DIVING

コースコード

[SQUNSDS6KIX]

関西発 シンガポール航空 タオ 最大6ダイブ付 6日間

リゾート気分も味わおう♪リゾート併設ダイビングショップ 最終日はサムイでゆっくり♪

  • 大物狙いスポットあり
  • リゾート気分を味わえる
  • 宿とダイブショップが一体型
  • 珍種、名物、レアものがいる

WTPスタッフのおすすめポイント

ここがオススメ
たおみせは2005年1月にサムイダイビングサービスの支店としてオープンしたショップです。 タオ島でも比較的静かな南のチャロックバンカオにショップがあります。 海でも陸でものんびりと過ごしたい方におすすめ。
ご予約の際はダイビング6本以上付でのお申込みとなっております。(1日2ダイブ)1日最大4ダイブ事前申し込み可能です。
追加ダイビングご希望の場合はご予約時にお申し出下さい。

ビーチゾーンはダイビングショップへは徒歩0分、 ボートの出発の港も徒歩0分 、チャロックの繁華街まで徒歩5分です。
ダイビングにご参加されるお客様には好立地のホテルです。

検討リストに追加

  • 関西発 シンガポール航空 タオ  最大6ダイブ付 6日間1
  • 関西発 シンガポール航空 タオ  最大6ダイブ付 6日間2
  • 関西発 シンガポール航空 タオ  最大6ダイブ付 6日間3

エリア情報

楽しみ方イロイロ!究極のタオ島ダイビング!

ここ数年、リゾーターの間でプーケットと並んで人気なのがタイ湾に浮かぶサムイ島です(コ=Kohはタイ語で島を表し、コ・サムイとも呼ばれています)。周囲には小さな島が点在し、美しい海と純白のビーチは、タイでもっとも美しいとさえいわれています。若者たちの夢の島を描いたベストセラー小説”ザ・ビーチ“で舞台になったのも、そんな島の1つでした。
タオ島はサムイの北約60kmに位置する小さな島。サムイの離島的な存在で、まばゆいばかりの自然とビーチカルチャーがほどよく混ざり、独特の雰囲気を漂わせています。
肝心な海の中の方はというと、陸同様に侮れません。サムイのダイビング=タオ周辺、というのが定番となっていて、ジンベエザメからマクロ系まで楽しめる魅力的なポイントがダイバーを待ち受けているのです。
Weでは、タオを満喫するために2パターンのダイビングツアーをご用意しました。

鍵井靖章のタオ島 はこちらから ≫

古見きゅうのタオ島 はこちらから ≫

スケジュール

スケジュール

旅程内容 宿泊地 食事
1日目 関西空港へ各自集合
23:30 SQ623にてシンガポール空港へ
機内泊
2日目 05:40 到着後、お客様ご自身にて乗り継ぎ
国際線にてサムイ空港へ
サムイ空港到着後、送迎車にてフェリー乗り場へ
13:00 フェリーにてタオ島へ移動
15:00 タオ島到着後、送迎車にてホテルへ
タオ島 朝:機内
昼:-
夕:-
3日目

4日目
午前2ダイブ又は午後2ダイブをお楽しみください。
※ご予約時に午前・午後のご希望をお知らせください。
※終日ダイビング(2本追加)をご希望の場合は別途追加代金7,000円/1日あたりとなります。(ご希望の場合はご予約時にお申し出ください。)
※4/29~5/7・8/11~8/20・9/16~9/24は8,000円/2本となります。
タオ島 朝:〇
昼:-
夕:-
5日目 午前2ダイブをお楽しみください
送迎車にて港へ、フェリーにてサムイ島へ移動
(15:00タオ⇒17:00サムイ)
送迎車にてホテルへ
サムイ島 朝:〇
昼:-
夕:-
6日目 送迎車にて空港へ
午前:サムイにて出国手続き後、国際線にてシンガポールへ
シンガポールにてご自身にて乗り継ぎ
14:05 SQ622にて関西空港へ
21:20 着後、解散
お疲れ様でした
朝:-
昼:-
夕:機内
  • 関西発 シンガポール航空 タオ  最大6ダイブ付 6日間1
  • 関西発 シンガポール航空 タオ  最大6ダイブ付 6日間2
  • 関西発 シンガポール航空 タオ  最大6ダイブ付 6日間3

