DIVING

コースコード

[PPSSP07KIX]

関西発 フィリピン航空 トゥバタハリーフ 最大17ダイブ付 7日間

【世界遺産】トゥバタハダイブクルーズ パラオスポート利用 最大17ダイブ付 7日間

  • ハウスリーフが充実
  • 大物狙いスポットあり
  • ダイブクルーズ

WTPスタッフのおすすめポイント

今年もGWの限定企画・トゥバタハクルーズの販売を開始致しました。
毎年、好評のクルーズをチャーターいたしましたのでお早めにお申込下さい!!
 

検討リストに追加

  • 関西発 フィリピン航空 トゥバタハリーフ  最大17ダイブ付 7日間1
  • 関西発 フィリピン航空 トゥバタハリーフ  最大17ダイブ付 7日間2
  • 関西発 フィリピン航空 トゥバタハリーフ  最大17ダイブ付 7日間3

エリア情報

フィリピンのパラワン島、ネグロス島、ミンダナオ島に囲まれたスールー海。周りを360度海に囲まれているため、ここを潜る唯一の手段はダイブクルーズ。この海の狙いはずばり、トゥバタハリーフ!

↓オススメポイント↓

世界遺産のサンゴ礁・トゥバタハリーフ
スールー海のほぼ中央に位置するトゥバタハリーフは、貴重なサンゴが群生する海域として1993年世界遺産に登録され手厚く保護されている。数々のダイブスポットを擁するフィリピンで古くからベストの中のベストといわれるダイブスポット。

期間限定、行けるのは年間3ヶ月間のみ
スールー海でボートが出られるのは3月中旬から6月中旬までのわずか3ヶ月間。残りの9ヶ月間は、季節風により閉ざされてしまう。日本からそれほど遠くはないが、ボートの数も限られるためなかなか行けないスポットとして注目されている。期待を裏切らず、世界各地を知るプロ水中写真家もその凄さには舌を巻く場所なのだ。

限定ツアーのためお申し込みはお早めに
世界中の通なダイバーに人気スポットのため、ほとんどのボートは早くから欧米人に抑えられてしまう。Weではネットワークを生かし、毎年数艇のボートをキープ!

越智隆治のトゥバタハリーフ はこちらから ≫

スケジュール

スケジュール

旅程内容 宿泊地 食事
1日目 PR431にて関西空港を出発(09:55)
マニラ空港到着(13:30)
PR2787にてマニラを出発(18:05)
プエルトプリンセサ到着(19:15)
送迎車にて港へ
オリエンテーション後出港
クルーズ 朝:-
昼:機内
夕:○
2日目

6日目
終日、ダイビング
1日4ボートダイブをお楽しみ下さい
(最終日は1本になります)
クルーズ 朝:○
昼:○
夕:○
7日目 朝食後、下船
送迎車にて港へ
PR2782にてプエルトプリンセサを出発(07:20)
マニラ空港到着(08:35)
PR408にてマニラを出発(14:25)
関西空港到着(19:15)
お疲れ様でした
朝:○
昼:-
夕:機内
  • 関西発 フィリピン航空 トゥバタハリーフ  最大17ダイブ付 7日間1
  • 関西発 フィリピン航空 トゥバタハリーフ  最大17ダイブ付 7日間2
  • 関西発 フィリピン航空 トゥバタハリーフ  最大17ダイブ付 7日間3

利用条件

発着地 関西
旅行期間 7日間
利用ホテル
利用航空会社
フィリピン航空
食事
朝6回 昼5回 夕6回(機内食除く)
添乗員 無し(現地係員がお世話いたします)
最小催行人員 12名
子供割引 料金有り(お問い合わせください)
出入国諸税
関西:3,040円
プエルトプリンセサ200ペソ(現地清算)  
マニラ空港税(国際)1.500円
マニラ空港税(国内)600円
 
備考1 【事前座席指定】
通路側をご希望の場合は、1セクターにつき300円別途料金が発生いたします。
また、手配手数料1,000円を別途頂戴いたします。
例:
往復直行便の場合 300+300+1,000=1,600円
往復経由便(成田-マニラ-セブ)の場合 300+300+300+300+1,000=2,200円
直行便と経由便の場合 300+300+300+1,000=1,900円
※座席指定は発券時に可能となります。
※一部セクターのみの指定も可能です。
※窓側をご希望の場合は、追加代金なしで承っております。

