AnilaoPhilippines

  • アニラオ 画像1
  • アニラオ 画像2
  • アニラオ 画像3
  • アニラオ 画像4
  • アニラオ 画像5
  • アニラオ 画像6
  • アニラオ 画像7
  • アニラオ 画像8
  • アニラオ 画像9
  • アニラオ 画像10
  • アニラオ 画像11
  • アニラオ 画像12
  • アニラオ 画像13
  • アニラオ 画像14

フィリピン・アニラオってどんな所?

マニラから陸路を3時間程でフィリピン有数のダイビングスポット・アニラオへ。
セブよりもダイビングの歴史が古いアニラオは外洋に近く、新鮮な海水が出入りするため多種多様な珊瑚が繁殖し、海中生物が棲みつく内容の濃いエリア。
知る人ぞ知るマクロ天国で、フィリピンでも1,2位を競う素晴らしさ!
ビギナーからベテランダイバーまで楽しめるポイントが点在している。
お1人様参加、シングルダイバーも安心してご参加可能。
 

\アニラオのおすすめポイントはこちら!/

◎マクロの宝庫
スジクロユリハゼ、アカオビサンゴアマダイ、キミシグレカクレエビ、バブルコーラルシュリンプなど、各ポイントで他では珍しい種に会える。

美しいワイド風景
太陽光が届く浅瀬には、所狭しと様々なサンゴを見ることができる。マクロのポイントを潜りながらも、絶品サンゴポイントをカバーできるダイビングエリア。

◎たくさん潜れる
ほとんどのポイントが30分以内と近距離にあるため、ボートでの移動が楽。
また、1日3本が主流の他のエリアと違い、午前2本・午後2本・ナイトダイビングと無理なく沢山潜れるのが特徴。
 
\水中写真家・鍵井靖章&古見きゅうの現地レポートはこちら!/

【2019年8月UP】水中写真家 古見きゅうのアニラオ

【2017年12月UP】水中写真家 鍵井靖章のアニラオ

達人のオススメ!

水中写真家 鍵井靖章のおすすめポイント

どんなところ
フィリピン・マニラの近く(車で2~3時間)に位置する。フィリピンで最も古くからダイバーに愛されたエリア。
ココに注目
小さな生き物の宝庫!憧れのスジクロユリハゼ、アカオビサンゴアマダイ、キミシグレカクレエビ、コロールアネモネシュリンプなど他では珍しい種と各ポイントで会えちゃう!
こう遊べ
フィリピンの他のダイブエリアより水温が1、2℃低いので、+フードベストが重宝するはず。 また、ダイバーが憧れる人気種は水深が30mくらいにいることも多いので、しっかりとした潜水計画が大切になる。
ポイント
【シークレットベイ】
マクロ垂涎のポイント。カエルアンコウ、ニシキフウライウオ、ミミックオクトパス、イバラタツ、ジョーフィッシュなど被写体の豊富さは、デジタルカメラでないと対応できないほど(笑)深度も浅いので、時間を忘れて撮影に夢中になってしまう。

ツアー情報

ダイビング情報

豊富なポイントで好みのダイビング!

ソフトコーラルからハードコーラル、ウォールから海底温泉、ドリフトからまったり砂地まで、様々なポイントが40以上あるので、見たいものや好みをガイドまで!リクエストに応じたポイント選びをしてくれる。

 

ダイビングスケジュール

【パシフィックブルー】
 09:00 2ボートダイブ
 ※ランチにリゾートへ戻ります。
 14:00 1ボートダイブ

【ヴィラマグダレナ】
 
08:30   2ボートダイブ
 ※ランチにリゾートへ戻ります。
 14:00 1ボートダイブ

どちらのダイビングショップも現地で追加ダイブ(早朝、サンセット、ナイトダイブ)可能です。

ダイビングサービス

パシフィックブルーダイブセンター

パシフィコアズールリゾート内にあるショップで移動も楽々!
滞在中は大きめの器材置き場も利用可能。
器材洗い場やカメラ置き場もあるので、器材持参の方やカメラ派ダイバーには嬉しい♪

ヴィラマグダレナダイブセンター

リゾート併設のダイブセンター。
リゾート前の桟橋からバンカーボートで出発し、午前2本、昼食を挟んで午後1~2本、リクエストに応じてサンセットやナイトダイブも可。
ヴィラマグダレナはアニラオの主要ポイントのほぼ中央に位置し、人気のキルビスロック、ソンブレロはリゾートのちょうど正面!15分ほどで到着できる。

★パシフィックブルー★スタッフ紹介

パシフィックブルーダイブセンターとパシフィコアズールリゾートのスタッフをご紹介!!

