Tubbataha ReefPhilippines

点在するポイントをクルーズで網羅

ダイビングポイント

水路で隔てられたサウスリーフ、ノースリーフと呼ばれる2つの環礁の周りに、ポイントが点在。サンゴが茂るリーフと、ストンと落ちるドロップオフが基本で、ドロップオフの壁にはケーブやクレバスなど起伏が楽しめる。リーフの外側を流れに乗ってドリフトし、リーフの棚でエキジットするのがここのスタイル。

パラワン島のプエルトプリンセサから南下するのが一般的で、近い順にJessie Beazley、ノースアイランド、サウスアイランド。大まかな特長としてはノースアイランドはサメが多く、サウスアイランドはウミガメや沈船、マンタポイントがある。場所によってはブイが設置されているが、ポイント名や潜るエリアはボートによって異なる場合もある。

シャークエアポート

北リーフの東に突き出したリーフをコーナーに向かってドリフトダイビングのポイント。
コーナーは『ウォッシングマシン』と呼ばれるほど潮が流れる事がある。サンゴはもちろんの事、大きなイソバナなどのソフトコーラルも美しい。ブラックフィンバラクーダがドロップオフの沖合にいたり、コーナーではカスミアジやギンガメアジが群れる。 マンタもエントリーしてすぐいる事もあれば、コーナーを過ぎた反対側のドロップでみられる可能性もあり。

シーファンアレイ

北リーフのシャークエアポート近く。
浅いリーフはハードコーラルが密集している。斜めに落ちるドロップは透明度がよく、イソマグロやサメが泳ぐ姿がある。シャークエアポートから流れてきたギンガメアジの群れがリーフ上で渦を巻く姿も圧巻!!!

テラス

シーファンアレイより西側のポイント。
ドロップはソフトコーラルが見事に生息しオオテンハナゴイやアカネハナゴイが群れている。
外洋ではサメやサワラからマンタが見られることも。。。

マラヤンレック

北リーフの南西で大きなタグボートが座礁したところがポイントになっている。
チョウチョウコショウダイやイスズミなどの魚礁となりタマカイなど大型のハタが住処にしている。
ドロップにはギンガメアジの群れやロウニンアジ。更に運がいいとカンムリブダイ数百匹の群れに遭遇する事もある。

アモスロック・ウォールストリート

北リーフの南側。水深5mほどから落ち込むドロップオフでグレイリーフシャークやイソマグロなどが回遊する。
ハンマーヘッドやタイガーシャーク、ジンベイザメなどチャンスもある。

ブラックロック

南リーフの北東の突き出し。
シャークエアポート同様流れがあり、コーナーに面するので大物の期待大。
マンタも頻繁に見られる。バラクーダやカマスの群れ、ナポレオン、ロウニンアジやカスミアジ、ギンガメの群れなど見所も多い。潮のあたる張り出しではカスミチョウやムレハタタテダイが群れてフォトジェニックな光景が多々。ドロップに咲くウミウチワやツボカイメンも大型でたくさんのハナダイが群れている。 浅瀬はサンゴが群生し、テーブルサンゴも多い。コーナー付近では流れが複雑になる事もあり注意が必要。

コ・オク

南リーフの北西のポイント。
リーフにはギンガメアジ、外洋にバラクーダが現れる事もある。潮辺りのいいドロップにはイソマグロやサメなどが集まってくる。

デルサンレック

南リーフの南東。大きな貨物船が座礁したポイントでその下には張り出したドロップがコーナーになっている。潮があたるとギンガメアジを追いかけるイソマグロやサメなどがたむろしている。シルバーチップなど大型のサメも!!!

トリガーフィッシュシティ

サンゴ礁と砂地が広がるポイントで名前の由来通り、キヘリモンガラとゴマモンガラが大潮になるとすり鉢状の巣を作る。大潮の時にこの砂地は地雷原のごとく危険地帯となる。 デルサンレックから移動したバラクーダやギンガメアジの群れが見られる事もある。浅いリーフには大きなテーブルサンゴがあり、コショウダイが色を添えている。南に行けば行くほどサンゴの丘が広がり、カメがたくさんいる

スタッグホーンポイント

南リーフの南。
段々になったサンゴ礁からドロップが落ちる。南から西に抜けるコースではギンガメアジやロウニンアジや大きなカメがみられる。
北から南西のコーナーに向けて流すコースではバラクーダの群れも見れる可能性あり。
全体的に流れが速く、ダウンカレント、アップカレントに注意が必要。サンゴも十分美しい。

PAGE TOP