RangiroaTahiti

ダイビングポイント

ティプタ・パス

言わずと知れたランギロアを代表する一番人気のポイント『ティプタ・パス』。タヒチの中でも一番大物が見られるエリア。魚群が常に多く、野生のハンドウイルカとダイビングで泳げる世界的にも珍しいポイントでもあり、他にもマンタ・バショウカジキなどの大物たちを見る事もでき、12~3月にはマダラトビエイの大群とグレートハンマーヘッドとの遭遇率がアップ!深場ではグレイリーフシャークが群れていたり、NO.1と言われる事も納得の海!

アクアリウム

「ティプタ・パス」からドリフトで流して行くと最後に現れるエリア!穏やかな白砂が続くポイントで水底には美しいサンゴがある。チョウチョウウオやハナダイ等色とりどりの魚たちがダイバーの目を楽しませてくれる。そして、タヒチ固有種のタヒチアンバタフライフィッシュなど色鮮やかな魚たちが見られフィッシュウォッチングが楽しむことができます。初心者からOKのスポットで、体験ダイビングにも使われる。

シャーク・グロット 

水深約40m程のところにあるグロット(穴)の中にダイバーが入り、グレーシャークが近くにやってくるの待ち観察ができる嬉しいポイント!もちろん深場の為に長居は注意が必要!

キャニオン

パス(水路)をドリフトしながら、途中でパスの真ん中にくぼみの様な場所がある。そのくぼみに入りながら、周辺を散策できるポイント!サメの繁殖期にあたる6月の多い時には100匹以上のサメがこの渓谷に集まるので圧巻!

アバトル・パス

ティプタ・パスと肩を並べて人気のポイント!大物が次々に現れる迫力満点のスポット。ギンガメアジやバラクーダが壁となり、渦を巻く!グレイリーフシャークや巨大なシルバーチップシャーク、そして野生のイルカやナポレオンフィッシュも登場するこのポイントも是非リクエストを!7~10月はマンタとの遭遇率もアップする!

PAGE TOP