♫第13弾♫ ツアーブック紹介 小笠原編

2018年6月26日(火)

世間はサッカーワールドカップで賑わっておりますが⚽
野球派の私は贔屓の西武ライオンズ🦁⚾の勝敗が気になる今日この頃です☀
ちなみに、野球ならライオンズ⚾、サッカーなら川崎フロンターレ⚽、
ロックバンドならアジカン🎸推しの私ですが🌊はこちらを推しております👍👍👍

日本のガラパゴス🐳小笠原ですーーー🙌🙌🙌
船酔いする方には申し訳ないんですが🚤☠
交通手段が船のみ、しかも24時間って・・・不便ですけどね、そりゃ大変ですけどね💦
私はそこに浪漫を感じるのです✨
(しかも、帰りは楽しい思い出を引きずりがちなので、現実に戻るのに24時間必要です)
 
苦労してたどり着いた先はまさに楽園🌴☀✨
 
イルカに…🐬

 
マグロに…🐟

 
小笠原 海の仲間 総選挙を行ったら1位間違いなし!ユウゼン💗💗💗
 
 
陸も、可愛いお土産屋さん美味しい居酒屋カフェがあり、正直時間が足りなーい!!
夏のお盆に人気が集まりがちですが、秋以降だってバッチリお楽しみいただけますよ
一度行った事のある方はぜひ再度!行った事のない方はなおのこと!
一押しエリア・小笠原へご旅行くださいませ🌺
🐳小笠原詳細はこちら🐳
📧お問い合わせはこちら☎
📖ツアーブックご希望はこちら📖
 


♫第10弾♫ 2018年GW お勧めツアー ~小笠原~

2018年2月28日(水)

みなさん!こんばんは😁😁
オリンピックが終わってしまって、寂しいですね…🥇🥇🥇
本日のおすすめGWツアーは初のJAPANです!!
世界自然遺産に登録されている『小笠原』です😍😍

まだ行かれたことのない方!!是非シーズン入りする小笠原の海はいかがでしょうか?
小笠原丸も新艇に生まれ変わり、24時間で小笠原まで行けちゃいます😆
😊今までよりとっても快適にお過ごし頂けます😊

GWは時期的にも、まだ🐳🐳ホエールウォッチング🐳🐳も可能です!ダイビングの移動中に見れます!
また、🐬🐬イルカ🐬🐬にも会い、一緒にスノーケルできる可能性大!!

海況さえ良ければ、🐦🐦南島🐧🐧にも上陸できます!!
海況さえ良ければ、🦀🦀ケータ列島🐠🐠への遠征できます!!

ナイトツアー🦇🦇🦇も必見ですよ!
光るキノコ『グリーンペペ』も見れるカモです!!

 

3/6(火)がGWの乗船券の発売日となっております!
おそらく乗船券は、3/6以降、キャンセル待ちからのお預かりとなってしまいますので、
是非お早めにご連絡お待ち致しております!!
こんな😊イケメンガイド😊がお待ちしておりますよ~!

4/28(土)・5/1(火)発◇世界自然遺産◇ 小笠原・父島 6ダイブ付 6日間
4/28(土)・5/4(金)発◇世界自然遺産◇ 小笠原・父島 12ダイブ付 9日間

 
 
 
 

第8弾!アフターダイブの過ごし方~小笠原~

2017年12月22日(金)

気がつけば・・・2017年も残すところ、あと9日です😅
本当に時が経つのが早すぎますね💦年々早く感じてしまい、少し寂しくなる今日この頃です😂😂😂
でも、その前に楽しい楽しい🎅クリスマスですね🎅クリスマスは、いつまでたってもワクワクしてしまいます🎄🎅
皆様、素敵なクリスマスをお過ごしください🎄🎉
さて、本日のアフターダイブの過ごし方は、😊小笠原😊

沖縄や海外によく行かれてらっしゃる方も、小笠原はあまり行った事のない方も多いのではないでしょうか?
個人的には、とってもオススメの場所でございます!
”東洋のガラパゴス”といわれており、世界自然遺産として登録されいてる小笠原は、東京から約1,000kmのところにある外洋の離島。
シーズンによって様々な海を魅せてくれる素敵な場所です😍
まさに今、冬のシーズン12月~5月中旬頃まで、小笠原諸島周辺は子育てをする🐳ザトウクジラ🐳がやってきます。

🐋ホエールウォッチング🐋はもちろんの事、ダイビング中に🐋クジラ🐋に遭遇する事ができる可能性も大🐠🐠
ダイバーにとって、ダイビング中にクジラに遭遇する事ができる場所なんて、世界でもそうそうないですよ!