★ヴィラマグダレナ★スタッフ紹介

ヴィラマグダレナダイブセンターとヴィラマグダレナリゾートのスタッフをご紹介!!

ダイビングリゾート

選べるダイビングリゾート

ダイビングリゾートの選択が可能! どちらも日本人が経営しているため安心。

パシフィコアズールリゾート
ヴィラ マグダレナ

 

観光情報

ダイビングに集中できる場所

アニラオは、リゾート地というよりも古き良き田舎といったイメージ。観光ではなく、じっくりとダイビングに没頭するようなエリア。
今では日本人ダイバーにも人気のダイビングエリアで、写真派ダイバーのリクエストに応えられるよう、現地スタッフも生き物たちを勉強。マニラからリゾートまでの車移動は3時間弱(夜は2時間ほど)掛かるが、注目のダイビングデスティネーション!

基本情報

トラベルメモ

国名 フィリピン共和国
首都 マニラ
最寄の空港 マニラ - ニノイ・アキノ空港
ビザ 30日以内なら不要。ただしパスポートの有効期間が「滞在日数+6ヵ月間以上」あることが望ましい。
時差 日本-1時間
気候 ベストシーズンは3~4月。8~12月中旬は雨季、12~7月は乾季、8~9月は台風の影響を受けやすいが通年を通して楽しめる。
平均気温 26~30℃
平均水温 23~30℃
適正スーツ 3~5㎜ウェットスーツ
透明度 ★★☆☆☆
言語 公用語はタガログ語、空港、リゾートでは英語を話せる人も多い。
電圧 220V、60Hz。プラグはA、C、Oタイプ。
通貨 フィリピンの通貨単位はフィリピン・ペソ(P)。P1≒2.1円(2019年5月現在)。
両替 両替は空港
チップ ポーターには荷物1個につき20ペソ。タクシーは料金の10%、レストランでサービス科が含まれていない場合は請求額の5~10%が目安です。
その他 マニラから車で約3時間、アニラオはフィリピン有数のマクロ生物の宝庫。スジクロユリハゼ、アカオビサンゴアマダイ、ブルーリボンゴビーなど他のエリアではなかなか会えないアイドルたちを、じっくりウォッチングできる。

行き方

行き

日本
各地空港(成田/羽田/中部/大阪/福岡)
フィリピン航空にてマニラ空港へ
マニラまで約4時間
マニラ空港
送迎車にてアニラオへ
約3時間程
 

帰り

マニラ空港
送迎車にてマニラ空港へ
日本
各地空港へ(成田/羽田/中部/大阪/福岡)

補足

MAP

2019年11月 Area Ranking

  • 第1位 バリカサグまでボートで30分!!最高の立地で最高のダイビングを!

  • 第2位 ベストスポット!ダイビングの王道 パラオ!

  • 第3位 ベストシーズン到来!9つの美しい島からなる『シミラン諸島』

  • 第4位 海外ダイブサービス部門2019年第1位!モアルボアル

  • 第5位 安定の大物ダイブサファリ!!モルディブ・アイランドサファリロイヤル♪

  • 第6位 ダイバー天国!!セブ島・最先端!リロアン マリンビレッジ!!

  • 第7位 マンタが躍る!ヤップ!

  • 第8位 魅力いっぱいのラパスの海を、思いっきり体感しよう!!!

  • 第9位 4日間から楽しめる海外ダイビング! 【アニラオ】

  • 第10位 ホホジロザメを見たいなら『グアダルーペ』へ!!

We スタッフ一押し!エリア

  • バンダシー

  • ガラパゴス諸島

  • パラオスポート号

  • モアルボアル

  • コモド諸島

  • ロスカボス

PAGE TOP