DIVING

コースコード

[MRAGANBC10HND1]

羽田発 ガルーダインドネシア航空 マラトゥア 最大18ダイブ付 10日間

【ナブコアイランド】数千匹のバラクーダ!迫力満点のチャネルダイブへ 10日間

  • ハウスリーフが充実
  • 大物狙いスポットあり

WTPスタッフのおすすめポイント

マラトゥアと言えば、チャネル「ビッグ・フィッシュ・カントリー」のブラックフィンバラクーダ。
水深30mから見上げる壁のような大群は迫力満点。
干潮時から2~3時間以内にしかエントリーできないレアなポイントに、 ナブコアイランドリゾートならタイミングが合えば毎日エントリーできます!
もちろん、マンタで有名なサンガラキ、ジェリーフィッシュレイクのカカバンへの遠征トリップもあります。

検討リストに追加

  • 羽田発 ガルーダインドネシア航空 マラトゥア  最大18ダイブ付 10日間1
  • 羽田発 ガルーダインドネシア航空 マラトゥア  最大18ダイブ付 10日間2
  • 羽田発 ガルーダインドネシア航空 マラトゥア  最大18ダイブ付 10日間3

エリア情報

マラトゥアをはじめ、サンガラキ、カカバン等の島々は、ダイバーなら誰もがあこがれる
シパダンから約200キロ南下した場所にあるインドネシア領土の東カリマンタンに位置する。
マラトゥアはその島々の中で東端に位置し、最寄りの空港から送迎車とスピードボートで
約4時間移動して到着する馬蹄形の島だ。
ここはシパダンに通いつめたダイバーが次に目指すダイビングポイントといっても過言ではない。
マクロダイバーからワイドダイバーまで満足させる極上のダイビングポイントが待っている。
マラトゥアにはシパダンやパラオに勝るとも劣らない、迫力あるバラクーダの群れやサメの回遊
見られるチャネル(ビッグ・フィッシュ・カントリー)がある。
そしてマラトゥアだけでなく、サンガラキとカカバンでもダイビングができる。
サンガラキではマンタ。当たり外れはあるが、当たった時の群れの大きさは感動もの。
カカバンはコーナーに集まる回遊魚を堪能。そして水面休息の合間には
ジェリーフィッシュレイクでシュノーケリング。パラオと違い特別な費用は無し。
ワイド好き、ドリフト好きのダイバーには是非一度この秘境ダイビングを体験して欲しい。 

水中写真家 鍵井靖章のマラトゥア はこちらから ≫

スケジュール

スケジュール

旅程内容 宿泊地 食事
1日目 お客様ご自身にて空港へ
11:45羽田空港発、(GA875)ジャカルタへ
17:25ターミナル3Uに到着。
お客様ご自身にてエアポートホテルへ移動
ホテル泊 朝:-
昼:機内
夕:-
2日目 05:20ターミナル3Uから出発。
(GA560)でバリクパパンへ
08:35バリクパパン到着後、お客様ご自身にてお乗り継ぎ
14:15チャーター機でマラトゥアへ
15:30マラトゥア到着後、現地スタッフがお出迎え。ボートでリゾートへ(約10分)
リゾート泊 朝:機内
昼:-
夕:〇
3日目

8日目
最大18ダイブをお楽しみ下さい
※現地到着後にどちらかお選びください。
①3ボートダイブ×6日間
②3ボートダイブ×5日間+早朝/サンセット/ナイトダイブのいずれか1ダイブ、
 最終日は2ボートダイブ
※①、②ともサンガラキ+カカバン遠征が1日あります
リゾート泊 朝:〇
昼:〇
夕:〇
9日目 出発時刻までごゆっくりお過ごしください
16:00チャーター機でバリクパパンへ
17:15バリクパパン到着後、お客様ご自身にてお乗り継ぎ
20:00(GA575)でジャカルタへ
21:05ターミナル3Uに到着。お客様ご自身にてお乗り継ぎ
23:30ターミナル3Uから出発、(GA874)で羽田空港へ
機内泊 朝:〇
昼:〇
夕:-
10日目 08:50到着後、自由解散 朝:機内
  • 羽田発 ガルーダインドネシア航空 マラトゥア  最大18ダイブ付 10日間1
  • 羽田発 ガルーダインドネシア航空 マラトゥア  最大18ダイブ付 10日間2
  • 羽田発 ガルーダインドネシア航空 マラトゥア  最大18ダイブ付 10日間3

