【マクロの宝庫】アンボン

2017年6月9日(金)

最近ようやく知れ渡ってきた【アンボン】
とはいえまだまだ知名度が低い場所かと思います。
そこで本日は皆さまに知られざるアンボンの魅力をお知らせいたします☺
まず・・・・・
アンボンってどんな所?
アンボンはインドネシアの首都ジャカルタから北東へ約2300kmにあるマルク州の州都になります。
パプアニューギニアとスラウェシ島の間に位置し、モルッカ海、セラム海、バンダ海、ティムール海、アラフラ海に周りを囲まれている島になります。
アンボン島は古くからマルクの経済や交通の中心として栄えてきた港町で、特にクローブ、ナツメグやシナモンなどの香辛料の輸出貿易は盛んで、スパイスアイランズとも呼ばれます。
島の広さは佐渡島と同じぐらいの広さ

島にはダイビングショップが4店しかなく、海はまさに手付かず。少々前に新種のカエルアンコウ【サイケデリックフロッグで注目されたことでも有名。

ただこの新種のカエルアンコウだけでなく、多種多様な生物層、カラフルな海底景色が広がる。
インドネシアのレンベが好きなダイバーには間違いなく虜になる海です✌
そしてアンボンはマクロだけでしょ???と思っている方!!!
実はアンボンはワイドも楽しめます✌
アンボン湾と合わせてバグアラ湾&アウターリーフとのコンビネーションで潜っていただくのがおすすめです💘

 
アンボンの湾内ダイビングはすぐそこ!!!
トウアカクマノミ、オオモンカエルアンコウ、クマドリカエルアンコウ、スパインチークアネモネフィッシュ、コールマンシュリンプ、アオスジテンジクダイ、アカシマシラヒゲエビ、オトヒメエビ、ウミウシカクレエビ、コブシメ、ミナミハナイカ、ヒゲニジギンポ、ファースアイパッファーフィッシュ、コノハガニ、セムシウミウサギガイ、ミヤケテグリ、レイシースコーピオンフィッシュ、フリソデエビ、サキシマウミウシの仲間などなど本当にマクロ天国!!!🦀🐙🦐



アウターリーフの<ALFA BAR >はお勧め😎
大きな洞窟のポイントで、穴の入り口には、魚群がお迎え、穴を潜って、エアードームに行けば、鍾乳洞が頭上に。
そしてその下の世界をまるで宇宙のような輝きが!!!💫
ダイナミックな地形にソフトコーラルやイソバナ、フトヤギ、キサンゴなど色とりどりの珊瑚が水中の世界を鮮やかに
しています。


 

 

 
とアンボンはポイントもたくさん!!!😱

ダイビングマップでもこれだけのポイントが小さな島の周りに点在しています。💕💕💕
 
少し前に水中プロカメラマンの鍵井氏が取材に訪れてます。
そのときのレポートをぜひ見てください🤓
鍵井靖章のアンボンはこちら
 
つづいてWEお勧めのリゾートを2つ紹介✨✨✨
ダイブイントゥーアンボン(リゾート:マルクリゾート&スパ利用)

アウター遠征費用は無料!!!🎶
たくさんワイドな水中を見たい!!!という方にはありがたい👼
2013年からアンボンに拠点を置き、ダイビングサービスのマネージャー・カイ&バーブ夫妻がダイビングはもちろんリゾートステイもサポートしてくれる。
ビデオグラファーのカイ、フォトグラファーのバーブが魚の生態や撮影についてアドバイスしてくれる。
カメラルームも完備し、夜は鍵がロックされるので安心。



バグアラ湾に面し、バグアラ湾とアウターリーフへはリゾートから直接出航、
アンボン湾へはリゾートから15分の専用桟橋から出航。
どちらも遠征追加料金はかからないのが嬉しいポイントです💞


 
リゾートはダイビングショップ併設でウォーターフロントの美しい場所にあります。⛱
4つの独立したコテージ、2つのスタジオスイート、6つのスタンダードルームには、無料Wi-Fi、エアコン、専用バスルーム、ケーブルテレビ、温水が備わっています。
またリゾート内にあるスパニッシュアイランドスパはアンボンでの最初で唯一の豪華なスパです。
またオーシャンビューのプールも完備。
ダイビング後はレストランでビール、スパでマッサージ、プールサイドで日光浴などリゾート滞在を楽しめます🍻


