FakaravaTahiti

ダイビングポイント

ガルアエ・パス

仏領ポリネシアで一番大きなパスで、その幅は約1.6km!外洋でエントリー後、サメ、 エイ、マンタ、イルカ、マグロ、カメ、バラクーダ 回遊魚を見る事が出来るファカラバの一番人気のポイント。7本の潮流が入り組んでいるために、ダイビングは干満に合わせ、潮流の強弱を確認して行われます!パスの最大水深は30mほど。
パス内をドリフトしているとアリババキャニオンが現れ、キャニオンの中は流れから身を隠す為に魚達でビッシリ!!
見渡す限りのサンゴ!魚影がとても濃いので、まるで”竜宮城”の様な雰囲気!

オホトゥ・リーフ

オホトゥリーフはガルアエパスの外洋側のリーフ。サンゴが豊かでその景色はとても特徴的!
ダイビングはリーフに沿って進みマンタトレイン・バラクーダやナポレオン、時にはイルカと出会える事も!!
初心者の方でも安心して潜れるダイビングポイント。

トゥマコフア・パス

ファカラバ島の南トゥマコフア・パスには、200匹以上のサメの壁とナポレオン・バラクーダなど野生生物の豊かさで知られています。珊瑚の保存状態も良好でダイバーの楽園と言っても過言ではなく、タヒチでの最も美しいパスだと言われています。
カレントもありアドレナリン全開のダイビングになる事間違いなしです。
6月末の満月にはハタの産卵に群がるグレイリーフシャークを見る事も!!!

PAGE TOP