MoalboalPhilippines

  • モアルボアル 画像1
  • モアルボアル 画像2
  • モアルボアル 画像3
  • モアルボアル 画像4
  • モアルボアル 画像5
  • モアルボアル 画像6
  • モアルボアル 画像7
  • モアルボアル 画像8
  • モアルボアル 画像9
  • モアルボアル 画像10
  • モアルボアル 画像11
  • モアルボアル 画像12

フィリピン・モアルボアルってどんな所?

フィリピン・セブ島西側にある田舎村のモアルボアル。昔から隠れ家を求めるヨーロッパのダイバーに人気の高いエリアで、フィリピンのリゾート地でもある。海の中は驚きの連続。なかなかお目に掛かれない「イワシトルネード」にも遭遇できる。また、このイワシの群れにニタリザメやイソマグロがアタックしてくることがあると言う驚きのダイビングエリア!そのほかニシキテグリの産卵シーンなどをはじめマクロ派も納得のポイントも多数!

\モアルボアルのおすすめポイントはこちら!/

◎日本人ダイビングサービスで安心
TIKITIKI DIVERS はセブ、ボホール海域でキャリアを積んだ日本人インストラクターのショップ。
2018、2019年連続で海外サービス部門で賞を受賞するほどの実力を持つ。
ポイントの希望も積極的に聞いてくれる。
モアルボアルでの経験も豊富なので、海の中から陸まで安心して楽しむことが出来る。
ダイビングショップも海の目の前とロケーションも最高!

◎モアルボアルの街を満喫
小さな街に美味しいレストランがたくさんあり、人気のチリバーでは遅くまでモアルボアルの夜を楽しむことが出来る。
一人旅で外食が心配な方にはチキチキダイバーズのスタッフがアテンド!
通訳はもちろん、おススメのレストラン、メニューを紹介してくれる。

◎絶対行きたい!ペスカドール島
ボートで30分程のポイント。素晴らしいソフトコーラルと地形はモアルボアルに行ったから必ず潜りたいポイント。
朝一のペスカドールダイブは朝日が差し込み、ソフトコーラルをより美しく見せてくれる。

【2019年10月最新版】古見きゅうのモアルボアルはこちら
鍵井靖章のモアルボアルはこちら


◎INFORMATION◎
フィリピン環境省がモアルボアル汚染問題を対象とし調査している関係で、ビーチ沿いの建物をすべて撤去する予定となっております。
撤去日がまだ発表されておりませんが、詳細次第ではプルメリアも撤去対象となります。
その為、万が一ご出発までにプルメリアの撤去が決まった場合はその他ホテルに手配変更とさせていただきます。
変更し際に差額が発生した場合はお客様にご負担いただきます。
上記内容をご了承いただきまして、ご予約いただきますようお願いいたします。

現在新プルメリアを建設中!!
チキチキダイバーズは不滅です!!
皆様にはご不便おかけいたしますが、ご理解いただきますようよろしくお願いいたします。
 

達人のオススメ!

水中カメラマン越智隆治のおすすめポイント

どんなところ
昔は、バックパッカーの隠れ家的な場所だったこともある、とても素朴でのんびりした田舎。道路の幅の狭さが、下町っぽくて、個人的には大好き。海はセブ島と、 隣のネグロス島に挟まれた海峡。リーフトップのサンゴはカラフルで美しい。サンゴやマクロのポイントが多いが、ジンベエザメ遭遇も期待できるかも。
ココに注目
現在、レアなハゼの生息するポイントのリサーチに力を入れている。ハゼ好きなら絶対連れていってもらった方がいい。サンゴも奇麗だし、その中でのニシキテグリの産卵も見やすい。
こう遊べ
狭い範囲に、レストランやお土産屋さん、バーなどが肩を寄せ合うように並んでいる。そんなこじんまりした場所なので、すぐに村の人と顔なじみになれる。マッサージも安いから、マッサージ好きなら、絶対一回はお願いしてみて。
ポイント
ワイド派なら、ペスカドール島や、カサイリーフなどのサンゴポイントがおすすめ。特にカサイのリーフトップのサンゴは色がカラフル。マクロなら、ゴビーポイント。それにニシキテグリの産卵シーンは狙いやすい。

ツアー情報

ダイビング情報

イワシトルネードは圧巻!

