KhaoLakThailand

ダイビングエリア

大物との遭遇、タイが誇る リチェリュー・ロック

ジンベエザメとの遭遇率の高さによって、一躍有名になったこのポイントは、大海原に聳え立つ巨大なピナクル(離れ根)ポイント。魚影の濃さはピカイチで、マクロから大物まで、ダイナミックなピナクルには見どころが盛り沢山。
中層にはギンガメアジ、 バラクーダ、クマザサハナムロがうずを巻き、その群れを割って、巨大なジンベエザメが登場します。根の周辺には、前が見えなくなるほどのキンセンフエダイ、スカシテンジクダイが群れを成します。マクロも面白く、 トマト・アネモネフィッシュや、フリソデエビ、ニシキフウライウオなども見られます。何度潜っても飽きることの無い、タイを代表する名物ポイントです。

世界に誇るマンタポイント コ・ボン

島の南西側の細長い根に沿って深度を落としていくと、周りの砂地にはアケボノハゼなどの人気のハゼが顔を出し、 固有種であるセバエ・アネモネフィッシュも見られます。
決して美しいとはいえないガレ場にも、レオパード・シャークやホワイト・チップなどのサメが渦を巻き、マッコスカーズ・フラッシャー・ラスがディスプレイをしていたりと、マクロ生物の宝庫でもあります。もちろん中層を見ることを忘れてはいけません。
マンタ遭遇 率が高いことで、世界的に有名なポイントです。しかも、アンダマン海のマンタは大きいと定評があり、目の前で5mのマンタが乱舞する光景は必見です

魚影はぶっちぎり! ボンスーン・レック

カオラックから一番近いポイントがここ。決して透明度が良いとはいえないポイントですが、その分栄養豊富な海域に沈んだ沈没船は巨大な漁礁となり、他に例を見ない魚影の濃さを作り出しています。
潜行して、まず、度肝を抜かれるのが、フエダイ、カマス、アジなどの群れ、群れっ、群れ~!!あまりの魚影の濃さに、すぐ近くのバディが見えなくなるくらい、とにかく魚が多い。 レオパードシャークは常駐。
また、マクロが面白く、界隈で一番ウミウシが多く見られるのもここ。ハゼ、ジョーフィッシュ、ニシキフウライウオ、タツノオトシゴ、キンチャクダイの幼魚から甲殻類まで、とにかく息をつく暇の無いほどのオンパレードです。日没前後のダイビングでは、捕食や産卵といった面白い生態が観察できます。

シミラン諸島

アンダマン海に浮かぶシミラン諸島は、国立公園に指定された、9つの美しい島々から成り立っています。No.1からNo.9の番号を持つ島の周辺は、絶好のスノーケリング&ダイビングのポイントが目白押しで、世界中のダイバーの憧れの海域となっています。
シミランの魅力は、 抜群の透明度の良さと珊瑚礁の美しさで、ホワイトサンドのビーチから一歩海に踏み込めば、真っ青 に透き通るブルーの海に色とりどりのコーラル、美しい色彩のサカナたちが舞い群れる、夢のように美しい景色が広がります。
ダイブサイトは、"イースト・オブ・エデン"、"ブレック・ファースト・ベンド"等に代表される、コーラルの美しい東側の癒し系の風景と、"エレファント・ヘッド・ロック"や"クリスマス・ポイント"に代表される、巨石が転がる西側のダイナミックな風景に分れ、それぞれに魅力満載の名ポイントが点在します。
日本人ダイバーにとっては珍しい、インド洋 やアンダマン海ならではの固有種も多く、初心者からベテランダイバーまで、誰もが楽しめる素晴らしい海です。

PAGE TOP