パラオスポートレポート

2013年6月19日(水)

世界遺産トゥバタハリーフも最終回を迎えました⭐
今回は日本人13名、外国人13名でトランシションクルーズに出発😃☀

■6/09(SUN)
眠い目をこすり、早朝05:30出発でアンダーグラウンドリバーへ。
車で2時間移動する山道は舗装され快適!世界遺産事務所についたら
パスポートコピーで本人確認をすませボート移動!ジャングルを10分歩いたら地底河川の
入り口に到着!10名乗りのボートにのり、何千匹もいるコウモリの洞窟を抜け
高さ45m~65mの大鍾乳洞見学。次々と現れる鍾乳洞は動物、野菜、食べ物に
みたて船頭が紹介。帰着後は1.5mのオオトカゲの写真撮影で終了。

■6/10(MON)
デルサンで2ダイブ、ブラックロックで2ダイブ。
南西風の影響で、デルサンはちょっと濁っていたけど、ブラックロックには
影響がなくGood。砂地では大きなマーブルレイが、まるでUFOのよう。

■6/11(TUS)
1本目、2本目と超レアなシャークレイ出現!
ゆっくりと泳ぐ2.5m級の大物をじっくり観察。どのチームもみれて大興奮!

■6/12(WEN)
レンジャーステーション2ダイブ、マラヤン2ダイブを満喫。
トゥバタハ最終日はギンガメ、バラクーダー、カメ、ガーデンイール等、
多くの魚種とすばらしいサンゴ礁との別れが淋しい。

■6/13(THU)
カガヤンシリオでシーファン畑のサブウエイとノースポイントでダイブ。
午後から強風と雨で3本目を中止してスミロンへ移動。ゲストはぐっすり睡眠!

■6/14(FRI)
スミロンで早朝ダイブ後、期待のジンベエザメダイブ!
7匹程のジンベエザメに魅了され、思い出の集合写真。
ラストダイブはスミロン島!マクロを堪能した後、ツバメウオ群、バラクーダー群に
見送られ終了。全クルーズが無事に終了した事を感謝致します😄





パラオスポートレポート

2013年5月27日(月)

旅行気分が旺盛になる5月!やっぱり海外旅行は興奮度アップでいいですね😄

Tubbataha 6th クルーズは日本人1名、外国人24名の合計25名でスタート!

■5/19(SUN)
本日は人気が高く予約が取れないアンダーグランドリバーへ。
『出発は5時!』世界遺産の巨大な地底河川をカヤックで進む気分は探検隊!

■5/20(MON)
初日は滅多に行かない激レアポイント『JESSIE BEAZLEY REEF』へ。
テーブルサンゴの下で眠ってるネムリブカをみたり、透明度も良く水温も温かく
気持ちイイダイビング!

■5/21(TUE)
シャークエアポートではギターシャークに遭遇。
しかもかなり大きいサイズで、ダイバーを威嚇する為か向かってくるくる!
Tubbatahaハイリピーターもここでは初めてと『大興奮!』

■5/22(WED)
マラヤンレックではドロップオフの棚上でギンガメアジ群を発見!
と思いきや猛スピードで去って行く!
沈船の周りではチョウチョウコショウダイ、アヤコショウダイの群れ等、
たくさん魚をウオッチング。

■5/23(THU)
南環礁エリアでは、天気も良く、波も穏やかで気持ち良いダイビング。
白い砂地とサンゴにハナダイ、まさに『トロピカルな海』
トリガーフィッシュシティではモンガラよりもカメが多く、ダイバーはHappy気分!


■5/24(FRI)
ブラックロックでは2メートル程ある大きなマーブルレイ!
ダイバーに囲まれ逃げ場がなくなり、周りをグルグル回りそのままブルーウォーターへ。

今回のトゥバタハリーフクルーズレポートいかがでしたか?🎵

6月のお勧めはジンベエザメが100%見られるオスロブ”楽園セブクルーズ”!

★ツアー情報はコチラをクリック★

★セブツアー情報はコチラをクリック★



パラオスポートレポート

2013年5月20日(月)

暖かい日が多くなり、いよいよ旅行シーズン到来。
今日はTubbataha 5th クルーズレポートです😊

日本人、アメリカ人、韓国人のインターナショナルなゲスト26名がご乗船!
出航時、エンジンの調整に時間を要し4時間遅れでいざ出航!

■5/12(SUN)
今日のランチは外食での「チキンBBQ」
こんがり焼けたチキンの香ばしい匂いがたまらない。
かぶりつくとその味はまさしく”ほっぺたがおちそう!”
B級グルメに舌鼓して23:30出航!