利用条件

発着地 関西
旅行期間 6日間
利用ホテル
利用航空会社
シンガポール航空
食事 朝3回 昼0回 夕0回 (機内食除く)
添乗員 無し(現地係員がお世話いたします)
最小催行人員 1名様
子供割引 料金有り(お問い合わせください)
出入国諸税
関西:3,040円
サムイ:2,500円
シンガポール空港税:3,000円
備考1 国際観光旅客税 
大人:1,000円 子供:1,000円 
※2歳未満の方は無料 
平成31年1月7日以後に出国する旅行者から国際観光旅客税(1000円)が導入されます。当社のツアーでは1月20日以降にご出発されるお客様より徴収させて頂きます。

 【事前座席指定】
ご予約時に事前座席指定(通路側・窓側)をリクエスト可能です。
ご希望の場合はお知らせください。

【受託預け荷物・機内持ち込み荷物】
受託預け荷物はは30キロまで無料、機内持ち込み荷物は1個7キロ 3辺の和が115CMとなります。
詳しくはこちらをご確認下さい 

【オンラインチェックイン】
出発の48時間前より可能となります。
詳しくはこちらをご確認下さい

【東京空港発着の場合】
復路シンガポール発が5/3-5/6の場合は4/28発の料金、8/14-8/18の場合は8/11発のご旅行代金となります。

【関西空港発着の場合】
お一人様にてご参加の場合、航空券追加代金が5,000円別途必要となります。
備考2
◇◆◇サムイ宿泊変更お勧めプラン◆◇◆
タオではダイビングをメインに、最終日のホテルは少し豪華にしたいな・・・という方にお勧め♪
賑やかなチャウエンビーチからは車で20分程度と少し離れプライバシーを保ち、 喧騒から離れ、ゆったりとしたリゾートライフをお楽しみ頂けます。
三方を海に囲まれているため、息を呑むようなパノラマビューを満喫いただけます。
シックスセンシズサムイ宿泊変更詳細はこちら


※お一人様参加の場合は航空券お一人様追加代金がかかります。
詳しくはお問い合わせください

*料金に含まれるサービス :スケジュールに記載の内容

*料金に含まれないサービス:スケジュールに記載していないサービス、空港税、現地税。その他個人的な諸費用

燃油サーチャージ

<燃油サーチャージの別途支払いは不要です>

※ご予約後に利用航空会社より燃油サーチャージが増額された場合には、不足分を追加徴収させて頂きます。また、減額された場合には速やかに減額分をお客様へ払い戻し致します

注意事項

*お申込みの際は必ずこちらをご覧ください。 《募集型企画旅行》

*パスポートの残存有効期限の不足及び査証の不備等は当社としては責任を負いかねますのでご了承ください。
パスポートの残存期間はこちらでご確認ください。
査証(VISA)に関しましてはお客様でご確認いただくかお問合せください。

*訪問先の安全情報に関してはこちら、衛生情報に関してはこちらでご確認ください。

*個人情報の取扱いについてはこちらをご覧ください。

サムイ・タオ島 ダイビング情報

  • タオ島の海の特徴16-1

タオ島の海の特徴

タオ島は、マレー半島とインドシナ半島に囲まれた「シャム湾」と呼ばれる閉鎖的な海域にあり、湾内の水深は平均45m、最大でも80mと非常に浅い海です。日周潮汐という潮の干満が1日に1回しかないという珍しい特徴を持ち、水流はとても穏やかです。この海を南国の強い太陽の日差しが暖めるため、水温は平均29℃の暖かさであり、風のない日はまるで湖かと思うくらい水面が鏡のようになることもあります。
 
さらに、チャオプラヤー河・メコン河等の大河からの淡水の流入や、南シナ海から流れてくる塩水により、場所や季節、水深による塩分濃度の違いを生じさせ、他の海とは一風変わった特殊な生態系を育んでいます。
 
この影響で環境にマッチした生物が極端に増える傾向があり、例えばセンジュイソギンチャクに夥しい数のハナビラクマノミが共生していたり、砂地で見られる人気の共生ハゼ類も非常に数が多いです。このハゼたちはサイズが大きく、ダイバーが寄ってもあまり逃げないのも特徴。
 
