【タイ王国】タオ島&サムイ島

タオ島ビックブルーに日本人専用SHOPチャバがOPEN

2014年8月にオープンした日本人ゲストのためのクラブハウスであるビッグブルーチャバ

自然と調和するように設計されたその緑豊かな敷地内はダイビングのための施設はもとより、
アフターダイビングもゆっくりくつろいでいただけるスペースがいっぱいです。

ダイビング時はこちらに集合し、徒歩1分のサイリービーチから小型ボートに乗り込み、
沖合に停めてあるダイビングボートへ乗船します。

クラブハウスのロケーションはタオ島で一番賑わうサイリー地区にありながらとても静かな場所。
周辺の宿泊施設やレストランなど繁華街へ徒歩でアクセス可能で便利な立地です。

チャバのご紹介

ビックブルーの日本人ショップのチャバの内装を少し皆さまへご紹介いたします。

1991年にオープンしたビッグブルー タオ店は、シャム湾エリアのパイオニアとして常に業界をリードしてきました。
1997年にはタオ島で最初に日本人マーケットをスタートさせ、1999年に日本人専用ショップ、ビッグブルー Chabaをオープンさせました。
今までは欧米人との共同スペースでダイビングをご案内していましたが、
この度リニューアルオープンいたしました。

チャバとはタイ語でハイビスカス

この名前の由来はその昔、タオ島に"Chaba"という名前のビッグブルーの日本人用クラブハウスがありました。
それはそれは皆に愛される空間だったそうです。
そして庭にたくさんのハイビスカスが咲いていました。
そこからチャバという名前を付けたそうです。

月日が流れチャバの土地の契約が切れてしまい、その後はビーチ沿いのショップでビッグブルーの欧米人チームと一緒にオペレートしてきました。
これはこれなりでうまく共同で皆様にお楽しみいただけていたのですが、やはりビックブルー日本人ショップの原点のチャバを復活させたいと、ビックブルーの日本人ガイド陣が立ち上がり、この度リニューアルさせることが可能になりました。
ショップやボートの運営すべて日本人専用にし、より日本人ゲストのニーズに合わせた理想的な環境を皆さまにご提供できます。


Chabaの設計には、日本人オーナーのこだわりが沢山!!!

昔ながらの自然の残るタオ島らしさを大切に自然と調和したショップを作りたい!!!
とのことで、もともと生えている木は切らない!というポリシーでショップを設計!!!!

そのため建物は入り組んだ形になり、遊んでいる空間がたくさん。
そんな”遊び”心を大切にしたショップにしたいという願いがこもったつくりになっています。


中庭を中心に皆が向き合えるデザインになっています。
・BBQもできる中庭
・庭に面したBARカウンター
・庭を見下ろす2階の広いテラス
・ログ付けや画像処理ができる部屋
・大きなスクリーンでスライドショーができる場所

などなど、みんなで"遊べる"場所が其処彼処にちりばめられています。

是非皆様も遊びに行ってみてください。
遊びにきてよかったな~って皆様におもっていただけるよう
ビックブルースタッフが精一杯皆さまをおもてなしいたします。

サムイ島での過ごし方お勧め

タオ島へダイビングツアーへ参加をされた場合、
サムイよりフェリーでご案内となります。
そのため行きや帰りにサムイでの時間が半日から1日作れます。

そこでサムイでの過ごし方お勧めパート1

キャノピー

木々の間を一っ飛び!!!!
ターザンです。
※現在15ターザン可能です。
山の中でスリル満点な現代版ターザンが楽しめる大人向けのアドベンチャーです。
キャノピーを案内してくれるガイドもユーモア&サービス満点なタイ人が多く楽しめること間違いなし!!!

※ただしターザンの前に少々の山登り&階段登りがありますので少しばかりの体力は必要です。
爽快な遊びをしてみたい!!!
思いっきり叫んでストレスを発散させたい!!!!
そんな方にお勧めです

費用:2750バーツ
送迎・ランチ・英語ガイド付
サムイ泊又は19時以降のフライト利用の場合ご案内可能。

※スニーカーなどの靴、タオルをご用意下さい。
汗をかきます。

サムイでのお勧めレストラン

サムイで何を食べよう・・・・迷ってしまいますよね。
そこでお勧めのレストランを一つご紹介いたします。

マイフライドレストラン

地元のローカルなレストランでボープットビーチという場所にあります。
島の北部にありますので車でないと移動は厳しいですが、タイ料理が格安でしかも美味しくいただけます。


辛いのがだめな場合は、辛くしないでねとスタッフに伝えてくださいね。
言い忘れると結構な辛さで出てきます。
メニューも写真つきで出ているのでタイ語ができなくても、英語ができなくても指さし注文でOK。
沢山のメニューがあるので迷ってしまうぐらいです。

ビーチ沿いの外のテーブルをお勧めします。
海風が気持ちよく、時間帯によってはサンセットwithビーチが夕食を盛り上げてくれます。

是非お試しください!!!

