ボホール フィリピン

ボホール Bohol

フィリピン・ボホールってどんな所?

のんびりとダイビングに没頭!ダイビングスタイルも豊富!
セブ島の南隣の島・ボホール島。ここでは「魚群に囲まれたい」「マクロをじっくり撮影したい」というダイバーの2大欲求を満たすことができる! また、ダイビングに最大集中できる環境が整ったダイビングサービスが一体化したリゾートでのんびりと、とことんダイビングが楽しめるのも魅力だ。新レストランがコロナ禍前にオープン皆さんの利用を待ってます!

◆◆オススメポイント◆◆
●大物狙いのボートダイビング
リゾートからものの30分ほどで到着するバリカサグ島。ここには、ギンガメアジやバラクーダが群れをなすビッグポイントが密集している。ワイド派にはもってこいのポイント!

●マクロ派大絶賛のハウスリーフ
ボホールの魅力の一つはリゾート目の前に広がるハウスリーフ。カメラ派・マクロ派大絶賛の「おもしろマクロワールド」。海底環境もサンゴ・ショートドロップオフ・ガレ場などバリエーション豊富で飽きのこないハウスリーフだ。ポイントまでは名物の「イカダ」で1~2分!

●日本人オーナーの隠れ家的リゾート
日本人オーナーが日本人のために設計したリゾートで、ダイビングはもちろん、のんびりとしたリゾートライフまで楽しめる。日本人スタッフのガイドでダイビングも安心!

水中写真家 鍵井靖章のボホールはこちらから ≫
水中写真家 古見きゅうのボホールはこちらから ≫

水中カメラマン古見きゅうのおすすめポイント

どんなところ?
リゾートのコンセプトは「食う・寝る・潜る」。ダイビングからのんびりとしたリゾートライフまですべてこのノバで完結できる。煩わしい移動などもいっさいなし。リゾート目の前から海に出て、帰ってきたら真水のプールで寛いで食べて寝る。ダイバーにとってはこの上ない環境がここにはある
ココに注目
個人的に特にお気に入りなのがノバリゾートのハウスリーフ。基本的に朝食前に潜ることが多く、リゾートの目の前からイカダに乗りどんぶらことエントリー。この感じがタマラナイ。
こう遊べ
ノバの夜は気持ちがいい。波の音、海からの風、ヤシの葉の音。全てが程よく心地いい。満点の星空の下「ノバとはこちらの言葉で新しい星という意味なんです」と教えられた。翌朝早朝のダイビングを終えて、波打ち際を歩きリゾートに帰る僕の足元にも新しい星が輝く。そんた滞在を楽しむのがノバスタイル。
ポイント
バリカサグはカメたちの楽園とも言える場所だ。エントリー直後から僕の目の前をカメたちが何度も何度も行ったり来たり。アオ、アオ、アオ、アオ、タイマイ、アオ、タイマイ・・・。といった具合に絶え間なく現れる。追いかけっこをしたり、ぼーっとしていたり。時には寝ていたり、突然怒りだしたりと、カメたちの生活ぶりもじっくり観察しているとじつに面白い。

ボホール ツアー情報

ダイビング情報

バリカサグへ30分でアクセス。ハウスリーフも充実!
♦バリカサグにたくさん潜れる
フィリピンNo.1のダイビングポイントと言われるバリカサグでは、ギンガメアジやバラクーダの群れ、美しいサンゴ、ソフトコーラル、トウアカクマノミのファミリーなど、無数の魚やサンゴが見られる。このバリカサグまでボートでたったの30分でアクセス可能!誰よりも先にエントリーできるかも?!
※バリカサグ遠征にはCカードの両面コピーが事前提出が必須です。
バリカサグダイブの規制強化のお知らせ
♦ハウスリーフでダイビング三昧
ノバビーチクラブ前のハウスリーフは水深が浅く、潮の流れもないので、ダイバーのレベルを問わずリラックスしてダイビングが楽しめる。一面に広がる手つかずのサンゴ礁から、スパインチークアネモネフィッシュ、カニハゼ、ニチリンダテハゼ、オドリハゼ、ジョーフィッシュまで、驚くほど多くの数や種類の生き物に出会えるのがうれしい。ポイントがリゾートの目の前なので、早朝や午後の3本目に気軽にエントリー可能!
♦1日3~4ダイブが可能
早朝1ビーチダイブ。午前中に2ボートダイブ(ポイントにより午前から午後)。午後からは、追加ダイビングが可能。ポイントまでの移動時間が短くて、全体に潮の流れも弱く水深は浅め。しかも至れり尽くせりの「お殿様&お姫様ダイビング」なので、1日4ダイブも楽々!
♦5日間のツアー代金に9ダイブが含まれる
Weのボホール5日間ツアーは最大9ダイブ(6ボートダイブ+3ビーチダイブ)。もちろん延泊も可能。この驚きのコストパフォーマンスは魅力的!

