ラパス

ロスイスロテス


まず潜り込んだのは、南側のポイント。ここにはアシカに出会えるミーティングポイントのような場所がいくつかあって、東側の洞窟では、中で待ち受けているアシカの子供たちと遊ぶことができる。空間的には暗がりになるので、少し宇宙のような場所で、泳ぎの上手な未知の生き物と遊んでいる感じ。そしてお隣は、水面下に大きく平らで、少し傾斜してる岩があって、その岩の裏側がアシカたちの溜まり場になっているので、その岩の前にいると次々とアシカが現れてくれる。

スワニーリーフ&ジンベエザメ

取材の時、少し残念だなと思うことがあった。それは、スワニーリーフの魚影がとても減少していたことだった。水深12mほどの砂地の海底に細長い根があり、そこの周囲を魚群が包む。今回、会えて嬉しかったのは、まず、アジの群れ。今年は海中で渦を巻いては、行ったり来たり忙しそうに泳いでいた。そして、砂地にはグラントの群れ。水深も浅く、初級者から楽しめる好ポイントで是非、みんなに潜って欲しい。
 

2ダイブを終えて、ラパスの湾内に向かった。意外にあっさりとボートキャプテンが水面下に映る黒い影を見つけた。水中撮影を試みたかったが、すぐに姿を消した。ゆっくりボートを走らせていくと、またすぐに黒い影が見つかった。少しだけ撮影してさよなら。ボートに戻って、別の個体を探す。またすぐに見つかって、今度は正面から撮影することができた。この海域に一体何匹いるのだろう・・・・・・。

コルテスクラブ


ラパスでも老舗のダイビングセンターであるコルテスクラブ。大小様々なダイビングスピードボートを14隻ほど所有し、世界中からエキサイティングなダイビングを望むゲストの希望やリクエストを叶えていく。ラコンチャホテルに併設され、ダイビング専用のプライベートの桟橋を所有するので、ボートへのアクセスも容易。アフターダイブは、ダイビングセンター内のサンセットバーで、セルベッサやマルガリータを飲むのも最高に美味しい。

PAGE TOP