OkinoerabuJapan

  • 沖永良部 画像1
  • 沖永良部 画像2
  • 沖永良部 画像3
  • 沖永良部 画像4

沖永良部島はサンゴが隆起してできた島といわれており、素朴でゆったりとした時間が流れています。そんな静かな島ですが、海中はとてもにぎやか! この島には毎年1~3月、ザトウクジラが訪れます。

ホエールウォッチとして眺めるのではなく、クジラと一緒に泳ぎたい! そう願うダイバーは多いことでしょう。ここ沖永良部島では、大きな体に愛くるしい瞳を持つ彼らといっしょに泳げることができる、数少ない場所でもあるのです。 ザトウクジラを目の前で拝むことができるという、貴重な体験ができます!

また、ダイビングでは、迫力の群れ、群れ、群れ! ギンガメアジやイソマグロ、ロウニンアジが目の前をぐるぐると旋回。そのほかにも、ウミガメやハンマーヘッド、マンタ、マダラトビエイなどまで登場します。

ダイビング情報

感動のクジラスイム

その日の海況や風向き、漁師さんからの情報をもとにクジラがいる場所を予想し、いざ出港。2つの港を使い分け、よりクジラとの出会いを高いものにします。

クジラのシーズンは1~3月で、クジラが出はじめたらその期間中は毎日見られるというから期待度大! 愛くるしい彼らとアイコンタクトを取りながらのクジラスイム。心行くまで堪能してください。

注意)沖永良部島では、クジラスイムに関してルールが設けられています。
ルールを守ってお楽しみください。
●クジラスイムのルール●
http://www.mugamuga.com/kujira/pdf/whalerule_201004.pdf



さらに、ダイビングではギンガメアジ、イソマグロ、ロウニンアジなどの回遊魚がぐるんぐるん。 透明度は時に30mを超え、どこまでもディープブルーが広がります。

さらに、大物ダイビングを満喫してる最中に、BGMとしてクジラの鳴き声が聞こえてきたり……。贅沢な1本となること間違いなし !もちろんモンツキカエルウオやベニゴンベ、ハタタテハゼ、アオギハゼ、ピグミーシーホース、ハナヒゲウツボなどマクロの生物たちも数多く見られ、撮影も楽しめます。

カメラ派ダイバーも納得! の被写体の豊富さが魅力です。

ダイビングサービス

沖永良部島むがむがダイビング

「むがむが」というのは沖永良部島で、ゆっくり、ゆったりといった意味で使われていた古い言葉。 ダイビングをゆったりとした時の流れのなかで楽しんでいただきたいとの願いがこもっています。

ショップからは海が望め、清潔感がありおしゃれな佇まい。 個室シャワーや、器材洗い場、ログ付できるウッドデッキのテラスも完備され使い勝手も抜群。 近くにホテルやコンビニエンスストアもあるので便利です。

むがむがダイビングのHPを見る →http://www.mugamuga.com/

シードリーム沖永良部

沖永良部島唯一のPADI認定リゾートとして、更に、奄美群島唯一の5スターダイブリゾートとして登録されています。
海を一望できる絶好のロケーションに店舗を構え、2艇の専用ボート、ダイビング時にはAED、酸素吸入器の携帯など、安全対策にも努めております。
自店にエンリッチドエア・ナイトロックス充填設備を有し、潜水計画に合わせた酸素濃度のタンクで、より安全・より快適なダイビングを!
“海に夢を…夢は海から…”をポリシーに、沖永良部島の魅力を最大限にお伝え致します。

シードリーム沖永良部のHPを見る →http://www.okierabu.net/

ダイビングリゾート

おきえらぶフローラルホテル

沖永良部島むがむがダイビングから一番近く、便利なホテル。
空港からの送迎あり、大浴場あり。
レストランは1F「ハイビスカス」、別館の「台所ハイサイ」など。   
うれしい全室無線LAN完備。                    

 

観光ホテル東 HOTEL AZUMA

沖永良部・和泊町にありアクセスのとてもよいホテル。
沖永良部空港から15分、和泊港から5分、無料送迎あり。
一部の客室でインターネットができます。                       

観光情報

沖永良部の観光情報

沖永良部島は島の地下にはいたるところに鍾乳洞があります。
大小さまざまですが、合わせると島全体に鍾乳洞が張りめぐっていて、「鍾乳洞の島」と言われることもあります。総延長日本第2位の鍾乳洞・大山水鏡洞へのツアーもありますのでお問い合わせください。

他にも「新日本銘木百選」に選定された日本一のガジュマルや奄美十景である田皆岬の断崖絶壁の絶景など雄大な自然に囲まれた島は見どころいっぱいです!
 