新型コロナウィルス対策について
2020年3月24日現在の情報をご案内します。


ダイビングサービス
リゾート一体型の日本人ダイブショップ
Weのボホール・ツアーはノバビーチリゾート利用で安心!!

♦質の高いトータルサービスを実現
ノバビーチリゾートはダイビングショップと海辺のリゾートが一体化した理想的なダイバーズリゾート。ホテルとショップ間の移動がないばかりか、目の前のビーチからボートが出港、ハウスリーフダイビングも楽しめる。
♦日本人ガイドが常勤
必ず日本人のダイビングガイドが常勤。スキルやその日の体調など、いつでも気軽に相談できる
♦すべてのダイビングにガイドがつく
ボートダイブ、ハウスリーフダイブともに、全てのダイビングに日本人ガイドまたはプロフェッショナルな専任のローカルガイドが付いて海の中をご案内。
至れり尽くせりの"お殿様&お姫様ダイビング"
ダイビング専用ボートにボートキャプテンの他にボートマン、1名以上のダイビングガイドが乗船してダイバーのケアに当たっている。器材運びはもちろん、セッティングからエントリー・エグジットのお手伝いまで、キメの細かいサービスが自慢。年齢や体力を気にせずにリラックスしてダイビングが楽しめる。
お一人様参加可能!
お1人様参加、シングルダイバーも安心してご参加できる

オプショナルダイビング
♦オプショナル金額    1ダイブ価格
・1ハウスリーフビーチ(イカダ) 1200ペソ
・1パングラオ南ポイント(ボート) 1700ペソ
・1バリカサグポイント(ボート) 4000ペソ
♦ポイント変更によるダイビング費用の追加代金
・2ボートダイブをパングラオ島周辺リーフから他のエリアへ変更する場合
バリカサグ2ボートダイブ:3000ペソ(2名様~)
パミラカン2ボートダイブ:4000ペソ(3名様~)
※上記料金に12%のVATタックスがかかります。
・1ビーチダイブを1ボートダイブに変更   
ハウスリーフ1ボートダイブ:500ペソ
※上記料金に12%のVATタックスがかかります。

ダイビングリゾート
ノバビーチリゾート滞在で快適ダイビング
ノバビーチリゾートはパングラオ島の南西海岸、ホヨホイビーチに面した小高い丘の上にある海辺の小さなリゾート。緑に囲まれたプライベートな雰囲気や目の前の生き物豊かなハウスリーフに病み付きになるダイバーも多い。 

オススメする理由!
1.海と自然に囲まれたプライベート感が気持ちいい
2.天然素材で造ったこだわりの施設
3.日本人スタッフが常勤
4.アットホームなスタッフ

新レストランがオープン!!
新しいレストランがオープンしました!
(2019年6月)

1階はリピーターのお客様からお預かりした器材を置くスペースになっていて2階はダイバーには嬉しいウエットスーツのまま入れるレストランです。休憩スペースもきちんとありこれまで以上に滞在しやすくなりました。ダイビングショップも併設しております。

詳細ブログはこちらをクリック!!

ノバビーチリゾート スタッフ紹介
陽気で明るいフィリピン人スタッフと、経験豊富な日本人スタッフが快適なリゾート滞在だけでなく、ボホールの空港及び港への送迎をはじめ、ボホール島での観光やアクティビティーのお手伝いをします。
フィリピン人ローカルスタッフは恥ずかしがりですが、とても陽気で気のいいスタッフですので、リゾート内で気軽に声をかけていただければと思います。

併設のダイブショップには日本人インストラクターが常駐しているのでボホールの海を楽しみたい認定ダイバーは勿論ですが、全く経験がない人でも安心してボホールの海中世界を楽しむことが出来きます!!

ダイビングムービー
【世界の海情報番組 9CHANnel】#011 フィリピン ボホール島編


★鍵井靖章氏 バリカサグ ジンベエ!!


★ノバビーチリゾート ギンガメトルネード
 

今日の大当たり、ギンガメアジ数千匹の群れ。

Nova Beach resortさんの投稿 2014年11月7日金曜日

観光情報

アロナビーチ散策 
アフターダイビング&観光も充実!!
ノバビーチから車で5~10分のところにある美しいビーチ。ビーチ沿いにお店が立ち並びヨーロッパ系の観光客で賑わいをみせる。夕日を見ながらビーチ沿いでの食事やマッサージなども楽しめる。

チョコレートヒル&ターシャツアー
チョコレート・ヒルという呼称は、丘を覆う緑の草が4~6月の乾期に、チョコレート・ブラウンに変わることに由来。それだけに展望台からの眺めは日光の具合で無気味にも幻想的にも見え、なんとも不思議な感覚に包まれます。実際にその時期の眺めは、無数の巨大なチョコレート・ドロップを敷きつめたように見える。

チョコレートヒルから約30分でターシャと会える!!
小さい体にクリクリとした可愛らしい目が特徴的なおサルさんに会うことができる!


