MadangPapua New Guinea

ダイビング詳細

魚影に圧巻されるマダンの海

マダンは年間降雨量が多く、かつ付近にいくつもの河口があることから、バガバグ島、カーカー島のエリアを除くとパプアニューギニアの他のダイビングサイトと比べて透明度はやや落ちます。しかしその分、養分が豊富で回遊魚、根魚もサイズが大きく感じる。カレントはさほどきつくなく、ギンガメアジやバラクーダの群れにも頻繁に遭遇できる。各ポイントまでは、ボートで10分から60分程度。ダイビングスタイルは、午前中2本、午後1本の1日3ダイブが基本。

◆スケジュール

午前9時 港を出発し2ダイブ
午後13時 リゾートに戻りランチ
午後 現地にて1ダイブ追加可能(現地払い)
※海況等により変更となる事もございます。



 

ダイビングのシーズン

マダンは北西エリアのひとつでオンシーズンは
乾季と重なる5~11月頃、8月あたりは南東からの
貿易風がやや吹き込むものの、この貿易風の生み出す
うねりは適度な潮の流れをつくり、多くの魚を集めます。
また10~11月は貿易風が弱まり、海況は比較的
穏やかになります。ベストシーズンは9月と
言われております。 

ポイントマップ

マダンのダイビングエリアは大きく分けて3箇所、
主なスポットが集まるマダンリーフ、南側の
隠れ根「プラネットロック」、そして
ノースコーストと呼ばれるマダンの町の
北海岸線沿いです。
 
マダンリーフのおすすめポイントは、
マジック・パッセージ、バラクーダ・ポイント、
ミリラット・パッセージで、緩やかな流れでも
ギンガメアジやバラクーダの大きな群れと遭遇します。
ギンガメアジやバラクーダの群れにはかなり
近づくことができるので、迫力満点のポイント!

また沖合いの隠れ根プラネットロックでは、
ハンマーヘッド・シャークがしばしば目撃されたり、
ブラックフィン・バラクーダの群に遭遇します。
ときにトルネードとなって間近に迫ってくる
光景は圧巻です。

ノースコーストのポイントはレックの
「USSボストン」と「クオーリー」が代表的!
通常とても流れが速いのでドリフトで楽しみます。

PAGE TOP