頑張ろう!!海外ダイビングショップ 【マダン】

2020年12月24日(木)

皆様、メリークリスマスイブ😇🎄!!!

 

早く元の生活に戻ってほしいですが、海外に行ける日はまだまだ遠いですね。

今回は、パプアニューギニア・マダンのこの方にインタビュー🎤

海外旅行が復活した際には、是非足を運んでくださいね(^^)/

 

🌟ニューギニダイブアドベンチャーズ 中村さん🌟

 

 

 

①お気に入りの写真をおしえてください!!

 

 

②この写真はどこのポイントですか?詳細を教えてください!!

 

昨年11月にナイトダイビングのポイントとして開拓した”THE HOOD”はマダンリゾートから10分!
レパアイランドの南西に位置しており、マダンでしか見ることのできない希少種、

🦈 通称:歩くサメ ”フーデッドカーペットシャーク” 🚶を見ることができます。

彼らは夜行性で、胸びれと腹びれを使いサンゴの上をくねくね歩き回り、甲殻類や小魚を捕食します。
日中はサンゴの下に潜り込み隠れていますが、尻尾だけはみ出ていることもしばしば😳
その光景はまさに「頭隠して尻隠さず」ですね。
フーデッドカーペットシャークは水深3~10mと比較的浅場で見られます。体長は80cm程度と可愛らしい!

 

③一番好きなダイビングポイントはどこですか?
なぜ、そのポイントが好きか教えてください!!

 

マダンリゾートから南に約20分、外洋に突然大きな岩のようなリーフが姿を現します。
ビスマルク海からの栄養豊富な潮の流れがリーフにぶつかり、プランクトンがリーフ付近に舞い上がり、

それを求め小魚が集まり、またその小魚を求めバラクーダやギンガメアジ、ヨコシマサワラなどの大型の回遊魚が集まります。

満月の前後には重量感溢れるタマカイや水温が下がる7~9月にはハンマーヘッドシャークが見られることもあり、
何が起こってもおかしくない✨✨✨スーパーポイント✨✨✨

また、リーフのトップは5m程で、十分な太陽の光を受けて育つ
テーブルサンゴや枝サンゴなど多種多様。
リーフを
覆い尽くすように群生しており、豊かで活気に満ちたマダンの海を象徴しています😄
エントリーしてすぐにその壮大さに気づくことでしょう!!

 

④コロナ収束後にツアー参加を検討しているダイバーの皆様へ!!

 

マダンでしか見られない希少なサメや、すくすくと広範囲に渡って力強く育つサンゴ、

迫力満点のギンバラをぜひご紹介させてください。皆様のお越しを心よりお待ちしています!

 

 

そんな気になるマダンの詳細はこちらをクリック🖱

 

コロナが落ち着きましたら、皆様のお問い合わせお待ちしております!

 


CATEGORY

MONTHLY ARCHIVE

ページ先頭へ