イワシの大群に圧倒
イワシがまるでひとつの生き物のように海いっぱいに広がり、蛇行し、突進してくる。また、塊の中に何本もの細い線が生まれると、まるで竜巻のような迫力だ。

豊かなサンゴ礁を潜る
チキチキダイバーズがある海岸線には南北に豊かなサンゴ礁のリーフが広がっている。このリーフに点在するポイントは、ショートレンジに当たり、一番身近なポイントとして親しまれている場所。

サンセットダイブはニシキテグリ
ショートレンジのタリサイでは、サンセットダイブでニシキテグリのメイティングを観察できる。季節や天候によって行われる時間が異なるが、およそ6時過ぎに始められる。このサンセットダイブは、毎日、リクエストベースで行われているので、是非!

ダイビングエリアについて

モアルボアルでは代表的ダイビングポイントのペスカドール島をはじめ、リゾートが集まるパナグサマビーチ周辺にダイビングポイントが点在。
どのポイントも差額なしで行く事が出来るのが魅力!
その日の海況によってガイドがベストのポイントへご案内♪

ダイビングサービス

TIKITIKI DIVERS チキチキ・ダイバーズ

ダイビングショップは海の目の前、ビーチダイブもショップ前からラクラク♪
早朝、サンセット、ナイト、現地にてリクエスト可能。
ランチも付いているので、お昼はダイビングショップにてゆっくり休憩していただけます。
ログ付けは黒板を使って、イラスト付きで魚を紹介。
もちろん、ブリーフィングも日本語で丁寧に行いますので、安心!

フィリピンでは珍しい、ポイント差額費用も一切なし!!!
現地でかかる費用を抑えたい方にはおススメです。

サービスよし!立地よし!全力でお客様に寄り添います!

最新の海情報は下記より↓↓
モアルボアルの海と陸のブログ@チキチキ
現地の最新情報をご覧いただけます!
 

スタッフ紹介

チキチキダイバーズの個性的なスタッフをご紹介!!

ダイビングリゾート

ニーズに合わせて選べるリゾート

参加人数や予算に応じて、リゾートの選択が可能! どのリゾートもダイビングショップから徒歩圏内で使い勝手抜群!

◎ プルメリア
◎マリーナ・ビレッジ
◎ソレエマレ
◎カバナ・ビーチクラブ・リゾート
◎サベドラビーチリゾート


※注意※
フィリピン環境省がモアルボアル汚染問題を対象とし調査している関係で、ビーチ沿いの建物をすべて撤去する予定となっております。
撤去日がまだ発表されておりませんが、詳細次第ではプルメリア、カバナ・ビーチクラブ・リゾート、サベドラビーチリゾートも撤去対象となります。
その為、万が一ご出発までに該当ホテルの撤去が決まった場合はその他ホテルに手配変更とさせていただきます。
変更し際に差額が発生した場合はお客様にご負担いただきます。
上記内容をご了承いただきまして、ご予約いただきますようお願いいたします。
ご不便をお掛けいたしますが、ご理解いただきありがとうございます。

観光情報

旅慣れたヨーロピアンが好む隠れ家的な街並み

TIKITIKI DIVERSのカツさんのコメントでモアルボアルをご紹介!

●モアルボアルの町●
ダイブショップがある場所はパナグサマビーチ、そこからトライシクルで10分位にあるのがモアルボアルの町。 トライシクルは乗り合いで10ペソ、チャーターで片道50ペソが目安。
フィリピンの生活と触れ合うことができ、アイデア次第でお土産になるものを発掘をできるかも!?
フィリピン名物の【レチョン・マノック】こと鳥の丸焼きもこちら。
特に魚市場の先の桟橋の所のお店が名店。
ついにモアルボアルにガイサノというスーパーマーケットがやってきました!


●レストラン●
ラストフィリングステーション
石釜焼のピザがイチオシのレストラン。 トマトソースも手作りでとてもジューシー。

マヤズ・ガーデンレストラン
モアルボアル初のメキシコ料理のお店。
タコスや、ナチョスなどは、野菜もたっぷり。 ヘルシーでとても美味しいですよ。

リトル・コーナー
ディゴイの奥さんが家族で切り盛りする、シーフード系フィリピン料理店。
海辺の最高の立地で、雰囲気は満点。雰囲気だけでなく、日本では高くてなかなか手を出せないふんわりと白身で美味しい蒸しハタや、 新鮮なイカやスマの刺身など、皆さんの舌と胃袋を大満足させること間違いなし!

