hayama・zushiJapan

葉山ダイビングポイント

葉山ボートダイビングポイント

天然記念物指定エリアになっており、遠浅の海と起伏に富んだ岩礁域が特徴
ウミウシをはじめとする無脊椎動物の宝庫でもあります。
逗子は、地形も生物も個性的でダイナミックであり、
魚影は一年中濃いのが特徴です。


葉山ビーチダイビングからほど近いポイントではありますが、
若干水深が深くなる為、観察出来る生物相が変わります。

■ダイビングポイント
「中根」と「裕次郎灯台沖」と「170度の根」など

■御用邸前
葉山の御用邸沖合に位置し、2017年8月にオープン。
最大水深が20mと、葉山の中では深いポイントです。
御用邸の脇を流れる「下山川」の恩恵で、ソフトコーラルやイソバナなど、
他のポイントとは違う生物に溢れています。

■裕次郎灯台沖
ここは、小振りな根の周りは砂地になっていて、水深15~16m。
小さい根ではありますが、冬はウミウシが多く見られ、
葉山のビーチポイントには少ないウミウサギなどが観察出来ます。
夏にはネンブツダイなどの群れを見る事が出来ます。
マクロ好きのダイバーにはお勧めのポイントです。

■ぺりせんの根
大きなオノミチキサンゴという枝サンゴを見ることができ、
そこに生息する生物も楽しめます。
また根回りは砂地で、砂地に居るハゼも楽しめます。
最大水深16m程度で、OWのお客様も安心して潜れるポイントです。
夏にはムレハタタテダイの群れや、ネンブツダイ、アオリイカの群れも現れます。

 

PAGE TOP