♫この生物を見たいならココ♫ マンタ編

2018年4月19日(木)

皆様、こんばんは😀😀😀

『この生物を見たいならココ』に焦点をあてご案内です😎😎

そして、今回は『マンタ』です!!

マンタはダイバーにとって憧れの存在で

何本潜っても見れないこともあれば

10本ほどの経験本数で見られることもww

そんなマンタが見られるお勧めエリアをご案内させて頂きます!!

①ミクロネシア・ポナペ

動植物の宝庫「太平洋の花園」ポナペ!ポナペはミクロネシア連邦の中でも標高が高く、

年間の降雨量も多いため40以上の川が流れており、熱帯雨林のジャングルに覆われている

ので動植物の宝庫となっていて「太平洋の花園」と呼ばれています!!

そして、なんと行ってもブラックマンタ!!

全身が黒く、サイズも大きく!!マンタの中でも注目の個体!!

ポナペの詳細はこちらをクリック

 

②ミクロネシア・ヤップ

マンタが舞う海。隠れ家的ダイビングエリア!ミクロネシア連邦・ヤップ州。

グアムの南西約800kmに位置し、ヤップ本島と呼ばれる4つの島を中心に構成されている!

ミクロネシアの中でも古来からの伝統を守っており、石貨やカースト制度など独自の文化が現在でも残っています。

ヤップの詳細はこちらをクリック

 

ちなみに・・・・

マンタとエイの違いを簡単に紹介します😄😄

主にマンタと呼ばれているのはオニイトマキエイというエイの仲間ですね😉😉

これはダイバーならみなさんご存知!!

なのでマンタはエイの仲間に分類されます。

マンタとエイとの大きな違いは回遊性か底生性であるかなんです🤔🤔

マンタは主に2種類⚠⚠

『オニイトマキエイ』⚠『ナンヨウマンタ』⚠

です。

マンタは回遊性で主にオキアミや小魚を吸い込んで餌を食べます。

また、泳ぐことでエラに海水を通しているので泳ぎ続けなければなりません。

マンタの生態はまだわかっていないことが多く、海面からジャンプする行動も何のために

行っているのか解明されていません

こんなマンタの豆知識を持ってマンタに会いに行ったら又

面白いですね!!

いざ、マンタを見にミクロネシアへ!!

お問い合わせはこちら!!


CATEGORY

MONTHLY ARCHIVE

ページ先頭へ