■5/13(MON)
世界遺産エリアではレアなジェーシービーズリーリーフへ。
東・南・西のリーフを潜り、残すは北側だけ?”笑”
どこも、タカサゴやハナダイがキレイに群れて、水中は別世界。

■5/14(TUE)
小さな小さなマーブルレイが、オーバーハングの白い砂地に着底。
またどこかにピュ~っと行ってしまう絵になる”美しい一コマ”

■5/15(WED)
夕方のウォールストリートは、少々流れがあるけど、カスミアジの群れが
一斉にウォールをかけのぼるシーンは大迫力!
ブルーがとてもキレイな”川の流れ”のよう。

■5/16(THU)
トリガーフィッシュの白い砂地。どこまでも続く枝サンゴの丘。
のんびり、まったり気分を楽しませてくれる。
その横にはたくさんのキヘリモンガラとゴマモンガラ!
・・・決して気を許せません!

■5/17(FRI)
ブラックロックでは、棚上にバラクーダの群れ!
1個体が大きいのでとても迫力があり、見応え充~分!!
もう、お腹いっぱい、”ゴッツァンです。”

5月になると旅行熱がグン~とアップ!6月は~ジンベエザメが100%見られるオスロブに
行くセブクルーズはいかがですか?
小旅行なら1クルーズ、のんびり旅行なら2クルーズ!思い思いの楽しみ方で受付中!

★ツアー情報はコチラをクリック★

★セブツアー情報はコチラをクリック★



パラオスポートレポート

2013年5月15日(水)

■5/4(SUT)
5/3日到着の日本人ゲストとパラワン島内観光へ。
織物工場やワニ園などを巡り、刑務所見学では囚人達が披露するショーDANCE!
このダンス、かなり完成度が高くてびっくり!

■5/5(SUN)
初日は北環礁でダイビング。
シャークエアポートではかなりな数のギンガメアジのトルネード!
全く逃げもせず、1本目から大物と群れに大当たりで大興奮。

■5/6(MON)
アモスロックでは1つのウミウチワに大きめなクダゴンベが4~5個体!
写真もバッチリとれ”ワクワク!”
その他、特大イソマグロにロウニンアジと大物も見られ幸せ一杯!

■5/7(TUE)
スタッグホーンコーナーでは強い流れの中でダイビング。
ビュンビュン流されている中、ツバメウオの大群が目の前に現れ、思わずカメラでパシャ!
イレズミフエダイもまとまって流れてくる。みんな いい写真撮れたかな~。

■5/8(WED)
最終日は定番のレンジャーステーションへGO!!
キレイな砂地にイキイキとしたサンゴのコントラストが素敵な一押しポイント。
ダイビングを楽しんだ後は、レンジャーステーションを見学してショッピングタイム!
み~んな、名残惜しそうに『Tubbataha』を後にしました。

★ツアー情報はコチラをクリック★

★セブツアー情報はコチラをクリック★


パラオスポートレポート

2013年5月9日(木)

ゴールデンウイーク後半をいかがお過ごしでしょうか?
遊び疲れた方にもこれから旅行される方にもHOTなフィリピンの話題をご案内。
絶海の秘境『Tubbataha 3nd Cruise』レポートです。

★TUBBATAHA 3rd cruiseはチャータークルーズ!★
今回は19名で、TUBBATAHAの海を楽しんできまーーーす!

■4/28(SUN)
TUBBATAHA出発前のチェックダイブはフェルトプリンセサ湾内。
拳ぐらいの大きさのある『デンドリティックジョ―フィッシュ』の巣穴を発見。
今日はお留守?

■4/29(MON)
ブラックロックでは、6匹のマダラトビエイとの遭遇。
そして、ダイバーに興味をもったのか『WELCOME』ターンを披露!
戦隊を組んでいる姿は、カッコイイものでした。

■4/30(TUE)
トリガーフィッシュシティの白い砂地で、レアな『イレズミフエダイ』を見ていると、
なんとテンスがユラユラ~。外洋には大きなマダラエイ、浅瀬にはマダラトビエイが

優雅に泳ぐシーンを楽しんだ満喫の一本。

■5/1(WED)
朝一からべた凪で透明度の良いマライヤンレック。
沈船ポイントの浅瀬には、モンツキカエルウオが巣穴から顔をのぞかせ、まるで
リズムにのったかのように、顔をふり『トロピカルな人生』を謳歌しているよう♪

■5/2(THU)
ギンガメアジの大群(ギンガメ玉)が、目の前をワサワサと急ぎ通り過ぎたかと
思うと、またワサワサと戻る。
ギンガメ達が大移動を繰り返すシーンはどこまでも続く『一面の壁』の世界でした。


そろそろ6月の旅行計画はいかがですか?100%ジンベエザメとダイブできる
オスロブをプラスした『NEW 4島周遊セブクルーズ』がお勧め!


