パラオスポートレポート

2013年4月30日(火)

■4/22(MON)
日本人8名、アメリカ人10名の総勢18名で北環礁へGO!
シャークエアポートではバラクーダの群れに遭遇。
さらに安全停止前にはカスミアジとギンガメアジの群れがドーンと一緒に登場!
大物づくしで大満足のダイビング。

■4/23(TUE)
アモスロックではロウニンアジ、グレーリーフシャークが捕食シーンを繰り広げ迫力満点。
逃げ回るクマザサハナムロとウメイロモドキの群れがキラキラとキレイ。
沖の方では大きな個体のキング.オブ.ザ.『 ブラックフィンバラクーダ』の雄姿。

■4/24(WED)
トリガーフィッシュシティはモンガラの繁殖時期! 
攻撃的なゴマモンガラやキヘリモンガラにドキドキしながらエントリー。
幸いモンガラたちはそれほど多くなく、白い砂地ときれいなサンゴを満喫。
パラオで200mの深場に生息する、レアな『イレズミフエダイ』がトゥバタハでは
砂地に4~5匹も!見とれてしまう程、きれいな個体!

■4/25(THU)
Tレックではオーバーハングの岩陰に大きなナースシャークがひっそりとかくれんぼ。

しかもその近くにさらにもう一匹隠れていてビックリ。
希少価値に興奮するゲスト達は写真撮りまくり。

■4/26(FRI)
最終日はレンジャーステーション周辺でダイビング!
白い砂地とサンゴのコントラストがキレイな癒しポイント。
ビュンビュン泳ぐマダラトビエイを追いかけていると、外洋にはバラクーダの群れ!

第二クルーズの全ダイブをバッチリ楽しんだゲストでした。

文句なしのトゥバタハクルーズですが、長期休暇が無理な方には『セブクルーズ』がお勧め!

★6月ツアー情報はコチラをクリック★

★セブクルーズはコチラをクリック★






CATEGORY

MONTHLY ARCHIVE

ページ先頭へ