是非、この機会に🐳ザトウクジラ🐳の親子に会いに小笠原へ行って下さい!

前置きが長くなってしまいましたが、今回のテーマはアフターダイブの過ごし方でした…。
小笠原では、さまざまなアクティビティがございます🐬🐬🐬
🔱南島ツアー🔱

まばゆいほどに輝く白砂とアーチ型の岩壁に守られた小さな入江にあり🐚🐚🐚
雨水と侵食と海水面上昇によってできた、貴重な沈水カルスト地形の島となっております。
アオウミガメや海鳥の産卵地となっております。上陸には人数制限がされていたり、3か月間は上陸禁止されてたりと、
行く事ができれば、なかなか貴重な体験になる事間違いなし🦀
南島近くのポイントで潜ったあとに、タイミングが合えば、そのままスノーケリングで上陸したりする事もございます!
🦉ナイトツアー🦉

昼間に息をひそめていた生物や見えなかった植物などを見る事ができます。
🦇オオコウモリ🦇が音もなく上空を舞っていたり、気に止まって目だけを光らせていたり、森から出てきた🐾オカヤドカリ🐾が浜辺に集まってきていたり、マカ不思議な事に、緑色のように光を放つグリーンペペ(ヤコウタケ)というのが見れたりします。子供の頃に戻ったように、小笠原のナイトツアーは冒険新を刺激する体験になりますよ💖💖

🐦森・山ガイドツアー🐦
最終日(小笠原出港日)も15時30分発なので、半日以上遊ぶ事が可能です😉😉😉
海で楽しんだあとは、森・山で遊んでみてはいかがでしょうか?小笠原の森林は世界的にも貴重な存在で、植物のおよそ40%樹木に限れば70%がここにしかない固有種といわれています。季節や時間、参加者の希望などに合わせたトレッキングコースを紹介してくれますので、マイナスイオンに触れながら、とても貴重な体験ができると思います☺
💠三日月山展望台💠

大村地区の北西にあるウェザーステーションと呼ばれる展望台。夕暮れには、水平線に沈む夕日を眺める事ができます。
運が良ければ”グリーンフラッシュ”見る事ができます。太陽が完全に沈む直前に、緑色の閃光を放つ現象をグリーンフラッシュというのですが、空気の澄んだ場所でしか見られない稀な現象で、海外では幸せをもたらすといわれてます。父島では比較的見やすい場所という言われています。
その他にも、戦跡ツアーシーカヤックツアーなど、アクティビティはたくさんあります!
また、中心地の大村地区には、飲食店・居酒屋もたくさんあり、美味しい料理や島特有の珍しい料理もございます!
海だけではない小笠原を是非思う存分楽しんでみて下さい!
😊是非、世界自然遺産の島『小笠原』へ😊

お問合せはコチラから👈👈👈
 

☆第四弾★名物ガイド紹介☆ ~小笠原/パパスダイビングスタジオ~

2017年8月22日(火)

皆さんこんばんは😁
各方面から名物ガイドの皆さまを、どしどしご紹介させて頂きますよ🌟🌟
本日ご紹介させて頂くのは、東洋のガラパゴスと呼ばれている、今まさにベストシーズンの小笠原・父島からのご紹介となります。2011年に世界自然遺産に登録されてから、もの凄い人数の方が小笠原を訪れていますが、ここ2,3年は少し減少してきてたのですが、、今年はまたまた大爆発でございます🎆🎆なんの影響ですかね??🌞
一説によると、小笠原のサンゴ礁がとてもイキイキしているからか?とか。。。
今年は本当にお問合せをたくさん頂き、多くの方に小笠原の海を島を楽しんでもらってます!
ちょうど一番のピークであるお盆が無事に終わったところで、一安心です😊😊昨年は台風でツアー中止になってしまったのですが、今年は、無事に催行する事ができました!
さて、前置きが長くなってしまいましたが、そんな小笠原の『パパスダイビングスタジオ』の名物ガイドをご紹介させて頂きます!
吉田朋野(ヨシダ トモヤ)さん ◆ニックネーム:トモヤ

⚓出身地:長野県 諏訪郡
⚓ガイド歴:3年
⚓趣味:ダイビング・スノーボード
⚓好きな食べ物:チョコレート
⚓好きな生物:小型ヤッコ・ウミウシ・イルカ
⚓これまで最高だったダイビングの瞬間
 小笠原にいないと思われていたスミレヤッコに出会えた瞬間はたまりませんでした!