 

 
 
マルクダイバーズ(リゾート:マルクダイバーズリゾート利用)

リゾート併設では無いが近くにあるため、歩いてもいける。
器材置場はショップの裏手にあり、器材やウェットなどは滞在中置いておける。また洗い場やカメラ置場、シャワーも小さいながらもコンパクトにまとまっている。


 
ボートは2艇所有。ダイビングショップ前がビーチの入り口になっている。🚤

基本は、ボートダイビングで1日3本。流れにのって、浮上後に船にピックアップしてもらうドリフトスタイル。ランチは船上でインドネシア料理をお召し上がり頂きます。(ポイントによっては、近くのビーチに上陸してのランチになります。)また、各ダイビングの合間には、コーヒー・紅茶、クレープやドーナッツなどのおやつが提供されます。🍩


 
アンボンのツアー詳細はこちらから
 
ツアーブックのご希望とお問い合わせはこちらからどうぞ!

最新情報 from WEゲスト♪

2010年2月9日(火)

1/30から未開の地『アンボン』へ行かれたお客様より、HOTなレポートが届きました!!
アンボンのリゾートも昨年の10月にリニューアルされ、まさにHOT💕
是非、次のデスティネーション選びのご参考に🎵🎵🎵

*********************************************************************************

2/5に無事帰国しました。
帰りのアンボンからジャカルタ行きの飛行機が1時間以上遅れたのですが😣、
他には特に問題もなく、いろいろな経験ができて、とても楽しかったです🎵
そしてダイビングは本当に楽しかったです😍
正直、想像していた海とは違っていましたが、またそれが新鮮に感じました。
もちろんお目当ての“Maluku Frogfish”も見られました。



この海は潜れば潜るほど、探したくなる海だと思います😑
また探せば探すほど、いろいろな魚を見つける事ができる、おもしろい海ですね。
初日の3本目はナイト🌙だったんですけど、これもまたなかなかおもしろかったですよ。

ゲストの方々は、アメリカ、ドイツ、スイス等さまざまで、英語のわからない私に対しても
親切に接してくれました。もちろんスタッフの方々も大変親切でした。
食事については、大食漢の方だとちょっと足りないかも・・・と思うんですが、
ダイビング中はあの位が丁度いいかもしれませんね。
とにかく人が少ない分、焦る必要がなく、のんびりできると言うのが最高です💕

ただ今回は湾内しか潜る事ができなかったのが、残念でした。
できれば外海を潜ってみたかったですね。それは次回の楽しみとしときます。

この海はもう一度潜ってみたい海の一つになりました。
とにかくじっくり写真を撮りたい、そう思います。

***********************************************************************************


2008年10月3日発 アンボン視察

2009年7月21日(火)

2008年10月3日より8日間の日程で、未開の地『アンボン』へ行ってきました。
5月~9月いっぱいまでは、雨季☔の為クローズしているので、興味のある方は10月以降🎵
バンダ海に面しているので大物から地形まで楽しめ、さらに湾内ではマクロの宝庫🍀で、飽きることなく楽しめる贅沢なポイントです。
日本人には、あまり馴染みの無い場所になるので、少しでも雰囲気が伝わればと思います💬
今までに無いダイビングポイントを求めている方!是非、エコリゾート『アンボン』へ。


http://www.wtp.co.jp/pdf/ambon/Diving_in_Ambon.pdf


ダイバーのためのWebマガジン“WEB-LUE”にも記載
水中プロカメラマンTONY WU氏のレポートはこちら⬇

http://www.wtp.co.jp/pdf/weblue/ambon.pdf



水中写真家TONYさんによるレポート(2008年10月取材)

2009年7月16日(木)



新しい生き物や未開の地を求めて

行ってみたいと思った事ある?

まだダイバーが足を踏み入れてない聖地。

「ダメージ」という言葉が似合わない珊瑚礁。

リッチな栄養分の海に生きる珍しい生き物たち。

こういう所、実際にあるんだ。

時差無く行けるトロピカルアイランドで

日本人ダイバーには知られていない特別な場所。

……それは、インドネシアのアンボン島。




PDFダウンロードはこちらから
http://www.wtp.co.jp/pdf/weblue/ambon.pdf

ツアー詳細はこちらから
http://www.wtp.co.jp/area/ambon/index.html#02


CATEGORY

MONTHLY ARCHIVE

ページ先頭へ