現地支払:3,000ペソ (1名様時 +2,000ペソ)

ターシャと対面
チョコレートヒルから約30分。小さい体にクリクリとした可愛らしい目が特徴的なおサルさんに会うことができる!
現地支払:ターシャ観光1名2500ペソ
    (1名時+1200ペソ追加)

フロートレストラン
船上レストランにて豪華なランチを。生ライブを聴きながらゆっくりと進む船で、ビュッフェタイプの食事を楽むことができる。川を下る途中で地元の女の子達のダンスなども見学。
※オプションツアーとなります。詳しくは現地でお申し込みください。
 

基本情報

トラベルメモ
国名 フィリピン共和国
首都 マニラ
最寄の空港 ボホール・タグビララン空港
ビザ 30日以内なら不要。
パスポート有効期限は「滞在日数+6ヵ月間以上」必要。
時差 日本-1時間
気候 雨季と乾季の明確な区別はなく、年間を通してかなりの降雨量がある地域。夕方のスコールには要注意。
平均気温 33~36℃
平均水温 25~29℃
適正スーツ 3~5㎜ウェットスーツ
透明度 ☆☆☆☆
言語 公用語はフィリピン語(タガログ語)。
英語は広い範囲で通じる。
※ノバビーチリゾートでは日本人スタッフもしくは、片言の日本語を理解するローカルスタッフが常駐してますので、気軽にお声かけください。
電圧 220V、60Hz
プラグはAタイプ(希にB3、C、Oタイプ)
通貨 フィリピンの通貨単位はフィリピン・ペソ(P)
P1≒2.7円(2021年12月現在)
両替 空港内の銀行/ホテルのキャッシャー/市内の銀行や両替商
※ノバビーチリゾート内でも円⇒ペソに両替可能
チップ ◆空港、ホテルのポーター:荷物1個につき10ペソ
◆タクシー:料金の10%目安
◆レストラン:金額の5~10%が目安(※サービス科が含まれていない場合)
その他 セブ島の南東に浮かぶボホール島は、フィリピン屈指のダイブエリア。特に潜りたいのが、バリカサグ島やパミラカン島周辺のスポット。
バリカサグ島ではギンガメアジの大群、フレンドリーなウミガメ、そしてパミラカン島は手つかずのサンゴ礁に群れるパープルビューティーに癒される。

行き方
行き
日本 各地空港(成田/羽田/中部/大阪/福岡)
フィリピン航空にて出発
マニラまで約4時間のフライト
マニラ空港 マニラにて乗継
国内線で約1時間
タグビララン空港 送迎車にてボホール リゾートへ
約30分
帰り
タグビララン空港 送迎車にて空港へ
約30分
マニラ空港 マニラにて乗継
日本 各地空港(成田/羽田/中部/大阪/福岡)
 

補足
Weでは東京、大阪、名古屋、福岡発着の快適なツアーをご用意しています。
ご予約、お問い合わせお待ちしております。

MAP

オーシャンジェット
セブからボホールに向かう際はオーシャンジェットにてボホールへ向かいます。
エントランス内は売店、トイレ、テレビあり。
船内は移動販売もあり、最後尾にトイレあり。

お客様の声

S.M様 – 2019.5.7

ボホールダイブ良かったです。無事バリカサグも行けました。ありがとうございました。

rate10 rate10 rate10 rate10 rate10
E.K様 – 2019.5.24

おかげさまで、とても楽しく過ごすことができました。

rate10 rate10 rate10 rate10 rate10
H.Y様 – 2019.5.17

ジンベイ出ました。感動しました!

rate10 rate10 rate10 rate10 rate10
N.Y様 – 2019.5.13

ジンベイさんとダイビング中にで出会ったのは、初めてでチョー感動しました。本当にありがとうございます

rate10 rate10 rate10 rate10 rate10
H.H様 – 2019.3.7

リゾートのサポート、食事、スタッフ吉良し!ありがとうございました。

2022年7月 人気エリア ランキング

We スタッフ一押し!エリア

ボホール
ボホール
下田-ドルフィンダイビング-
下田-ドルフィンダイビング-
ロタ
ロタ
パラオ
パラオ
グアダルーペ
グアダルーペ
バンダシー
バンダシー