プーケット・カオラック タイ

プーケット・カオラック KhaoLak

カオラック流 極上リゾート&デイトリップ

カオラックのリゾートホテルに滞在しシミラン諸島へ日帰りダイビング。
ダイビングサファリでしかアクセスすることができなかったシミラン諸島、リチェリューロックへ、快適ボートを利用し、日帰りで楽しめてしまうとてもお手軽なコース。
シミラン諸島といえば、バラエティにとんだそれぞれの島をもぐり、更にその北のコボン、コタチャイ、スリン、リチェリューと世界屈指のダイブポイントが目白押し。
また、運がよければジンベエまで出てしまうという美味しいダイブサイト。
それぞれのポイントの距離があるため、ダイブサファリで潜るのが主流ですが、どうしても、ボートは、、というダイバーにはカオラックステイが絶対おすすめ!!
シングルダイバーも安心して参加できる。

鍵井靖章のシミラン&カオラックはこちらから ≫
古見きゅうのシミラン&カオラックはこちらから ≫


シミラン諸島・スリン諸島海洋国立公園入園規定が改定になりました。
詳しくはこちらをご確認下さい

水中カメラマン古見きゅうのおすすめポイント

どんなところ?
賑やかながら落ち着きのあるリゾート地。隠れ家的というか、大人のリゾートといった雰囲気が漂う街。
ココに注目
美しい海中景観、面白い固有種などポテンシャルの高いシミラン諸島。タイでも屈指の人気を誇るリチェリューロックへのアクセスも楽チン!
こう遊べ
じっくりロングダイブを楽しんで、アフターダイブは街を楽しむ。典型的なリゾートスタイルを満喫!トコトン潜りたいダイバーはダイブクルーズという選択肢もある。
ポイント
イーストオブエデンの鮮やかなソフトコーラルを絡めた絵作りを楽しみたい。アンダマン固有種の魚達も非常に面白い!

プーケット・カオラック ツアー情報

ダイビング情報

アンダマン海 ダイブサイトの紹介
インド洋の東に位置するアンダマン海は、抜群の透明度と珊瑚礁の美しさを誇る、世界中のダイバーの憧れの海域!
外洋に面したスケールの大きな海域で、ジンベエザメやマンタをはじめとする大物との遭遇率も高く、いつも大きな出会いと感動を与えてくれる。
カオラックの登場で、日本人ダイバーにとってぐんと身近になった、魅力的な海を紹介。

アンダマン海に浮かぶ宝石シミラン諸島 世界中のダイバーの憧れ・・・
アンダマン海に浮かぶシミラン諸島は、国立公園に指定された、9つの美しい島々から成り立つ。
No.1からNo.9の番号を持つ島の周辺は、絶好のスノーケリング&ダイビングのポイントが目白押しで、世界中のダイバーの憧れの海域
シミランの魅力は、 抜群の透明度の良さと珊瑚礁の美しさで、ホワイトサンドのビーチから一歩海に踏み込めば、真っ青 に透き通るブルーの海に色とりどりのコーラル、美しい色彩のサカナたちが舞い群れる、夢のように美しい景色が広がる。
ダイブサイトは、"イースト・オブ・エデン"、"ブレック・ファースト・ベンド"等に代表される、コーラルの美しい東側の癒し系の風景と、"エレファント・ヘッド・ロック"や"クリスマス・ポイント"に代表される、巨石が転がる西側のダイナミックな風景に分れ、それぞれに魅力満載の名ポイントが点在している。
日本人ダイバーにとっては珍しい、インド洋 やアンダマン海ならではの固有種も多く、初心者からベテランダイバーまで、誰もが楽しめる素晴らしい海。


ダイビングサービス
ビックブルー
ビッグブルー カオラック店は、アンダマン海・シミラン諸島のシーズンにあわせ、 毎年11月頃~4月中旬頃までオープンする期間限定の日本人経営ショップ
タイのアンダマン海を世界中のダイバーにご紹介するべく2003年にオープン。
春~夏はビッグブルー タオ島店、秋~春はビッグブルー カオラック店で活躍する、 タイの海をこよなく愛すガイド陣が心をこめてアンダマン海を案内。
ビッグブルー カオラック店では、人気のダイブサイトに一番近い「カオラック」という地の利を活かし、日帰りで気軽にアンダマン海の魅力を堪能することができる。
快適なリゾートライフと最高のダイビングを両立できる、カオラックならではのファンダイビングを!

