KhaoLakThailand

アンダマン海 ダイブサイトの紹介

アンダマン海 ダイブサイトの紹介

インド洋の東に位置するアンダマン海は、抜群の透明度と珊瑚礁の美しさを誇る、世界中のダイバーの憧れの海域です。外洋に面したスケールの大きな海域で、ジンベエザメやマンタをはじめとする大物との遭遇率も高く、いつも大きな出会いと感動を与えてくれます。カオラックの登場で、日本人ダイバーにとってぐんと身近になった、魅力的な海をご紹介します。

アンダマン海に浮かぶ宝石シミラン諸島 世界中のダイバーの憧れ・・・

アンダマン海に浮かぶシミラン諸島は、国立公園に指定された、9つの美しい島々から成り立っています。No.1からNo.9の番号を持つ島の周辺は、絶好のスノーケリング&ダイビングのポイントが目白押しで、世界中のダイバーの憧れの海域となっています。
シミランの魅力は、 抜群の透明度の良さと珊瑚礁の美しさで、ホワイトサンドのビーチから一歩海に踏み込めば、真っ青 に透き通るブルーの海に色とりどりのコーラル、美しい色彩のサカナたちが舞い群れる、夢のように美しい景色が広がります。
ダイブサイトは、"イースト・オブ・エデン"、"ブレック・ファースト・ベンド"等に代表される、コーラルの美しい東側の癒し系の風景と、"エレファント・ヘッド・ロック"や"クリスマス・ポイント"に代表される、巨石が転がる西側のダイナミックな風景に分れ、それぞれに魅力満載の名ポイントが点在します。
日本人ダイバーにとっては珍しい、インド洋 やアンダマン海ならではの固有種も多く、初心者からベテランダイバーまで、誰もが楽しめる素晴らしい海です。

インド洋、アンダマン海ならではの水中生物たち

私たち日本人にとって馴染みのある太平洋の海とは異なる生態系を持つインド洋。インド洋の中でも、アンダマン海のエリアならではの特徴的な生物もいます。インド洋の固有 種や、同じ種類の魚でもインド洋バージョン やアンダマン海バージョンが存在します。 たくさんいる中から、代表的な種を、ちょっとだけ紹介しましょう。
No.1はクジャクベラのインド洋バージョン『マッコスカーズ・フラッシャー・ラス』 の♂が時おり見せる♀に対する求愛のディスプレイは目を見張る美しさ。 (右手前が♂、左奥が♀)
No.2がミスジチョウチョウウオのインド洋バージョンで、通称『インド・ミスジ』 。この他にもチョウチョウウオの仲間は特に固有種やインド版が数多く存在します。
No.3はアカネハナゴイにそっくりだけど尾鰭がちょっと違う『インディアン・フレーム・バスレット』 。などなど、他にもインド洋、アンダマン海ならではの、マクロな見所が満載です。詳しくは現地 にて我々ガイド陣に直接お尋ね下さい。 

PAGE TOP