Pacific HarbourRepublic of Fiji

ベンガ・アドベンチャーダイバーズでのダイビング

ベンガ・アドベンチャーダイバーズ

ダイビングについて
シャークダイブ 月曜日、火曜日、木曜日、金曜日、土曜日の朝。
コーラルダイブ/レックダイブ 水曜日、日曜日の朝と月曜日、土曜日の午後。
10Lのアルミニウムタンク・ナイトロックスも使用可能。
ボートはダイビング専用のアルミボート・レンタル器材も充実している。

●ダイビングスケジュール
8:00 ホテルより送迎車でショップへ 必要書類の記入・ブリーフィング
8:30 ボート出港 そのまま2dive / 水面休息はボートの上で
 タオル・スナック・飲み物を提供してくれます。
12:30-13:00 ショップに帰港
 ショップには温水シャワーが1つ、更衣室が1つ(狭く男女が順番に使用、ホテルで着替えるか
トイレで着替える。朝は水着着用しウエットスーツを着るだけの状態の方が良い。)

●シャークダイビングについて
Beqa Passageのドロップオフの横にあるリーフレッジで行われる。1本目は深さ30mの「アリーナ」で15分程過ごし、ブルシャークが目の前で餌付けされるのは迫力満点。
その後15mぐらいの浅瀬「ザデン」に水深を上げ、ホワイトチップリーフ、ブラックチップリーフ、グレイリーフシャークに餌付けをする。5mに浮上して安全停止。トータル45分間のダイビング。
ボートで水面休息後、2本目のシャークダイビングは、リーフスロープの途中の最大水深20m「テイクアウト」は、1dive目のポイントよりブルシャークとの距離が近い。30分程滞在し深度を上げながら、コーラルリーフに滞在し安全停止をして終了。
タイガーシャークもたまに見られる可能性があるが、タイガーがでる場合はブルシャークがいなくなる。
ブルシャークは11月~12月まで産卵の為に川を遡上する為、数が減少する。

両ダイビングともサメを見る場合は着底となります、その周りに棒を持ったガイドが見張り、サメが近づくと威嚇し、安全面はしっかりとしている。1チームに4人ガイドが付いている。
基本的には器材はすべて黒色の物、白など明るい色の物は使用できない場合があるので要相談。
ダイコンの白色の物はグローブ等で隠さないといけない。
ストロボ、伸ばし棒等を伸ばしているのも注意される。
30m近く潜行するのでAOW以上が好ましい。

●リーフダイビングについて
ベンガラグーンはコーラルが生き生きしており、小さな種から大きな種まで多種多様である。
その日の状況によりガイドがポイントを決める。基本的には朝の2dive。
深度は約12mから25mの範囲で、平均最大水深18mです。潜水時間は安全停止を入れて45分程。
最大1時間。4人のゲストに対して1人のガイド。レベルに応じてダイビングポイントが変わることもある。ポイントは沈船のポイントを入れて10個程あリクエスト出来るが、海のコンディション等により確約ではなく、また強い潮流ではダイビングしない場合もある。

●レンタル代
BCD等1アイテム      30FJD
フルレンタル1日    50FJD
ナイトロックス1本  50FJD

PAGE TOP