【受託預け荷物・機内持ち込み荷物(エコノミー)】
○国際線
 ≪受託預け荷物≫
 重量・個数制限:23kg以内/2個まで無料
 大きさ制限:3辺の和(縦・横・高)が158cm以内
 ≪機内持ち込み荷物≫
 重量・個数制限:7kg以内/1個まで無料
 大きさ制限:3辺の和(縦・横・高)が115cm以内
○国内線
 同日乗り継ぎの場合は国際線の規定に準じます。
 (スルーチェックインできるかどうかはカウンターにて確認要)
 ※24時間以上の乗り継ぎの場合は、重量・個数制限が10kg以内/1個まで無料(受託預け荷物)
詳しくはこちらをご確認下さい 

【オンラインチェックイン】
フライト出発時間の24時間前~1時間前までオンランインチェックインが可能です。
詳しくはこちらをご確認下さい
 
備考2

*料金に含まれるサービス :スケジュールに記載の内容

*料金に含まれないサービス:スケジュールに記載していないサービス、空港税、現地税。その他個人的な諸費用

燃油サーチャージ

2018年9月1日 出発から 8,000円

※ご予約後に利用航空会社より燃油サーチャージが増額された場合には、不足分を追加徴収させて頂きます。また、減額された場合には速やかに減額分をお客様へ払い戻し致します

注意事項

*お申込みの際は必ずこちらをご覧ください。 《募集型企画旅行》

*パスポートの残存有効期限の不足及び査証の不備等は当社としては責任を負いかねますのでご了承ください。
パスポートの残存期間はこちらでご確認ください。
査証(VISA)に関しましてはお客様でご確認いただくかお問合せください。

*訪問先の安全情報に関してはこちら、衛生情報に関してはこちらでご確認ください。

*個人情報の取扱いについてはこちらをご覧ください。

トゥバタハリーフ ダイビング情報

  • 豊かな生物層を誇る屈指のスポット11-1

豊かな生物層を誇る屈指のスポット

パラワン島の州都プエルトプリンセサの182km南、スールー海の中央に位置するトゥバタハリーフ。海底1000mから南北2つの環礁が隆起し、300種のサンゴ、380種の魚が棲息する豊かな生物層を誇るスポット。
大物はマンタ、ハンマーヘッド、ナース、ギター、ブラック&ホワイトチップなどのサメ類、ウミガメ、ギンガメ、ナポレオン、バラクーダ、ロウニンアジなど。拠点となるプエルトプリンセサ周辺では、しばしばジンベエやジュゴンが目撃されている。1980年代には国立海洋公園に指定され、1993年には世界でも希に見る豊かな海としてUNESCOの世界遺産に登録。現在はレンジャーによって手厚く守られており、釣りやジェットスキーなど、環境にダメージを与える行為は禁止されている。

  • 点在するポイントをクルーズで網羅11-2

点在するポイントをクルーズで網羅

水路で隔てられたサウスリーフ、ノースリーフと呼ばれる2つの環礁の周りに、ポイントが点在。サンゴが茂るリーフと、ストンと落ちるドロップオフが基本で、ドロップオフの壁にはケーブやクレバスなど起伏が楽しめる。リーフの外側を流れに乗ってドリフトし、リーフの棚でエキジットするのがここのスタイル。

パラワン島のプエルトプリンセサから南下するのが一般的で、近い順にJessie Beazley、ノースアイランド、サウスアイランド。大まかな特長としてはノースアイランドはサメが多く、サウスアイランドはウミガメや沈船、マンタポイントがある。場所によってはブイが設置されているが、ポイント名や潜るエリアはボートによって異なる場合もある。

検討リストに追加

関連コンテンツ

定期配信のおすすめ情報を受け取る

ツアーお問い合わせ

348,000~368,000

【世界遺産】トゥバタハダイブクルーズ パラオスポート利用 最大17ダイブ付 7日間0

【世界遺産】トゥバタハダイブクルーズ パラオスポート利用 最大17ダイブ付 7日間

検討リストに追加

  • Twitter
  • facebook

PAGE TOP