ビックブルースタッフお勧め!!タオ島でのレストラン


トン タイフード (Tong Thai food)
 
メニューが豊富でリーズナブル。夜はお客様と二階の三角枕席でワイワイやることが多いです。
数あるメニューの中でも「ノーネーム」という料理は、数十年前にとある日本人バックパッカーがサムイ島(パンガン島だったかも?)の食堂でかき揚げを作ってもらったことが始まりらしいという、シャム湾エリア発祥の料理。
欧米人に料理の名前を聞かれて、思い出せなかった食堂のおばちゃんが「No Name!」と答えたらそれが料理名になったのだとか。。。 今ではタイカレーペーストやタイハーブが加えられて立派なタイ料理としてバックパッカーの多いエリアで定着。タオ島でも人気のメニューです。
 
ダック995 (Duck995)
 
チャバスタッフもヘビロテの、通称ダックヌードルと呼んでいるローストダックのお店です。
ローストダックのせごはんとヌードルがメインに炒め物もやっていますが、とにかくお勧めなのがヌードルスープ。 
塩ラーメンのような中華めんにジューシーなローストダックがタップリのっかってます。 
タイ人の友人も、「タイでもトップレベル!」と太鼓判の逸品です! 
早い安い美味い!
の三拍子そろっているので、サクッと食べて明日に備えて休みたいという時にもおすすめです。 
日本のラーメンに比べると小盛なので、しっかり食べたいときは、2玉入ったExtraと頼んでくださいね。
 
スーチリ (Su Chilli)
 
タイ東北地方の「イサーン料理」をメインに、外国人向けのマイルドな味付けで食べられると人気のお店。
 その他にも炒め物やカレー、スープ物など、とにかくメニューが豊富ですし、辛さやにおいの強いハーブを控えめにしてくれているのにその料理らしさを損なっていないところが人気の秘訣だと思います。
タイ料理ビギナーさんでも安心していろんな料理に挑戦できますよ!
 
オールシーズン (All Season)
 
スーチリとは対照的に、「辛くしないでね!」と言っても相当辛いことが多い本格イサーン料理のお店。
ソムタム(辛い青パパイヤサラダ)だけでもいろんな種類があります。 
激辛好きの方には超おすすめ、辛いのがダメな方は要注意ですが、全く辛くないメニューもたくさんあります。
店頭でフルーツを販売しているだけにフルーツシェークも美味しく、食後には毎回違うフルーツをサービスしてくれるのもうれしい。
 
ブルーウインド (Blue Wind)
 
チャバからダイビングに出かけるときにブルーウィンドリゾートの敷地内を通り抜けるのですが、そのリゾートに併設されたオンザビーチのレストラン。
周辺のレストランは夜はファイヤーショーをやったり大音量で音楽を流したりと、賑やかにするのが流行っていますが、ブルーウィンドには静かでゆったりした時間が流れています。 
ビールやラッシーを飲みながら夕焼けを堪能して、それからチャバでログ付けするのが定番コース。
もちろん食事も美味しく、チャバスタッフお気に入りのインド風カレーセットはリーズナブルでボリュームもたっぷり。


 
連日タイ料理はちょっと。。。
という方には、イタリアンを中心にヨーロピアンフードのレストランがたくさんありますし、本格インド料理屋さん、巻き寿司をメインにしたなんちゃって日本食屋さん、ケバブサンド屋台、バナナパンケーキ屋台、コンビニのセブンイレブンには日本米をつかった冷凍食品のお弁当やチルドの餃子などなど、タイ料理が苦手な方でも食べるものに困ることはありません! 

タオ島は、あなたの食べタイ潜りタイ!をかなえる夢の島ですよ~!

関連おすすめツアーはこちら

詳しいタオの情報はこちら

PAGE TOP