ランタウ
フィリピン・タイ・インドネシア料理にパスタなどをそろえる多国籍料理店。
ここで唯一建物の2階にあるレストランで、モアルボアルの海を一望できる好立地。
料理は、本格的なチキングリーンカレーや、スパイシーなイカのサラダなど、 味については、食いしん坊の勝が太鼓判を押します!

ホットチリ
「チェコ人のマネージャーが就任してパワーアップ。
美味しいステーキや、バースタイルのジャンキーなピザ、女性の顔サイズはあるかと思うハンバーガーなど、味とボリュームを兼ねそなえたバーに生まれ変わりました。」


●マッサージ●
とおりに【マッサージ】とお誘いをかけるおばちゃん達が部屋に来てやってくれます。
1時間400ペソが目安で、オイルとドライの二種類。お気に入りを見つけてみて下さいね。

基本情報

トラベルメモ

国名 フィリピン共和国
首都 マニラ
最寄の空港 セブ - マクタン空港
ビザ 30日以内なら不要。ただしパスポートの有効期間が「滞在日数+6ヵ月間以上」あることが望ましい。
時差 日本-1時間
気候 ベストシーズンは3~4月。8~12月中旬は雨季、12~7月は乾季、8~9月は台風の影響を受けやすいが通年を通して楽しめる。
平均気温 26~30℃
平均水温 26~28℃
適正スーツ 3~5㎜ウェットスーツ
透明度 ★★★☆☆
言語 公用語はタガログ語、空港、リゾートでは英語を話せる人も多い。
電圧 220V、60Hz。プラグはA、C、Oタイプ。
通貨 フィリピンの通貨単位はフィリピン・ペソ(P)。P1≒2.1円(2019年5月現在)。
両替 両替は空港
チップ ポーターには荷物1個につき20ペソ。タクシーは料金の10%、レストランでサービス科が含まれていない場合は請求額の5~10%が目安です。
その他 セブ島の西海岸にあるモアルボアルは、古くからヨーロピアンダイバーに愛されてきた穴場エリア。圧巻の"イワシトルネード"、ペスカドール島のサンゴ礁と地形スポット、さらに沿岸のスポットも充実していてバリエーション豊富な海を楽しめる。

行き方

行き

日本
各地空港(成田/羽田/中部/大阪/福岡)
フィリピン航空にて出発
直行便の場合はセブまで約5時間
経由便の場合はマニラまで約4時間+セブまで約1時間のフライト
(マニラ空港)
経由便の場合はマニラにて乗継
セブ空港
送迎車にてモアルボアルへ
約3時間

帰り

セブ空港
送迎車にて空港へ
(マニラ空港)
経由便の場合はマニラにて乗継
日本
各地空港へ(成田/羽田/中部/大阪/福岡)

補足

MAP

2019年11月 Area Ranking

  • 第1位 バリカサグまでボートで30分!!最高の立地で最高のダイビングを!

  • 第2位 ベストスポット!ダイビングの王道 パラオ!

  • 第3位 ベストシーズン到来!9つの美しい島からなる『シミラン諸島』

  • 第4位 海外ダイブサービス部門2019年第1位!モアルボアル

  • 第5位 安定の大物ダイブサファリ!!モルディブ・アイランドサファリロイヤル♪

  • 第6位 ダイバー天国!!セブ島・最先端!リロアン マリンビレッジ!!

  • 第7位 マンタが躍る!ヤップ!

  • 第8位 魅力いっぱいのラパスの海を、思いっきり体感しよう!!!

  • 第9位 4日間から楽しめる海外ダイビング! 【アニラオ】

  • 第10位 ホホジロザメを見たいなら『グアダルーペ』へ!!

We スタッフ一押し!エリア

  • アニラオ

  • バンダシー

  • キンべ

  • ロタ

  • 南アフリカ

  • ラヨーン

PAGE TOP