ダイビングリゾート
リゾート情報
カオラックはタイの中でも特に注目を集めている新しいリゾート地。
プーケット空港から車で1時間、美しい自然に囲まれた、大人の隠れ家的リゾート。
クオリティの高いリゾートが揃うカオラックで、WEのツアーで使用するリゾートを紹介。


 

基本情報

トラベルメモ
国名 タイ王国
首都 バンコク
最寄の空港 プーケット国際空港
ビザ 30日以内の観光はビザ不要。ただし、入国時に帰りの航空券とパスポートの残有効期間「6ヶ月+滞在日数」が必要。
時差 日本-2時間
気候 11月~5月が乾季になり、海況も安定している。
平均気温 28~29℃
平均水温 28~30℃
適正スーツ 3~5㎜ウェットスーツ
透明度 ☆☆☆
言語 タイ語、リゾート、レストランでは英語も。ダイビングサービスは日系なので日本語でOK。
電圧 220ボルト、50ヘルツ。プラグはA、BF、Cタイプ。
通貨 1バーツ=約3.35円(2021年12月現在)
両替 ドルや円を使えるホテルなどを除いてはバーツ以外使えないので両替が必要。
チップ 基本的には必要ないが、一流ホテルやレストランでは払うのが一般的。料金の10%程度。
その他 タイ屈指のスポットが集まるダイブエリア。バラクーダやギンガメアジの群れ、インド洋の固有種、お花畑のようなソフトコーラルの群生、そして時にマンタやジンベエザメも姿を現し、エキサイティングなシーンを満喫できる。

行き方
行き
日本 タイ国際航空もしくはシンガポール航空にて出発
どちらも約7時間のフライト
経由 プーケットへ
タイ国際航空利用の場合は約1時間から1時間半
シンガポール航空の場合は約2時間のフライト
プーケット 送迎車にてカオラックへ
約1時間から1時間半
ホテル 送迎車にてホテルへ
帰り
ホテル 送迎車にて空港へ
約1時間から1時間半
プーケット タイ国際航空又はシンガポール航空にて出発
タイ国際航空利用の場合は約1時間から1時間半
シンガポール航空の場合は約2時間のフライト
経由 日本へ
どちらも約7時間のフライト
日本 各空港到着

補足
MAP

お客様の声

rate10 rate10 rate10 rate10 rate05
お客様 – 2020.2.7

予約から帰国まで特に問題もなく良いツアーでした。乗り継ぎの方法等もしっかり図で案内があったので安心でした。現地でもe-diveの方が何から何まで気を配って下さりとても楽しく過ごせました。

rate10 rate10 rate10 rate10 rate10
S.H様 – 2020.2.12

今回も良いダイビング旅行でした。ありがとうございました‼️

rate10 rate10 rate10 rate10 rate10
W.S様 – 2019.3.25

カオラックとても良かったです。

rate10 rate10 rate10 rate10 rate10
ダイビングショップ様 – 2019.3.22

色々なご提案、また度重なる対応ありがとうございました。ツアーも無事催行でき、感謝しております。

rate10 rate10 rate10 rate10 rate00
M.N様 – 2019.2.5

新型肺炎の影響もなくスムーズに旅行することできました。ありがとうございました。また次回もよろしくお願いします。

2022年8月 人気エリア ランキング

We スタッフ一押し!エリア

バンダシー
バンダシー
サムイ・タオ島
サムイ・タオ島
リロアン
リロアン
南アフリカ
南アフリカ
ロスカボス
ロスカボス
ラヨーン
ラヨーン