AlotauPapua New Guinea

ダイビングポイント

ディーコンズリーフ

沿岸ポイントの入り組んだ地形。コーラルガーデンと同様に光で遊べるポイントで周りには様々なサンゴが生い茂り、入り組んだ地形と断崖絶壁のドロップオフがダイバーを楽しませてくれる!

コーラルガーデン

浅場のサンゴが綺麗で、さらに光で遊べる面白いポイント!地形が作り出す光ではなく、ここの海は木々が柔らかな光を作り出し、何ともやさしい光景を作り出すポイント!と、言う一方では、地形派ダイバーにも嬉しいドロップオフもあり無数の魚たちが群れると言う色々なシーンを作り出す海で!

ハウスリーフ

一本ではとても潜りきれないほどの見どころがたくさんあるのが、アロタウのハウスリーフ!
船着場として利用されているリゾート入り口の桟橋側とダイブセンター側の二箇所のハウスリーフでダイビングが可能!滞在中毎日潜ってもマクロ好きにはたまらないエリアで見られる生物はニシキテグリやカニハゼ、スパインチークなどのマクロ生物から早朝には水面をイルカが飛びまわっているので滞在中は押さえておきたいエリア!

ワフーポイント

リゾートからほど近いポイントにも関わらず、ハンマーヘッドも出現する事もあると言うポイントで、外洋側に泳いでいくと、急激に落ち込むドロップオフがあり、もちろんその向こうは外洋となる!ドロップオフまではリーフが続き、そのリーフには像の耳の形の様な巨大なソフトコーラルでエレファントイヤーコーラルやキャベッジコーラルやスリバチカイメン等がある。ソフトコーラル1つ1つが大きく、パプアニューギニアらしい海と言うポイント!

コブズクリフ

コーラルシーの外洋ポイントで隠れ根ポイント!切り立った壁の様になっており、根のトップはクレーターのように大きくへこんでいる。その上にナンヨウキサンゴの群生が覆い茂り、無数にいるパープルビューティーの色鮮やかな魚たちを見る事が出来る

シェリーズリーフ

マクロの元祖アイドルとも言えるピグミーシーホース!スタンダードなピグミーシーホースらしいバガバンディピグミーシーホースももちろん、ここパプアの海では、その他、突起も少なくほっそりとシャープなデニスピグミーシーホースや固有有種のミルンベイピグミーシーホースなど、いろんな種類を見ることができる面白いポイント!マクロ&カメラ派はまずは押さえたい!

PAGE TOP