フィリピンの第一級ポイント「バリカサグ島」に一番近いリゾート!!

ボホール!!ノバビーチリゾート!!

ノバビーチリゾートはフィリピンの第一級ポイント「バリカサグ島」に一番近いリゾートで日本人ガイドが常駐し、日本語のみでもダイビング、宿泊、観光が出来ます!!受付やダイビングガイド、ログ付けまで、滞在中のお世話を日本人が行い言葉の問題が有りません!もちろん、スタッフが空港や港への送迎、島内観光をお世話します!!

ノバビーチリゾートは、ビーチダイビングが可能で、ユニークな竹のイカダによるハウスリーフイカダダイブを行っています。ハウスリーフは近年、近隣のボートダイブポイントとなりマクロダイビングの有名ポイントとなっています!!珍しい「ハゼ」などが普通にいたり、他のダイバーを意識せず自由に撮影できる!!カレントも弱く、のんびりダイビングが楽しめます!!

現地材料をたっぷり使った「バンブーハウス」は気軽に泊まれる雰囲気があり、アジアンテイストのゲストハウスは快適の一言!!寛ぐためのクラブハウスもあります!!リゾートは海を一望する立地にあり、ダイビング後はハンモッグに揺られてゆっくりするのもよし!!食事もすべて新鮮な食材を使い、近海で採れた魚介類や食材は好評!!お食事の後は星空を満喫できること間違いなし!!

 

ボホールの海はどんな海!?

ダイビング天国フィリピンの中でも人気のボホール!!魚影の濃さは抜群で満足すること間違いなし!!エントリーした途端にギンガメトルネードが現れたり、バラクーダの大群を見たりワイド好きなダイバーには
嬉しいエリア!!そんなボホールの海とは・・・・!

◆シーズナリティーは?
雨季と乾季の明確な区別はなく、年間通して平均水温が28℃~29℃と温暖で3ミリのウエットで十分楽しめるダイビング天国!!ベストシーズンは春先3月~6月頃とされているがボホールのあるビサヤ地区では台風の影響はほとんどないので、ダイビングができない事はほとんどなく1年を通して楽しめるポイントです!!

◆ダイビングスタイルは?
パングラオ島とバリカサグ周辺を主にダイビングを行います!フィリピン特有のパンガーボートで移動しパングラオ島周辺へは約20分前後でポイント迄到着!バリカサグへの遠征もボートで30~40分程で船に弱いダイバーでも問題ありません!!器材の移動やセッティング、エントリーやエキジットのお手伝いもスタッフがしてくれ、終わった後は器材まで洗ってくれるという嬉しいお殿様・お姫様ダイビング!!

 

注目のお魚天国、ボホール!!

◆バリカサグのNO.1人気ポイント『ブラックフォレスト』
魚影の濃さはNO.1と言われるバリカサグのポイント!黒色のナンヨウサンゴが多い為に『黒い森=ブラックフォレスト』と呼ばれ、ドロップオフ沿いに流すと海底から海面までギンガメアジが渦を巻く事や、バラクーダの大群に遭遇することも!

『ブラックフォレスト』と肩を並べる『カテドラル』
バリカサグの北側にありブラックフォレストと肩を並べる人気のワイドポイント!ドロップオフの壁がありギンガメアジの大群に遭遇できる可能性は高い!!カスミアジやツバメウオを見る事も出来る嬉しいポイント!

◆サンクチュアリ
通年かなりの確率でギンガメアジを見ることができる!!運がよければエントリーと共に囲まれるほど!浅瀬はキャベツサンゴや枝サンゴが群生しその周囲をパープルビューティーが泳ぎ、カラフルな雰囲気を味わう事ができる!

◆ノバハウスリーフ
ノバビーチリゾートの前のスポットでエントリーまでわずか5分!イカダダイビングが楽しめる!エダサンゴの群生が美しく、ハナビラクマノミやスパインチークアネモネフィッシュ等を見る事ができる面白いポイント!!
 

ボホール!アフターダイビング!!

◆チョコレートヒルズ
ボホール最大の見どころでもあるチョコレートヒルズ!!1268個もの小高い丘が連なっている!200段以上の階段を上ったところにある展望台から望むことができ、緑が枯れる4~6月の乾季は一面チョコレート色に見えるので面白い!!

◆ターシャ
ターシャは、大人でも体重が120gほどで、体長12-13cm、メスはこれよりもさらに小さい!手の平サイズで、きょとんとした大きな目がたまらなく愛らしい。夜行性の動物で、コウモリやコオロギが大好物です。動物に触れあうのも面白い!!

◆アロナビーチ
観光客のほとんどがドイツ、フランスなどのヨーロピアンで日本人はほとんどいないというエリア!!基本的なルールと最低限の注意を払っていれば安全なエリアなので安心です!!夕食$10くらいから食べる事ができ、物価も安い!おいしいレストランやBARもあるのでアルターダビングにぴったり!!
 

PAGE TOP