LapazMexico

ダイブクルーズおすすめのダイビングスポットをご紹介

ラパスを潜るもう1つのスタイルがダイブクルーズです

野生の海・コルテス海の魅力にどっぷり浸かるには、ダイブクルーズがおすすめです。
Weラパスツアーでは、サンライダーのダイブクルーズを利用!

ダイブクルーズの特長

魅力1
海にいる時間が長いからイルカやクジラも

ダイブクルーズは洋上の時間が長いため、クジラやイルカが見られるチャンスが大。スノーケリングでドルフィンスイムやクジラ探しをすることも可能で、臨機応変にラパスの海を満喫できます。また、のんびり静かな海を眺めているだけでも気持ちがいいものです。


魅力2
デイトリップの人気ポイントも網羅

デイトリップでは行けない遠いエリアへ行けるのはダイブクルーズの魅力です。圧倒的にダイバーの数が少なく、潜っているのは自分たちだけという贅沢な気分 はクルーズならでは。もちろん、行きか帰りには定番のロスイスロテスなども潜れます。朝一番や夕方など、他にダイバーがいない時間帯に潜れるのも◎。


魅力3
クルーズは最大15ダイブ

8日間のラパスツアーでは、4日間のダイブクルーズにステイ。1日3~4ダイブで、最大合計14ダイブが可能です。さらにダイビングにはジンベエスノーケルも楽しむことができます。 今年はサンライダーのアドベンチャー号を利用します。

「アドベンチャー号」
サンライダーのダイブクルーズ船で今年から就航開始

ダイブクルーズの潜り方

エリアはデイトリップよりさらに北部のラスアニマスへ
ダイブクルーズで行けるのはラパス湾の北、サンフランシスコ島やサンホセ島周辺です。
定番のロスイスロテスからさらに2時間ほどかかるため、デイトリップではほとんど行けません。ワイルドなラパスの海を実感できるラスアニマス、サンフランシスキートなどのポイントがあります。

1日に3~4ダイブ

クルーズ中では4日間で最大14ダイブを予定しています。移動中にイルカの群れが出たりすると、ゲストの合意の 上、ダイビングをやめてドルフィンスイムに切り替えるケースもあります。ダイビングスタイルとしては、デイトリップと同じく、ブリーフィング後に、ガイド と一緒にアンカリングで潜るスタイルです。

ダイブクルーズには次の3つのポイントがあります

1.クルーズの最大の見せ場/ラスアニマス

サンホセ島の東に位置し、ラパスからもっとも遠いダイビングポイントで、クルーズ2日目のメインです。沖に突きだした岩礁で大物を待っていると、ハンマー ヘッドの群れ、キハダマグロ、スマガツオ、ギンガメアジの大群などがウォッチできる可能性大。中層を泳ぐ変なクダゴンベもたびたび確認されているようです。

・水深:20~25mと深め
・流れ:時として早い
・見どころ:流れに乗って出る大物
・注意点:流れが速い場合には潜降は迅速に

2.停泊する島のポイント/サンフランシスキート

初日に停泊するサンフランシスコ島のポイント。アシカのコロニーがあり、水中で出くわすことがあります。周辺の砂地ではマクロウォッチングも。

・ボートでの時間:ダイビングクルーズエリア
・水深:5~25m
・流れ:なし
・見どころ:アシカ、砂地のマクロ系

3.ロスイルロテスのスケールを大きくしたポイント/ロ・ペラ

クルーズ初日の午後に潜ることが多いポイントです。巨大なゴロタ岩が砂地に点在しています。岩場ではアシカ、砂地ではマクロ系が見物です。水深15mほどの砂地にはジョーフィッシュもいます。

・水深:15~20mくらい
・流れ:なし
・見どころ:アシカとブルースポッテッドジョーフィッシュ

ラパスの生活

食事は地元の魚介を使った料理が中心
ボートには食事専任のスタッフが乗船しています。3食とも、作りたての暖かい食事を楽しむことができます。メニューは地元の魚介を使用したコース料理で、朝食やランチはビュッフェスタイルの欧米式。日本人の口にも合うように料理してくれます。

クルーズ中の生活
クルーズ中、タオルは1人1枚。アメニティは石鹸のみとなりますので、ご自身でご用意下さい。またミネラルウォー ターやコーヒー、紅茶などは、セルフサービスでご自由に召し上がれます。アルコールについては、クルーズに用意してありますので、ご安心下さい。もちろ ん、ダイビングの合間には、スナックなども用意されます。

チップの目安は一航海 $100~150
メキシコではチップの習慣があります。ダイビングクルーズの目安としては1クルーズU$100~150を下船時に日本人スタッフにお渡し下さい。
その後、クルーに分配される仕組みです。

PAGE TOP