DIVING

コースコード

[TKKCOTB5KIXTHU]

関西発 ユナイテッド航空 チューク 最大6ダイブ付 6日間

大阪・木曜発 世界一の沈船ダイビングポイントで潜ろう!!安心の日本人経営ダイビングショップ トレジャーズ利用 最大6ダイブ付 6日間

  • 大物狙いスポットあり
  • サンゴの美しいスポットあり

WTPスタッフのおすすめポイント

チューク初の日本人経営のダイビングショップ「トレジャーズ」利用。世界屈指の沈船ポイントは勿論のこと、
アウトリーフやリーフダイビングでマクロからワイドまでミクロネシアの海を堪能できること間違いなしです!!!

☆★☆特典★☆★
2ダイブ×3日間以上のお客様には3本目追加ダイブをなんと滞在中1日分半額!!(現地申込・現地支払のみ)

検討リストに追加

  • 関西発 ユナイテッド航空 チューク  最大6ダイブ付 6日間1
  • 関西発 ユナイテッド航空 チューク  最大6ダイブ付 6日間2
  • 関西発 ユナイテッド航空 チューク  最大6ダイブ付 6日間3

エリア情報

時代を超えて海底に眠る沈船!ミクロネシア連邦のチューク州、300近い小島で構成され、そのうちの約40の島々に約5万5千人の人々が生活しています。州都のあるウエノ島は最大径64kmにも及ぶ世界でも最大級の環礁!チュークには30隻を超える沈船が様々な魚のすむリーフとなり、壮大な海底絵巻を繰り広げ、色とりどりの万華鏡のような世界に息づく様々なサンゴ群がある!チュークの海は、昼夜を問わず世界中のダイバーたちの目を引きつける!

◆チュークの魅力
世界的なレックダイビングのメッカ!!
世界一の レック=沈船 ダイビングのメッカとして、世界中からダイバーが集まるチューク!沈船だけでなく、アウトリーフに出れば透明度の高いミクロネシアブルーに包まれたダイビングも堪能できます!!

抜群の透明度と豪快なドロップオフ!!
インリーフではフィッシュウォッチングが楽しめ、アウトリーフには豪快なドロップオフと抜群の透明度があり、色々なシーンを楽しめるチュークの海!

ラグーン内に点在するフォトジェニックな島々!!
チューク諸島はトラック環礁を中心に直径600kmの海域に散らばる島々が集まり
海底には第二次世界大戦中の沈船や廃船が何隻沈んでおり、沈船ダイブのメッカとして有名です!

トレジャーズには日本人スタッフ在中
2006年にオープンした、チュークで唯一の日本人経営のダイビングショップ!!少人数制でチュークの海をご案内します!沈船からリーフダイビングまで幅広く楽しんでいただけるようお手伝いいたします。ショップはトラックストップホテルとブルーラグーンリゾートの中間あたりにあります。ショップから桟橋までは徒歩1分。さらに、海のすぐ近く!!

水中写真家 古見きゅうのチューク はこちらから ≫
水中写真家 鍵井靖章のチューク はこちらから ≫

スケジュール

スケジュール

旅程内容 宿泊地 食事
1日目 関西国際空港へ各自集合
11:05 UA150にてグアムへ
15:50 到着後、乗り継ぎのため空港待機
又は別途グアムホテルを1万円~(2名1室)ご案内可能です。
朝:ー
昼:ー
夕:機
2日目 08:20 UA155にてチュークへ
10:11 到着後送迎車にてホテルへ
午後から2ボートダイブをお楽しみ下さい
ダイビング終了後ホテルへ
チューク 朝:ー
昼:ー
夕:ー
3日目

4日目
終日、ダイビングタイム
2ボートダイブをお楽しみ下さい
チューク 朝:ー
昼:ー
夕:ー
5日目 チェックアウト後送迎車にて空港へ
16:15 UA132にてグアムへ
17:55 到着後送迎車にてホテルへ
グアム 朝:ー
昼:ー
夕:ー
6日目 チェックアウト後送迎車にて空港へ
(午前 07:15 UA151便選択可能/10:10 関空着)
17:00 UA873にて関空国際空港へ
19:55 到着後自由解散
朝:ー
昼:ー
夕:機
  • 関西発 ユナイテッド航空 チューク  最大6ダイブ付 6日間1
  • 関西発 ユナイテッド航空 チューク  最大6ダイブ付 6日間2
  • 関西発 ユナイテッド航空 チューク  最大6ダイブ付 6日間3

利用条件

発着地 関西国際空港
旅行期間 6日間
利用ホテル
利用航空会社
ユナイテッド航空
食事 朝0回 昼0回 夕0回(機内食除く) 
 
添乗員 無し(現地係員がお世話いたします)
最小催行人員 1名様
子供割引 料金有り(お問い合わせください)
出入国諸税
関西:3,040円
チューク空港税:US40ドル(現地払い)
備考1 【事前座席指定】
ユナイテッド航空はご予約時に事前座席指定(通路側・窓側)をリクエスト可能です。ご希望の場合はお知らせください。
空席状況により、ご希望に沿えない事がございますので、予めご了承ください。

