インドネシア・レンベ

レンベのマックダイブ


ポイントは、リゾートから少し北に向かったTK3。水深を少し下げながら行くと、ニシキフウライウオ、センネンダイ、ハゼの仲間、ウミウシカクレエビを乗せたニシキウミウシ、そしてヘアリーフロッグフィッシュ。レンベのアイドル種も続々と登場。少し生き物の数が減ったかな?と思っていたが、さすがのレンベ。マックダイブはやはり面白い!
ひとつ後悔したこと。紫色のきれいなイソギンチャクに住んでいたカクレクマノミの親子の母親がしきりに、私に向かって口を開けていた。不思議な子だな?と思っていたら、ボートに上がってきたハニーが「あのクマノミの口の中の寄生虫を見た?」と・・・。しっかりブリーフィングを聞いておくべきだった・・・(残念)。

たくさんのマクロ!

ヌーディーリトリートⅠへ。ここは以前からよく潜っていたポイント。壁沿いに降りて行くと水深10mくらいからウォールになっていて、そこに様々な生き物を見つけることができる。今回は、ガイドのルーシーがたくさんウミウシを見つけてくれた。可愛くてデザインの賑やかなウミウシに張り付いて撮影、撮影。レンベのガイドさんは水中撮影のことをよく理解していて、撮影が納得行くまで放置してくれる。そして、顔を上げてガイドさんを探すと次の被写体を用意して待っていてくれる。ありがたい。
 
BIANCO POINT。昔から有名なポリスピアというポイントの並びにあり、まだ新しいポイントでマップにも名前が記載されていなかった。海中の様子は、「これぞレンベ!」という感じ。エントリーしてすぐに、カエルアンコウ、大きいニシキテグリとご対面。砂地とがれ場を眺めると所々にオレンジ色のカイメンがあり、カエルアンコウが擬態している。以前よく通った頃のポイントが残っていた。嬉しさを噛み締め、最終ダイブを終えた。

リゾート前の極上ポイント


カサワリリゾートの目の前のポイント。所謂、ハウスリーフ的なところ。ボートで少し沖に約1分。ここもマックダイブで、黒っぽい砂地が広がっている。ハリセンボンがお休みしているので眺めていると、何やら顔のあたりで動くものが。「ウミウシだ!」と撮影、撮影。面白いコンビネーション。背びれの長いハオコゼや絶対に私は見つかっていないと微動だにしないカエルアンコウを撮影。そして、次に出会ったのが、おかしな針を立たせたハリセンボン。見方によってはトナカイのようで、かなり可愛い・・・。一所懸命に正面顔を撮影。

PAGE TOP