利用条件

発着地 羽田
旅行期間 10日間
利用ホテル
利用航空会社
ガルーダインドネシア航空
食事 朝7回 昼7回 夕7回(機内食除く)
添乗員 無し(現地係員がお世話いたします)
最小催行人員 1名
子供割引 料金有り(お問い合わせください)
出入国諸税
羽田:2,670円
ジャカルタ空港国際線使用料:2,340円
ジャカルタ空港国内線使用料:470円
バリクパパン空港国内線使用料:890円 
備考1 【事前座席指定】
ご希望の場合は事前にお知らせください。
※ビジネスクラスは無料で指定可能です。

【受託預け荷物・機内持ち込み荷物】
受託預け荷物はは46キロまで無料、プラスダイバーズ特典として30キロ(3辺の和が158cm以内)、機内持ち込み荷物は1個7キロ、3辺の和が114cmとなります。
詳しくはこちらをご確認下さい 

【オンラインチェックイン】
出発の24時間前より可能となります。
詳しくはこちらをご確認下さい
備考2
【ツアー設定可能日】
金曜日 

※チャネルダイブにおすすめの出発日※
1月・・・12日、26日
2月・・・9日
3月・・・2日、16日、30日
4月・・・13日、27日
5月・・・11日、25日
6月・・・8日、22日
7月・・・6日
9月・・・7日、21日
10月・・5日、19日

【特定日の追加料金】
①帰国日が土曜日になる場合:2,000円
②帰国日が日曜日になる場合:3,000円
 

*料金に含まれるサービス :スケジュールに記載の内容

*料金に含まれないサービス:スケジュールに記載していないサービス、空港税、現地税。その他個人的な諸費用

燃油サーチャージ

2018年8月10日 出発から 14,000円

※ご予約後に利用航空会社より燃油サーチャージが増額された場合には、不足分を追加徴収させて頂きます。また、減額された場合には速やかに減額分をお客様へ払い戻し致します

注意事項

*お申込みの際は必ずこちらをご覧ください。 《募集型企画旅行》

*パスポートの残存有効期限の不足及び査証の不備等は当社としては責任を負いかねますのでご了承ください。
パスポートの残存期間はこちらでご確認ください。
査証(VISA)に関しましてはお客様でご確認いただくかお問合せください。

*訪問先の安全情報に関してはこちら、衛生情報に関してはこちらでご確認ください。

*個人情報の取扱いについてはこちらをご覧ください。

マラトゥア ダイビング情報

  • 3大エリアを潜る!15-1

3大エリアを潜る!

○マラトゥア
何と言っても一番のポイントは『ビッグ・フィッシュ・カントリー』。ここを潜るチャンスは1日に1回、潮が干潮時から上げ潮が始まってから数時間以内、潮の流れがラグーン内に流れ込むタイミングでエントリーをする。一番のメインはブラックフィンバラクーダの巨大な群れ。運よくトルネードが観られた時の迫力はすごい。その他も島の東側は主にドロップオフのポイントが多く、ドリフトダイビングが主流。一方、島の西側はなだらかなスロープ状のポイントがあり、ピグミーシーホース等のマクロも楽しめる。

○サンガラキ
サンガラキは以前にリゾートもあった小島で、マンタで有名なダイビングエリア。ポイント名にもマンタの名前が付いているが、実際のところ当たり外れが大きい。しかし、当たった時の数十匹のマンタの群れが水面を覆う光景は圧巻。またサンガラキは昔から数多くのウミガメが産卵に上陸する島なので、ダイビング中にウミガメもよく現れる。

○カカバン
カカバンはマラトゥアとサンガラキの間にある、島の中心部が汽水湖になっている島。この汽水湖は、棘を持たない4種類のクラゲが生息するジェリーフィッシュレイクで、ダイビングの合間にシュノーケリングを楽しめる。カカバンのメインポイントは島の南西側に張り出しているコーナーがある『バラクーダポイント』

  • SORA-web ウェブマガジン15-2

SORA-web ウェブマガジン

まだ経験したことのない、素晴らしい海へ!
かつては、たくさんダイバーが訪れた実力の海。マンタのサンガラキ島、ジエリーフィッシュレイクのカカバン島、バラクーダの群れのマラトゥア島。この3島を一度の旅で、満喫できるリゾートステイのダイビングがあることをご存じですか?マラトゥア環礁にあるナコブアイランドリゾートに滞在して、まだ経験したこのない素晴らしい海へ!
 

検討リストに追加

関連コンテンツ

定期配信のおすすめ情報を受け取る

ツアーお問い合わせ

305,000~348,000

【ナブコアイランド】数千匹のバラクーダ!迫力満点のチャネルダイブへ 10日間0

【ナブコアイランド】数千匹のバラクーダ!迫力満点のチャネルダイブへ 10日間

検討リストに追加

  • Twitter
  • facebook

PAGE TOP