基本情報

トラベルメモ

気候 温暖な亜熱帯性気候で晴天の日が多いのも特徴です。
平均気温 年間平均気温は22℃。
冬は最低で16℃、夏は29℃くらい。
平均水温 1~3月/21~23℃
4~6月/23~26℃
7~10月/26~30℃
11~12月/23~26℃
適正スーツ 冬は水温が23℃ほどまで下がるので、スーツの選択は5㎜ツーピースがあれば◎。 ワンピースの場合はフードベストの準備を。寒がりの人はドライスーツという手もあります。
透明度 透明度は高く年間を通して20m~40mをキープ
その他 もともとは珊瑚礁が隆起してできた島だと言われています。 (40万年もの時間をかけて今の沖永良部ができたといわれています)。
島の周りには、珊瑚によってリーフ状に囲まれていて、島自体の性質も石灰質になっています。
また、現在も隆起を続けているので、砂浜自体はいくつかありますが、ほかの島のような規模の大きな砂浜はありません。
また、沖永良部島は島の地下にはいたるところに鍾乳洞があります。 大小さまざまですが、 合わせると島全体に鍾乳洞が張りめぐっていて、「鍾乳洞の島」と言われることもあります。 一般に公開されている鍾乳洞である「昇竜洞」も規模は大きいいもので、 太古から時間をかけて生み出されてきた大自然の造形美を実感することができます。

銀行:郵便局があります。ATMは郵便局が平日9:00~17:30、土日祝祭日9:00~17:00になります。

交通:この島では定期的に島内を周回している交通手段はバスだけです。(知名⇔和泊 570円)
便数が少ないので要注意。
自由に島観光をしたいとなれば、レンタカーやタクシー、レンタサイクルなどを利用します。
各ホテルにて案内が出ていますので、各自申し込みをしてください。

行き方

鹿児島空港経由、沖永良部島空港に到着するルートです。各地空港から鹿児島空港で乗り継ぎ、沖永良部空港に到着します。
空港から宿泊先までは各ホテルの無料送迎を利用し、ホテルからダイビングサービスまではスタッフが送迎します。                          

行き

各地空港(東京・大阪)
鹿児島まで約2時間のフライト
鹿児島空港
ご自身でお乗継ぎ
飛行機で約1時間半で沖永良部空港へ
沖永良部空港
無料送迎にてホテルへ

帰り

沖永良部空港
無料送迎にて空港へ
※現地でご自身にてご依頼ください
飛行機で鹿児島空港へ
鹿児島空港
ご自身でお乗継ぎ
各地空港(東京・大阪)へ
各地空港(東京・大阪)

補足

MAP

2017年6月 Area Ranking

  • 第1位 バリカサグまでボートで30分!!最高の立地で最高のダイビングを!

  • 第2位 大物天国 メキシコ ラパス!!

  • 第3位 安定の大物ダイブサファリ!!モルディブ・アイランドサファリロイヤル♪

  • 第4位 大好評!!安心お任せパック!【モアルボアル】

  • 第5位 驚きの海 コモド諸島クルーズ!!

  • 第6位 4日間で楽しめる海外ダイビング! 【アニラオ】

  • 第7位 ビックブルーダイビング  チャバ で満喫ダイビング!!

  • 第8位 東洋のガラパゴスの由来は伊達じゃない!!小笠原で潜ろう!

  • 第9位 1年通して安定して楽しめる【メナド】

  • 第10位 タヒチ・ファカラバ!最大級のパスで豪快ドリフトダイブを味わう!!

We スタッフ一押し!エリア

  • ラパス

  • ロタ

  • パラオ

  • ガラパゴス諸島

  • コモド諸島

  • モアルボアル

PAGE TOP