Mauritius

  • モーリシャス 画像1
  • モーリシャス 画像2
  • モーリシャス 画像3
  • モーリシャス 画像4
  • モーリシャス 画像5
  • モーリシャス 画像6
  • モーリシャス 画像7

アフリカの東に浮かぶ小さな島国

モーリシャス共和国はアフリカの東に浮かぶ小さな島国。「インド洋の貴婦人」とも呼ばれ、かつてからヨーロピアンには絶大な人気のあるリゾート地です。

豊かな自然が残されている地としても知られ、周囲は手つかずのサンゴ礁で囲まれ、山々には森林が生い茂る。世界最高水準の空気が澄んでいる地域でもあり、世界保健機関(WHO)が公表するAir quality indexでは、モーリシャスは世界2位となっています。

>> モーリシャス詳細情報を見る <<

ダイビング情報

ダイビング基本情報

島の雰囲気同様、ダイビングスタイルも非常にゆったりしているモーリシャス。一般的に9時、11時に2本のダイビングを済ませ、午後はゆっくり過ごす(リクエストによって3ダイブ目も可能)。ある程度人数が揃えば、リクエスト次第で遠くのスポットへデイトリップに向かうこともあるが、多くのスポットは10~15分程度の距離に集中しています。
アンカーは打たずにフリーで潜降、ガイドはつくものの基本はバディ同志での安全管理。時には深いスポットもあるので、中性浮力、残圧、コンピュータの管理はしっかりと行うことをオススメします。

ダイビングリゾート

コンスタンス・ル・プリンス・モーリス

豊かなマングローブ林に囲まれた入り江にある60ヘクタールもの敷地を有するリゾート。2012年に大幅な改修を行い六つ星リゾートとして生まれ変わりました。「すべてのベストをVIPとしてお迎えする」をコンセプトに高いホスピタリティを実現、ロコニアルデザインで統一されたリゾート内で快適なひとときを過ごすことができます。

コンスタンス・ベルマーレ・プラージュ

全長2キロメートルにも及ぶ広大なプライベートビーチを有するリゾート。前に紹介したプリンス・モーリスよりも若干カジュアルな雰囲気。ホテル施設、客室がはっきり分かれた形で造られており、プライベート感も満載です。ゴルフコースも隣接されており、宿泊客は無料で利用することができます。目の前のビーチはサンゴも元気。シュノーケリングも楽しめる。

観光情報

モーリシャスの観光情報

●Walk with Lion
島の西部にあるフリッカン・フラックという町から車で10分ほどの場所にある「カゼラ・ネイチャー&レンジャーパーク」は野生動物と触れ合えるさまざまなアクティビティが用意されている。目玉は飼育されているライオンと園内を散歩、撮影する「Walk with Lion」。触ったり、一緒に撮影することも可能で、アフリカらしい記念になること間違いなしです。

●シャマレルの滝
ブラックリバー渓谷内にあるシャマレルの滝。一帯はモーリシャスのグランドキャニオンとも呼ばれ、見事な自然景観を堪能することができる。これらのスポットを同時にまわるツアーも開催されているので、一日あけて陸上観光してみるのもいいかもしれません。

基本情報

トラベルメモ

国名 モーリシャス共和国
首都 ポートルイス
ビザ 90日以内の観光では不要
時差 日本からマイナス5時間。日本が正午の時、午前7時となる。
気候 常夏の島だが、暑い11月~4月(平均気温30℃)と爽やかな気候の5~10月(平均気温27℃)に分けられる。1月下旬~2月中旬頃がサイクロンのピークだが、通常ロドリゲス島(モーリシャスの東約560Km)近辺で発生して来るので、その間に勢力が弱まることが多い。
適正スーツ 常夏の島ではありますが、7、8月は水温が23度程度まで落ち込むため、5ミリのフルスーツ持参がベター。それ以外のシーズンは30度近くあり、3ミリスーツで十分対応可能です。
言語 英語、仏語、クレオール語
電圧 240V・50Hz。プラグはB、C、B3、BFで、ホテルによっては複数の形状が使われています。
通貨 モーリシャスルピー(Rs)。ホテルやレストランなどではユーロもしくは米ドルでの表記が多い。
その他 モーリシャスは全面積が東京都ほどの島。東部、西部、南部とそれぞれダイビングスポットがあります。東部は穏やかな海況であるにも関わらず、ロウニンアジやギンガメアジ、バラクーダなどの大型回遊魚と遭遇する確率の高いエリア。人を見ても逃げない魚種も多く、目の前で迫力満点の回遊シーンが見られることもしばしばあります。

行き方

モーリシャスへの翼はエミレーツ航空!
ドバイを拠点に世界81ヶ国を繋いでいるエミレーツ航空。きめ細かいサービスが高く評価されています。
羽田、成田、関西からドバイへの直行便を毎日1便就航、ドバイよりモーリシャスの直行便もあるため、1回の乗り継ぎで現地入りが可能です。

●同額で羽田発着を成田発着に変更できます。

EK319便 成田22:00発→ドバイ03:50着
EK703便 ドバイ10:20発→モーリシャス16:55着

EK702便 モーリシャス18:20発→ドバイ00:55着
EK318便 ドバイ02:50発→成田17:25着

ご希望の場合はお気軽にお問い合わせください。

補足

MAP

2017年4月 Area Ranking

  • 第1位 安定の大物ダイブサファリ!!モルディブ・アイランドサファリロイヤル♪

  • 第2位 タヒチ・ファカラバ!最大級のパスで豪快ドリフトダイブを味わう!!

  • 第3位 バリカサグまでボートで30分!!最高の立地で最高のダイビングを!

  • 第4位 狙えカジキ!大物天国タヒチ・ランギロア!

  • 第5位 インドネシアの隠れた秘境【マラトゥア】

  • 第6位 新リゾート誕生【アンボン】マルクリゾート&スパ

  • 第7位 1年通して安定して楽しめる【メナド】

  • 第8位 大好評!!安心お任せパック!【モアルボアル】

  • 第9位 マクロ好きならリピート間違いなし!【レンべ】

  • 第10位 ニタリと泳げる海! マラパスクア

We スタッフ一押し!エリア

  • パラオ

  • ラパス

  • モアルボアル

  • ロタ

  • サムイ・タオ島

  • キンべ

PAGE TOP