 他にも、ダイビング中に10頭以上のイルカに囲まれた瞬間は感動です!
⚓得意とするダイビングスタイル:ウミウシ探し
⚓こんなことがあったからガイドが続けられたというエピソード
 シリンダーのチャージやレンタル器材など、準備にそれなりの時間を費やす仕事だと思います。それでも、お客様と潜る瞬間が 楽しいですし、お客様に対する感謝の気持ちでこの仕事が続けられます!
⚓最近ハマッてる事:魚の魅力を引き出す撮影構図を考えること

⚓お店紹介:ライセンス取り立ての方から上級者まで、年代を問わず、幅広いお客様にお越しいただいてます。
 ダイビング以外にもナイトツアーなどのアクティビティも充実していますので、滞在期間中に様々な楽しみ方がご提案できます。

⚓小笠原の海の魅力:夏は抜群の透明度が楽しめて、冬はザトウクジラがはるばるやってくる小笠原。式を問わず、ダイナミックな自然環境に感動すること間違い無しです!!

⛴⛴⛴是非、皆様のお越しをお待ち致しております!!⛴⛴⛴
◆2017年10月以降◆『おがさわら丸』で世界自然遺産・小笠原へ!!
 

★第6弾★ WTPスタッフが一番好きな海&これから行ってみたい海

2017年7月27日(木)

こんばんは🌛
蝉の声も聞こえはじめ、いよいよ夏本番っ☀ですね(。゚ω゚)🎶
夏は大好きだけど、蝉は恐怖なので辛いです。。。☠
さてさて早くも第6弾!スタッフが好きな海紹介~~~🌊✨
私が大好きな海は、これからの季節にピッタリのこちら!!!😋🌻👒 
小笠原~~~!!!👏✨👏✨

東京から南に1000キロ、船で24時間🚢💨
温暖多湿の気候に加え、独自の生態系が進化し固有種も多いこの島は
まさに「東洋のガラパゴス」。
こちらのガラパゴスはアグレッサー号に乗らずとも、おがさわら丸に乗れば行けちゃいますよ🚢♥
そんな小笠原の魅力を、とても語り切れはしないのですが少しだけお伝えしますね!🙌💜
愛ゆえに(?)だいぶ私感が入るかもしれませんが、
それもこのブログの醍醐味?!という事でご容赦を!m(_ _)m
 
まずは、やっぱりダイビング!
日本とは思えない広大さ!そして深いブルー!そうこれが噂のボニンブルー!
上から見ても・・・

中から見ても・・・

美しい✨という言葉では収まらない。自然の偉大さを感じます゚(゚´ω`゚)゚。✨
個人的には、小笠原の海で潜っている時が一番、地球に生きているなぁ、生かされているなぁと実感します🌏
そして可愛い可愛い固有のこの子!

ユウゼン٩(♡ε♡ )۶💕💕💕
黄色や白ベースの淡い色合いになりがちなチョウチョウウオの中で
この渋~い黒ベースのボディ
それでいて単調な真っ黒ではなく白色斑をちりばめて、更には差し色で鮮やかな黃。
めちゃめちゃお洒落じゃないですか。しかも白目にも模様が入っている芸の細かさたるや👀✨
はぁ、可愛い。( ♥´Д`)=3
 
あと、イルカに会えるのも嬉しいポイントですね😆✨
ダイビングポイントに向かう途中で会えれば、ドルフィンスイム♪
更に運良く、水中で会える事もあります!!

☝こちらは@閂ロック
あとはシロワニも魅力ですね~✌

 
と、ここまで海の魅力をお伝えしてきましたが。
陸も良いんですな~~😂✨
光るキノコが生えていたり。

 
コウモリがいたり。

 
街中でも、こんなフォトジェニックな夕暮れが🌇

 
少し足を伸ばしてウェザーステーションまで行けば、更に綺麗!


時間を忘れちゃいますね・・・✿❀
 
小笠原は、最短で6日間お休みが必要だし、船で1日がかりで行かなければいけないし
夏場は台風で船のスケジュールが乱れる事も正直あります。
でもそこまでの苦労と覚悟をして、困難を乗り越えて行くからこそ、日常を忘れて島時間に浸れるのです。
(と、私は思うのです💦)
そして、最後は感動のお見送り(´;ω;`)✨

 

一度は行きたい、一度行ったらまた行きたい、そんな素敵な島なのです🌴☀
⛵小笠原詳細はこちら⛵
 
そんな、日本の島をこよなく愛する私ですが、海外の島にも興味ありです❤(ӦvӦ。)
行ってみたいのは・・・・ミクロネシアの小さな夢の島🌺 
ジープ島です!!

