KimbePapua New Guinea

ダイビングポイント

AIRPLANE WRECK DIVE

沈んだゼロ戦を見るダイビング!戦時中にここの近くで交戦があったようで、恐らく燃料切れ(機体に銃弾の跡はないそうです。)か何かで不時着をしたのでは?と現地インストラクターのケイコさん情報!!その際にできる限り陸地の近くに不時着しようとしたらしく、ポイントは陸地の目の前で水深も17m前後です。実際に潜ってみると、機体は驚くほど綺麗な形を保っており両翼と尾翼は欠けることなく残っています。そして左翼には機銃が付いており、操縦席は計器類の痕跡が。(サンゴが張り付いててメーターは見えません。)操縦桿もしっかりついています。

ノースエマ

サンゴの楽園とも言うべきポイント!!スノーケリングでも楽しめるほどの浅瀬に色とりどりのエダサンゴがビッシリと群生しており、さらにクマノミ7種類が見られ写真を撮るには面白いポイント!キンべではクマノミ、ハナビラ、セジロ、スパインチーク、ホワイトボンネット、オレンジフィン、ダスキーと最低でも7種類のクマノミ達が見つけられますので、見分けてみるのも面白い!

イングリッシュショール

一つの根があり、そのトップは20mくらい程。ブラックフィンバラクーダやツバメウオの群れがスノーケリングで見られてしまう程ぐっちゃりと群れが見られる面白いポイント!さらに、根から少し離れた場所にはメジロザメの群れも現れる等と群れには圧巻のポイント!!

 

ヴァネッサズリーフ

ボートで60分ほどのポイントで、約18-24mの深度が取れ、ポイントにはエレファントイヤースポンジ・カイメン・ウミウチワ・ヤギ・テーブルサンゴなどが無数にあり、さらに1つ1つの大きさは驚くほど!幻想的な水中景観が延々と続くのでじっくりダイビングが出来るポイント!

ブラッドフォードショール

ボートで約90分でリゾートからは最も遠いポイント!イングリッシュショールと並ぶ大物ポイントの一つでギンガメアジやバラクーダが渦巻く大物ポイントです!根のトップが20m程で、ダイバーの頭上を旋回するように渦巻くことが多く、根から遠く離れることなく観察できる!タイマイやメジロザメがやってくることもあるので360度目が離せないポイント!

カースティージェーンズリーフ

ボートで60分、密林の様に生い茂るヤギが非常に多い事がこのポイントの特徴!パプアらしい原始の海と言う雰囲気!!

PAGE TOP