【受託預け荷物・機内持ち込み荷物】
受託預け荷物は23キロ・1個3辺(縦、横、高)の和が158cmまで無料、
機内持ち込み荷物は3辺(長さ×幅×高さ)が22cm×35cm×56cmまたは合計で113cm以下のもの1個
そのほか、身の回り品1個までとなります。
詳しくはこちらをご確認下さい 

【オンラインチェックイン】
出発の24時間前より可能となります。
詳しくはこちらをご確認下さい
備考2
<ツアー設定可能日>
火曜日:6・7・9日間 
木曜日:5・7・9日間 
日曜日:6・8・9日間

<グアム・チューク間フライトスケジュール>
往路 月・水・金・日 グアム発 08:20頃 - チューク着 10:08~11:08頃
土 グアム発 20:10頃 - チューク着 22:00頃

復路 月・火・木・土 チューク発 15:30頃 - グアム着 17:05~17:55頃
日 チューク発 03:30頃 - グアム着 05:10頃

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
≪特定日の追加料金≫

①帰着日が日・月曜日になる場合:¥3.000

②帰着日が2/12-13.4/30-5/1.5/4-5/6.7/16-17.8/16-19.9/17-18.9/24-25.10/8-9になる場合:¥20.000

③帰国日が8/14-15になる場合は:¥39.000

※該当日が重複する場合は、都度加算となります。
(例:4/30は月曜日で、帰着日追加代金¥20.000も加算されるため、ツアー代金に+¥23.000となります。)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

・ビジネスクラスは別途お問合わせ下さい

・グアムで前泊又は延泊のアレンジ手配も可能となります。詳しくはお問合せ下さい。

【グアムお1人様部屋代金(食事なし)※宿泊日が対象】
01/03-01/03:7.500円    01/04-01/31:5.500円   02/01-04/20:6.000円   
04/20-05/07: 10.000円   05/08-07/14:6.000円    07/15-08/04:6.800円   
08/05-08/14:9.200円   08/15-08/31:6.800円   09/01-09/20:6.300円   
09/21-09/30:6.000円    10/01-12/27:4.500円    12/28-12/28:13.000円   
12/29-01/02:15.000円

・ツアーお申込み後に料金の改定が行なわれた場合でも、お申込み時のご料金が適用になりますのでご了承下さい。

チューク州のダイビングパーミットの$50

<追加ダイビング代金>
・追加ダイビング(インリーフ2ダイブ):\13.500
・3本目(現地払い):US52.5ドル

・キミシマ環礁遠征ダイブ差額:US73.5ドル(1人)
※キミシマ環礁への遠征ダイブは2名様以上の催行になります。 

・アウトリーフダイブ差額:US63ドル(1人)

<レンタル器材(現地払い)>
 ・BC/レギュレーター:各US15.75ドル(1日)
 ・ウェットスーツ:US10.5ドル(1日)
 ・マスク他軽器材:各US5.25ドル(1日)
 ・フルセット:US57.75ドル(1日)

・ランチは付いておりません。現地にてお申し込み下さい(US10ドル~)。

・上記料金は全て現地で現金にてお支払い下さい。
クレジットカードはご利用いただけません。

サービスの内容は予告なく変更となる場合がございます。予めご了承下さい。

*料金に含まれるサービス :スケジュールに記載の内容

*料金に含まれないサービス:スケジュールに記載していないサービス、空港税、現地税。その他個人的な諸費用

燃油サーチャージ

2018年2月1日 出発から 9,000円

※ご予約後に利用航空会社より燃油サーチャージが増額された場合には、不足分を追加徴収させて頂きます。また、減額された場合には速やかに減額分をお客様へ払い戻し致します

注意事項

*お申込みの際は必ずこちらをご覧ください。 《募集型企画旅行》

*パスポートの残存有効期限の不足及び査証の不備等は当社としては責任を負いかねますのでご了承ください。
パスポートの残存期間はこちらでご確認ください。
査証(VISA)に関しましてはお客様でご確認いただくかお問合せください。

*訪問先の安全情報に関してはこちら、衛生情報に関してはこちらでご確認ください。

*個人情報の取扱いについてはこちらをご覧ください。

チューク ダイビング情報

  • チュークのダイビング情報14-1

チュークのダイビング情報

チュークのダイビングは何と言っても沈船ダイブ。中には60年経った今でも原型をとどめているものもあり、映画「タイタニック」の撮影のロケ地として利用されている。近年は日本人ダイバーの増加にともない、サンゴやその周りでフィッシュウォッチングなど楽しむスタイルも定着してきている。

◆WEBマガジン SORA-webで特集してます◆

検討リストに追加

関連コンテンツ

定期配信のおすすめ情報を受け取る

ツアーお問い合わせ

197,000~225,000

大阪・木曜発 世界一の沈船ダイビングポイントで潜ろう!!安心の日本人経営ダイビングショップ トレジャーズ利用 最大6ダイブ付 6日間0

大阪・木曜発...

検討リストに追加

  • Twitter
  • facebook

PAGE TOP