フィッシュウォッチングをゆっくり楽しむことができるとともに、カメラ派ダイバーにとっても撮影がしやすい海と言えます。

  • タオ島のシーズン16-2

タオ島のシーズン

タオ島はタイの東側にあるため、シーズナリティは西側にあるプーケットとは異なります。天候が安定し、ダイビングに適しているベストシーズンは2~10月と長く、この時期の海は透明度・水温ともに高く、海も穏やかな日が続きます。
 
水温は常に28~30℃前後なので、3~5mmのウェットスーツで問題なく潜れます。
 
ギンガメアジやバラクーダの群れなどはベストシーズンの間はかなりの確立で見ることができますが、ジンベエザメが見られる時期は特には決まっておらず、過去の実績では通年どの時期にも出没していて運次第と言えます。
 
逆に避けた方が無難なシーズンは11~12月。この時期はちょうど雨期にあたるため、気温・水温とも低くなり、波も高く、天候が崩れる日が多いのです。この時期にタイでのダイビングをお考えの方は、プーケットのあるタイ西側の海アンダマン海のカオラック店をオススメします!

  • タオ島のダイビングスタイル16-3

タオ島のダイビングスタイル

この水域を熟知しこよなく愛しているガイド陣がタオ島の海を最大の演出でお見せします。ビッグブルーでのファンダイビングは完全少人数制となっており、カメラ派ダイバーやブランクダイバー等、お客様のニーズに合わせたチーム編成を行ないます。
 
ボートダイビングが基本となり、ショップのあるサイリービーチから出港するため港まで移動する必要がなく、ポイントまでの所要時間が10~40分と近いので気軽にファンダイビングに出掛け、潜り終わるとすぐに島に戻れるのもメリットです。
 
ダイビングの本数は日中に3~4本、またトウアカクマノミのハッチアウト等ナイトダイビングの開催がある場合には1日最大5本のダイビングをすることもできます。もちろんスケジュールにあわせて午前のみ・午後のみといったダイビングも可能です。また、ほとんどのポイントにブイが設置してあり、潜降はブイに沿って潜ることができるので初心者でも安心です。

  • バンザイ号16-4

バンザイ号

ビッグブルーではエリアで最大級のダイビングボートMV / BANZAIを利用しています。全長25m、3階建ての巨大な船体にはダイビングの為の設備が満載されています。
 
1Fは広々としたダイビングスペースで、水面とほぼ同じ高さのプラットフォームからエントリー・エキジットでき、トイレ2室、真水シャワー、真水カメラ水槽などの設備があります。飲料水、コーヒー、紅茶、スナック、フルーツなどをご用意しています。
 
2Fは日陰になっている快適なくつろぎスペースがあり、ドライエリアには荷物置き場や作業台があります。
 
3Fは広々としたサンデッキで南の島の陽射しを浴びて気持ちよくお昼寝を。

  • ダイビングの出発/帰港時間16-5

ダイビングの出発/帰港時間

午前のダイビング
出発 6:20~6:30 – 帰港 11:30
 
チュンポンピナクルやサウスウェストピナクルなどスケールの大きな深場のポイントを絡めた2ダイブで群れや大物を狙います。
 
午後のダイビング
出発 12:40~50 – 帰港 17:00
 
島の近くの浅場のポイントで2ダイブします。体験ダイブや講習はもちろん、本格的なマクロ撮影や生態観察もじっくり楽しめます。
 
ナイトダイビング
出発 18:00 – 帰港 20:00
 
島の近くの浅場のポイントで1ダイブします。トウアカクマノミのハッチアウト(孵化)など生態観察のプログラムもあります。
 
フルデイトリップ
出発 06:50 – 帰港 16:30
 
魚影の濃さNo1のセイルロックへ朝食と昼食を船上で取りながらゆっくり1日かけて3ダイブ、タオ島の海を潜り尽くす企画です。

検討リストに追加

関連コンテンツ

定期配信のおすすめ情報を受け取る

ツアーお問い合わせ

リゾート気分も味わおう♪リゾート併設ダイビングショップ 最終日はサムイでゆっくり♪0

リゾート気分も味わおう♪リゾート併設ダイビングショップ 最終日はサムイでゆっくり♪

検討リストに追加

  • Twitter
  • facebook

PAGE TOP