★ツアー情報はコチラをクリック★

★セブツアー情報はコチラをクリック★


パラオスポートレポート

2013年4月30日(火)

■4/22(MON)
日本人8名、アメリカ人10名の総勢18名で北環礁へGO!
シャークエアポートではバラクーダの群れに遭遇。
さらに安全停止前にはカスミアジとギンガメアジの群れがドーンと一緒に登場!
大物づくしで大満足のダイビング。

■4/23(TUE)
アモスロックではロウニンアジ、グレーリーフシャークが捕食シーンを繰り広げ迫力満点。
逃げ回るクマザサハナムロとウメイロモドキの群れがキラキラとキレイ。
沖の方では大きな個体のキング.オブ.ザ.『 ブラックフィンバラクーダ』の雄姿。

■4/24(WED)
トリガーフィッシュシティはモンガラの繁殖時期! 
攻撃的なゴマモンガラやキヘリモンガラにドキドキしながらエントリー。
幸いモンガラたちはそれほど多くなく、白い砂地ときれいなサンゴを満喫。
パラオで200mの深場に生息する、レアな『イレズミフエダイ』がトゥバタハでは
砂地に4~5匹も!見とれてしまう程、きれいな個体!

■4/25(THU)
Tレックではオーバーハングの岩陰に大きなナースシャークがひっそりとかくれんぼ。

しかもその近くにさらにもう一匹隠れていてビックリ。
希少価値に興奮するゲスト達は写真撮りまくり。

■4/26(FRI)
最終日はレンジャーステーション周辺でダイビング!
白い砂地とサンゴのコントラストがキレイな癒しポイント。
ビュンビュン泳ぐマダラトビエイを追いかけていると、外洋にはバラクーダの群れ!

第二クルーズの全ダイブをバッチリ楽しんだゲストでした。

文句なしのトゥバタハクルーズですが、長期休暇が無理な方には『セブクルーズ』がお勧め!

★6月ツアー情報はコチラをクリック★

★セブクルーズはコチラをクリック★






トゥバタハリゾートレポート

2013年4月23日(火)

いよいよ!トゥバタハリーフトランシションクルーズのレポートの開始です。

TUBBATAHA 1st cruiseが スタートしました!
1st cruise は、☆お☆得☆な☆クルーズ!CEBUからTUBBATAHAへLet’s GO!!

4/14(SUN) 朝7:00、オスロブで大人気『ジンベイの捕食』を観察。
今にも吸い込まれそうなくらい、大きな口を開けてエビアミを食べている様は
かわいいの一言!あっちにも、こっちにもいて、満足度100%!

4/15(MON)
紫、赤、黄色の大きなウミウチワが果てしなく続く秘境ポイント『Sabway』
太陽の光のシャワーが水中でののんびり気分をさらにアップしてくれる。
コーナー付近では、天然モノの『ジンベエザメ』が現れ大興奮!

4/16(TUE)
シャークエアポートの棚上には、ギンガメアジの”塊”。
さすがにトゥバタハリーフの『ギンガメちゃん』は個体が大きく”迫力満点”!

4/17(WEN)
朝一、マライヤンウォールで、ふと外洋を見ると”な・なんとジンベイ様!”
思わず大声で叫び、みんな”早く、早く、気付いてよォ~”!!
そして、マライヤンレックのモンツキカエルウオ。時間を忘れて全員満喫!

4/18(THU)
目の覚めるような真っ白な砂地が広がり、透明度良好のトリガーフィッシュ。
太陽の光で自分の影が白い砂地に移り、何ともロマンチック♪

4/19(FRI)
今日は、ダイビングした後にレンジャーステーションを訪問。
ここでしか、買えない限定品『Tシャツ』をチョイス。
この広いリーフ上に政府のコテージがあるなんて、何とも贅沢な洋上ホテル?!

いかがでしたか?トゥバタハリーフ第一航海日誌!
またまだ間に合う!6月迄運航するトゥバタハリーフの旅にご予約下さい。

★5月ツアー情報はコチラをクリック★

★6月ツアー情報はコチラをクリック★


CATEGORY

MONTHLY ARCHIVE

ページ先頭へ