メキシコ・ラパス

新劇のモブラトルネード

ラパスクルーズの中盤、無人島の穏やかな入江には夜な夜な無数のモブラが集まり渦を巻く。
その数100~200匹。撮影しているボクラのことなどおかまいなしに、竜巻を起こすかのような猛スピードで旋回する。ものすごい迫力だ。

ジンベエが目の前に


モルディブやタイやフィリピンなど、今やジンベエに会うこと自体はさほど難しいものではない。
しかし、このラパスのクルーズは本当にすごいなぁと感心したのは、ラパスの街並みが目前に見えるような、しかも水深3mほどの浅瀬に、どデカいジンベエがスイスイ~っと何気なく泳いでしまっていること。

アシカたちが待っています


ラパスの一大ダイビングポイント「ロス・イスロテス」はアシカたちの島だ。この島の周辺はアシカのコロニーになっていて、大小様々なアシカたちが数多く集まる。
クルーズのシーズンになると、小さな子供アシカたちの数が多く、潜る僕らを歓迎してくれる。

PAGE TOP