TaoThailand

ビックブルー

タオ島滞在ダイビングの特長

その1  リゾート目の前のビーチから出発で楽チン
ダイビングボートがショップ目の前のサイリービーチから直接出航できるため、クルマで港まで行く手間が要りません。その分、他のショップより30分ほど早くポイントに到着できます。朝一番乗りすると、他のダイバーがいないので魚影も濃さにビックリ、なんてことも。
その2  最大4艘のボートをフル稼働し、タオを縦横無尽
ビッグブルーは通常で3艇、夏のピーク時には4艇のダイビングボートがスタンバイ。タオ周辺にはボートで5~40分圏内に30以上のポイントが散らばっていますが、レベルや目的に合わせた少人数制でダイビングが可能です。
その3  アフターはゆったりリゾートライフ
Weのタオ滞在ツアーで利用するビッグブルー・リゾートは、タオのメインビーチ「サイリービーチ」に面した絶好のロケーション。のんびりするのもいいし、レストランやお店にも行きやすいのが魅力です。もう1件のコタオ・カバナ・リゾートは、高台にあり、ビーチと岩場の眺めが絶景。

タオ滞在のダイビングスタイル

この水域を熟知しこよなく愛しているガイド陣がタオ島の海を最大の演出でお見せします。
ビッグブルーでのファンダイビングは完全少人数制となっており、カメラ派ダイバーやブランクダイバー等、お客様のニーズに合わせたチーム編成を行ないます。

ボートダイビングが基本となり、ショップのあるサイリービーチから出港するため港まで移動する必要がなく、ポイントまでの所要時間が10~40分と近いので気軽にファンダイビングに出掛け、潜り終わるとすぐに島に戻れるのもメリットです。

ダイビングの本数は日中に3~4本、またトウアカクマノミのハッチアウト等ナイトダイビングの開催がある場合には1日最大5本のダイビングをすることもできます。もちろんスケジュールにあわせて午前のみ・午後のみといったダイビングも可能です。また、ほとんどのポイントにブイが設置してあり、潜降はブイに沿って潜ることができるので初心者でも安心です。

バンザイ号


ビッグブルーではエリアで最大級のダイビングボートMV / BANZAIを利用しています。全長25m、3階建ての巨大な船体にはダイビングの為の設備が満載されています。

1Fは広々としたダイビングスペースで、水面とほぼ同じ高さのプラットフォームからエントリー・エキジットでき、トイレ2室、真水シャワー、真水カメラ水槽などの設備があります。飲料水、コーヒー、紅茶、スナック、フルーツなどをご用意しています。

2Fは日陰になっている快適なくつろぎスペースがあり、ドライエリアには荷物置き場や作業台があります。 



3Fは広々としたサンデッキで南の島の陽射しを浴びて気持ちよくお昼寝を。

ダイビングの出発/帰港時間

午前のダイビング
出発 6:20~6:30 – 帰港 11:30
チュンポンピナクルやサウスウェストピナクルなどスケールの大きな深場のポイントを絡めた2ダイブで群れや大物を狙います。
午後のダイビング
出発 12:40~50 – 帰港 17:00
島の近くの浅場のポイントで2ダイブします。体験ダイブや講習はもちろん、本格的なマクロ撮影や生態観察もじっくり楽しめます。
ナイトダイビング
出発 18:00 – 帰港 20:00
島の近くの浅場のポイントで1ダイブします。トウアカクマノミのハッチアウト(孵化)など生態観察のプログラムもあります。
フルデイトリップ
出発 06:50 – 帰港 16:30
魚影の濃さNo1のセイルロックへ朝食と昼食を船上で取りながらゆっくり1日かけて3ダイブ、タオ島の海を潜り尽くす企画です。
*出発時間・帰港時間は海況等により変更する可能性あり
*ナイトダイビング・フルデイトリップは不定期開催

CHABAの紹介

スタッフが日本人なのはもちろん、オーナーも日本人で、タオ島を思いっきり楽しんでもらいたい!というコンセプトのもと作られた日本人ダイバーのためのダイブショップがビッグブルーのタオ島店、通称:Chabaです。(※Chabaとはタイ語でハイビスカスの花の名前)

日本人スタッフが約10名ほど常駐しており、ダイビング教材・魚図鑑・ダイビング雑誌まで、完璧な日本語環境を揃えています。PADIとSSIのコースも開催しており、ダイビングポイントのガイドは勿論アフターダイブや島の楽しみ方のご紹介についてもすべて日本語での対応が可能です。


もともと生えている木をいっさい切らずにデザインされたタオ島らしい自然と調和した空間です。

タオ島のメインビーチのサイリーの真ん中に位置しているためダイビングへのアクセスの良さはもちろん、アフターダイブもタオ島の魅力を目一杯楽しめるロケーションです。

PAGE TOP