LembehIndonesia

ダイビング情報

ダイビングポイント

1)パンテケチル、2)ポリスピア、
3)ヌーディーフォールズ、4)ジャヒア、
5)レタックラリー(ラリークラック)、6)ヘアボール、
7)シップレックマワリ、
8)レンベリゾートハウスリーフ、9)パンタイパリギ
 

ポリスピア
幻の魚バンガイカーディナルフィッシュが棲息するポイント。
水深5mの浅瀬のイソギンチャクに集団で棲息している。サイズの大きいオスは
口内保育をしているかもしれないので、注意して観察してみると良い。
透明度は悪く、沈澱物を巻き上げるので、フィンキックには注意。深度を下げると、
オオモンカエルアンコウやミナミハナイカなどが見られ、点在する根には様々な幼魚が隠れている。
ヌーディーフォールズ
名前のとおりウミウシの多いポイント。水深25mあたりのソフトコ-ラル群周辺では
タコ、カニ類やクジャクベラの仲間などが見られる。浅瀬ではキハッソク、
ピグミーシーホース、ナンヨウツバメウオやチョウチョウコショウダイの幼魚など、
ダイバーなら一度は会ってみたい生き物が多い。深場から浅瀬まで楽しめる。
レタックラリー(ラリークラック)
レンベ海峡の北の端にある湾内にあるポイント。
湾内は黒砂と泥の混じったなだらかなスロープが続いていて、水深13m辺りに
サンゴのガレ場がありニシキテグリが生息している。ヒゲハギ、ミミックオクトパス、
クカトゥーフランダーフィッシュ、アンボンスコーピオンフィッシュ、
クロコダイルスネークイール、カエルアンコウなどなど、珍しい生物の宝庫。
ヘアボール
ヘアリーフロッグフィッシュで有名なポイント。
がれき交じりの砂泥地形で、アケウスなどカニ類が見られる。

ほかにも・・・

ビアンカ・ポイント
浅瀬のサンゴ周辺で、夕方~日没にニシキテグリの交接・産卵シーンを観察することができる。
数も多いため、比較的簡単に見ることができる。ウミウシの種類も豊富なポイント。

アエル・プラン
ミミックオクトパス、ミナミハナイカ、ゼブラバットフィッシュの幼魚、サラサハタの幼魚、オオウミウマなどが見られる。
アエル・プランはインドネシア語で「給水場」という意味。

エンジェルズ・ウィンドゥ
レンベ島側のポイントで、小さな洞窟や切り立った壁沿いなど、ワイド撮影が楽しめる。
色鮮やかなクマノミやウミウシなどが多くみられるほか、ピグミーシーホースなども見ることができる。

ジャヒール
色違いのカエルアンコウのほか、レアなタコが豊富なポイント。
ミミックオクトパスやココナッツオクトパスなどが見られるほか、ハゼの種類も豊富。
マックダイブファンに人気

PAGE TOP