マラトゥア

ダイビング開始!


初日の1本目は、リゾートからボートで10分ほどのポイント、スモールフィッシュカントリーへ。5mのサンゴのリーフからドロップオフに落ち込むポイント。ドロップオフ沿いには、いくつかのくぼみなどがあり、そこでハゼなどを見つけることができる。水深20mにスミレナガハナダイのオスとメスがいて、メスは40匹以上の群れでいた。せっかく遠くに来たのだから、バラクーダの群れ!と焦る気持ちを抑えつつ、マクロの生き物を楽しんでいく。

ビッグフィッシュカントリー

3日目の3本目は、お決まりのビッグフィッシュカントリーへ。潮の流れも変わらず調子よく、ビュンビュンと流れている。エントリーしてすぐにリーフにフックを掛ける。ダイバーの数も多い。サメが目の前を通るが早めにチャネルを渡る。渡った先の向かいのコーナーに大きな影。なんと念願のバラクーダの群れだった。
 


しかし、なかなかリーフに接近して来ない。他のダイバーもいるので、ブルーウォーターに突っ込んでいくこともできず。待つ、待つ、そして他のダイバーもいなくなったタイミングで、少し沖合に出て撮影!!!すごい群れ!感動!!と思いながら撮影してリーフを見ると、他のグループのダイバーの泡が……本当はもっと絡みたかったけど、行儀よく撮影を終えた…(笑)

サンガラキ&カカバン


ナブコアイランドリゾートから1デイトリップで行けるのが、サンガラキ&カカバンの遠征ダイブ。潮の干満によってルートが変更となり、まずはカカバンまで。満潮時は50分、干潮時は1時間10分。サンガラキまでは、カカバンから30分ほどかかる(干満関係なし)。そして、カカバンでの1ダイブ。カカバン島周辺のポイントは、カラフルなスポンジや、イソバナ、ソフトコーラルが豊かでとても賑やか。ピグミーシーホースなどのマクロの生き物も豊富で、見所は満載。

PAGE TOP