめたダイバーが次に目指すダイビングポイントといっても過言ではない。マクロダイバーからワイドダイバーまで満足させる極上のダイビングポイントが待っている。
インドネシアではカリマンタン島、マレーシアではボルネオ島と呼ばれている島よりクルーズ船で8時間。 カリマンタン島の南に位置しマレーシア領土のすぐ東にあるがインドネシア領となっている。 小さな島々なので普通の地図だと掲載されていません。

現在このツアーは休止しております。

達人のオススメ!

水中カメラマン鍵井靖章のおすすめポイント

どんなところ
ダイブクルーズで行けるアジア最後の秘境!
インドネシアのカリマンタン島の東に位置する生物の宝庫。
ココに注目
アジアの面白いダイブエリアを常に求め、開拓するダイブクルーズ・パヌニーヨット!
ラグジュアリーな施設と美味しい食事も魅力のひとつだ!
こう遊べ
デラワンではマクロ!
カカバンでは、ジェリーフィッシュレイク!
サンガラキでは、白×黒マンタ!
マラトゥアでは、バラクーダの竜巻! を見逃すな!!!!
ポイント
最終目的地・マラトゥア島のバラクーダ! ポイント名は、「The Channel」 天上を駆け巡るバラクーダの竜巻は、全てのダイバーを陶酔させる!

ダイビング情報

海は?

一番有名なのはサンガラキのマンタ、次がデラワンのレアものが豊富なマクロ、マラトゥアの大物。
カカバンはパラオに比肩するジェリーフィッシュレイクがあり、回遊魚の宝庫でもあります。 マラトゥアは、バラクーダの大群や大型回遊魚と高確率で出会えるものすごい場所。それぞれのポイントは若干離れているので、1日で廻るのはかなり厳しい。
またリゾート滞在型の場合は、リゾートからポイントが離れているので長時間の移動を要する。ただどのポイントも訪れたからには是非潜りたいお勧めポイントだが、短期間の滞在ではそれが難しかった場所。 それゆえに、ダイバーにもまだ名前がそれほど知れ渡っていなく、手付かずの海が残っていたのかもしれない。
今回パヌニーヨットがクルーズ船でこの島々を巡るダイビングツアーを催行。今までは難しかった短期間ですべてのポイントを潜るダイビングツアーを組むことが可能になった。
現在、日本のみならず世界中のダイバーが新しいダイビングルートとして注目している。

1日のスケジュール

海況や航海ルートによって異なりますが、基本的には1日4本のダイビングとなります。 1本目朝8時~9時頃、2本目10~11時頃、3本目13~14時頃、4本目15~16時頃もしくはナイトダイビングとなります。
5本目は状況によりますが、基本的に1日4本迄となっております。

航海例

 

乗船1日目 タラカンの空港より送迎車にて港へ。乗船。
19:00:オリエンテーション
23:00:タラカン港を出航
乗船2日目 最大4ダイブ デラワン→マラトゥア→サンガラキ→カカバン
※海況によってルートを変更する場合がございます。
乗船3日目 最大4ダイブ
乗船4日目 最大4ダイブ
乗船5日目 最大3から4ダイブ
乗船6日目 下船、送迎車にてタラカンの空港

※乗船6日目は、翌日のフライト時間によってダイビング本数が制限される場合がございます。
※上記スケジュールは一例となっており、天候・海洋状況によって航路ルートは異なります。

ダイビングエリア

基本情報

トラベルメモ

国名 インドネシア共和国
首都 ジャカルタ
最寄の空港 タラカン空港
ビザ ジャカルタ、バリクパパンから入国する場合ビザは免除されています。
時差 -1時間。日本が正午ならデラワン・サンガラキは午前11時。
気候 年間を通して湿度が高く、蒸し暑い。
※乾季は5月~10月 雨季は11月~4月
平均気温 27~31℃
平均水温 28~30℃
適正スーツ 3~5㎜ウェットスーツ
透明度 ☆☆
言語 インドネシア語。英語も通じる。
電圧 240V。プラグはCタイプ。
通貨 インドネシアルピア 1円=約120ルピア(2016年11月現在)
両替 日本、シンガポール、バリクパパンで可能。
チップ 基本的に不要。
その他 サンガラキはマンタで有名なダイビングエリアだが、実際のところ当たり外れが大きい。しかし、当たった時の数十匹のマンタの群れが水面を覆う光景は圧巻!数多くのウミガメが産卵に上陸する島でもあり、ダイビング中にウミガメもよく現れる。

補足

MAP

<デラワン>

MAP

<サンガラキ>

2017年12月 Area Ranking

  • 第1位 ベストシーズン!!到来タイ王国【シミランクルーズ】

  • 第2位 安定の大物ダイブサファリ!!モルディブ・アイランドサファリロイヤル♪

  • 第3位 ダイバー天国!!セブ島・最先端!リロアン マリンビレッジ!!

  • 第4位 バリカサグまでボートで30分!!最高の立地で最高のダイビングを!

  • 第5位 カオラック流 極上リゾート&デイトリップ

  • 第6位 4日間で楽しめる海外ダイビング! 【アニラオ】

  • 第7位 インドネシアの隠れた秘境【マラトゥア】

  • 第8位 東洋のガラパゴスの由来は伊達じゃない!!小笠原で潜ろう!

  • 第9位 大好評!!安心お任せパック!【モアルボアル】

  • 第10位 驚きの海 コモド諸島クルーズ!!

We スタッフ一押し!エリア

  • アニラオ

  • サムイ・タオ島

  • キンべ

  • モアルボアル

  • ラパス

  • パラオ

PAGE TOP