Pacific HarbourRepublic of Fiji

  • パシフィックハーバー 画像1
  • パシフィックハーバー 画像2
  • パシフィックハーバー 画像3
  • パシフィックハーバー 画像4
  • パシフィックハーバー 画像5
  • パシフィックハーバー 画像6
  • パシフィックハーバー 画像7
  • パシフィックハーバー 画像8
  • パシフィックハーバー 画像9

どんなところ?

Bula!と笑顔で旅行者を迎えてくれるフィジー。
パシフィックハーバーはビチレブ島の南側に位置する、フィジーのリゾートエリア。
パシフィックハーバーまでは空港から車で約3時間。

このエリアで有名なダイビングといえばシャークダイブ
体長4メートル近くあるサメの大群が目の前で餌に夢中になる瞬間はまさに圧巻!
餌付けの様子を目の前で見ることができるので、
カメラを構えてサメの姿を納得いくまで捉えることができる!近くには大きな沈船も!
多種多様なサメに出会うことができる、飽きることないダイビングが楽しめます。

また、ダイビングだけでなくアクティビティも充実しているのが、フィジー。
午前2ダイブ後は、アクティビティで遊ぶのもよし。リゾートでのんびり過ごすのもよし。
自分のスタイルで思う存分楽しめる楽園の島。

達人のオススメ!

パシフィックハーバーってどんなところ

どんなところ
フィジー有数のリゾートエリア、パシフィックハーバーの中心にあるのがパールリゾート。
ダイビングショップまでは送迎車で約2~3分。
ココに注目
多種多様なサメの大群が餌に釘付けになる姿はまさに圧巻!
興奮した野生的なサメはここでしか見られない!
こう遊べ
ガイドが直接手から餌付けする様子を岩陰から隠れて観覧。
ダイビング中は複数のサメ避けの棒を持ったガイドが近くにいるので、
安全面も考慮しており、初めての方でも安心です。
また、岩陰から横1列になって見るので自分のペースでカメラ撮影が可能。
同じポイントを2ダイブなので、納得いく1枚が撮れる!
目の前を横切るサメに心奪われること間違いなし!
ポイント
やはりシャークダイブ。
フィジーに来たならサメに会わなきゃもったいない!
シャークダイブがお休みの日は色鮮やかなソフトコーラルが楽しめる。
様々な海の顔を持つのがフィジーの魅力。

ツアー情報

ダイビング情報

世界一のシャークダイブ!!

フィジー本島南部のパシフィックハーバーは
フィジーの人気3大ダイブスポットとしても有名な、世界有数のダイビングエリア!
その目玉とも言えるのが、海洋保護区としてサメの保護にも力を入れているリーフで行う「サメの餌付けショー」。2007年イタリアのダイビングショーで、世界ナンバーワンのダイビングにも選ばれたことのある大迫力のシャークダイビングが世界中のサメの愛好家を魅了し続けている。
午前の2ボートダイブで餌付けの様子を見られるので、大迫力なサメの集団を見ることができる。

バラエティに富んだ地形

サメのイメージが強いパシフィックハーバー。
実はサメ以外の見どころも多く、バラエティに富んだ地形や色鮮やかなソフトコーラルの群生はまるで竜宮城のように美しい。Weのツアーではシャークダイブとコーラルダイブが両方楽しめる!

ダイビングサービス

アクアトレックベンガ

パールリゾートから送迎車で約2、3分のところにありアクセスも抜群。
ショップの目の前からボートが出ている。
日本人スタッフはいないが、ガイドは皆フレンドリーで、安心安全なダイビングを心がけています。

ダイビングリゾート

ザ パールリゾート アンド スパ

パシフィックハーバーの中心に位置する、長いビーチが魅力的なリゾート。
お部屋カテゴリーは全部で5つ。
お部屋から海を見られるオーシャンビュー側は人気のカテゴリーのひとつ。
他にも緑豊かなガーデンビュー側、船やボートが見えるオシャレなマリーナ側に分かれる。
白と青を貴重とした清潔感のあるお部屋。
リゾートの中心にはプール、さらにスパもあるので、ダイビング後のリフレッシュも可能。

 

観光情報

パシフィックハーバーの観光情報

リゾートから歩いて15分ほどのところにお土産等を購入することができる商店がある。
カフェもあるので、ダイビング後のリフレッシュにも。
また、リゾートでは数々のアクティビティが用意されています。
アクティビティやエクスカーションに参加で充実したご旅行を楽しめます。

基本情報

トラベルメモ

国名 フィジー共和国
首都 スバ
最寄の空港 ナンディ国際空港
ビザ 4ヶ月以内の観光目的の滞在であればビザは不要です。ただし、パスポート残存が入国時に滞在日数+6ヶ月以上有効あるかをご確認ください。
時差 日本+3時間(サマータイム期間は+4時間)
日本が正午の時、フィジーは午後3時
気候 年間を通じて気候に恵まれています。
雨季は12月~4月、乾季は5~11月
平均気温 気温は1年中さほど変わらない常夏の国。
平均気温:25度前後
 
平均水温 4~9月:25~28度
10~3月:28~30度
 
適正スーツ 3~5ミリのフルスーツ
言語 公用語は英語。英語はどこでも通じるが、その他にフィジー語、ヒンディー語も使用されています。
電圧 電圧は240V、50Hz、プラグはO型(ハの字型)。海外対応していない日本の電気製品には、変圧器とアダプターが必要です。
通貨 通貨単位はフィジードル(F$)、補助単位はフィジーセント(F¢)。F¢100=F$1​
2019年2月現在、F$1≒62円。 
両替 成田空港の場合、1か所のみ。
レートの良いナンディ空港での両替がオススメ。
市街地にも両替所はあるので、安心。
チップ フィジーではチップの習慣がありません。しかし、特別なサービスを受けた場合に感謝の気持ちとして渡しても構いません。

行き方

行き

日本
成田空港
フィジーエアウェイズにて出発
直行便約9時間のフライト
ナンディ国際空港
送迎車にてリゾートへ
約3時間

帰り

ナンディ国際空港
送迎車にて空港へ
約3時間
 
日本
直行便にて成田空港へ

補足

MAP

2019年9月 Area Ranking

  • 第1位 マンタが躍る!ヤップ!

  • 第2位 バリカサグまでボートで30分!!最高の立地で最高のダイビングを!

  • 第3位 安定の大物ダイブサファリ!!モルディブ・アイランドサファリロイヤル♪

  • 第4位 ダイバー天国!!セブ島・最先端!リロアン マリンビレッジ!!

  • 第5位 ベストスポット!ダイビングの王道 パラオ!

  • 第6位 魅力いっぱいのラパスの海を、思いっきり体感しよう!!!

  • 第7位 4日間から楽しめる海外ダイビング! 【アニラオ】

  • 第8位 ホホジロザメを見たいなら『グアダルーペ』へ!!

  • 第9位 タオ島★世界中のダイバーのオアシス★

  • 第10位 海外ダイビングショップサービス部門2019年第一位!!!

We スタッフ一押し!エリア

  • ラヨーン

  • ロスカボス

  • グアダルーペ

  • リロアン

  • ボホール

  • バンダシー

PAGE TOP