トラック環礁内に位置するサンゴ礁の小島で、徒歩2~3分で一周出来てしまうミニマムサイズ(゚д゚)⚡!
360℃海に囲まれて、日々の喧騒や疲れから解き放たれる時間・・・✨
ヤシの木のハンモックに揺られてお昼寝🌴
夕日🌇や星空💫を眺めて、ただただのんびり・・・
あぁ、想像するだけで魅力的🙌♡

 
そして何よりイルカたち🐬🐬🐬💕

島の周りでは、高確率でドルフィンスイムが楽しめちゃいます✌*
ダイビングだって勿論オススメ♬♫♬



🌴ジープ島詳細はこちら🌴
ブログを書いていたら、海に行きたくなってきちゃいました・・・🐠
忙しい皆様も、時には島でのんびりしてみてくださいね😉✬
☏お問い合わせはこちら📧

ベストシーズンの小笠原へ!!

2017年5月26日(金)

皆さん、こんばんは😃
今日は一日雨ですね…😂☔
梅雨入りももうすぐですね☔
しかーし!梅雨が終われば、私の一番好きな季節🌞『夏』🌞の到来です!!🏖
夏といえば、ベストシーズンの小笠原です!!🚢🌅

そんな『世界自然遺産』に登録されている、小笠原の魅力を盛りだくさんお届け致します🐬
もちろん、初めて小笠原を訪れる人も毎年増えてはいるが、驚く事に一度行かれた方は、
毎年必ず行きたくなると、リピーターが本当に多い旅行先となっております!
不思議と故郷に帰ってきた時のような温かさが、この島にはあるのだと思います
また、黒潮からは外れミクロネシアからの海流の影響を受けている小笠原の海は、『ボニンブルー』と呼ばれる
どこまでも濃く深く透き通った海となっており、超大型の回遊魚や色とりどりの熱帯魚、アオウミガメや小笠原にしかいない固有種がたくさん見る事ができます😋

そして、時期によって、🐋ザトウクジラ🐳マッコウクジラ🐬ミナミハンドウイルカ🐬ハシナガイルカなどを見たり、
一緒に泳いだりすることも可能です😍

ちょうど今の時期は、固有種の『ユウゼン玉』を見る事ができたり、これからの夏のシーズンでは、海が穏やかな時期だからこそ行く事のできるケータ列島への遠征できる確率がグンと上がります😊
そこでは、大きな体と鋭い歯で一見かなり怖いが、性格はおとなしい🦈『シロワニ』🦈を間近で見れたり、
多くのダイバーが憧れる小笠原を代表する超人気スポットケータ列島の嫁島にある、『マグロ穴』🐟では、
水深15m前後のアーチに入ると、多い時には100尾ものイソマグロの群れがグルグルと回遊している光景を見る事ができたりもします🐠

父島随一の回遊魚スポットでは、ウメイロモドキやカスミアジ、ツムブリ、クマザサハナムロなどが根の間で群れたりしています。ツバメウオの群れなどを見れることも!!🐠

父島周辺では、ポイントの移動中にイルカに遭遇することもしばしば!ドルフィンスイムをお楽しみ頂く事もできちゃいます運がよければ、マッコウクジラとの遭遇も!!!
行きたくなってきましたよね??
海だけではなく、陸のオプショナルツアーも盛りだくさんですよ!!🐦🦉
是非、お問合せお待ち致しております。🤗
🦀夏限定の特別日程の航海スケジュールもございます🦀
🐚【期間限定!!】◇世界自然遺産◇小笠原・父島 8ダイブ付 7日間
🐚【夏季限定】小笠原ロングプラン◇世界自然遺産◇ 小笠原・父島 14ダイブ付 10日間
🐚【夏季限定】小笠原ロングプラン二島滞在プラン父島(6ダイブ付)3泊&母島(6ダイブ付)4泊 10日間
お宿が混みあっておりますので、ご予約はお早めに!!

 
 

ツーリズムEXPOジャパン開催!!

2014年9月27日(土)

旅フェアとJATA旅博が統合し
世界最大級の旅の祭典になったツーリズムEXPOジャパン開催!!

期間は2014年9月27.28日の2日間
東京ビックサイト 東展示棟1-6ホールで開催中です。✌

9月26日が業界関係者の来場日で打ち合わせも兼ねて行って来ました💨

2つのイベントが統合してとても賑やかな雰囲気☀
来場者は世界各地と日本各地を見て回ることが出来て、
更にフードコートイベントが充実しているのでとても楽しめる会場になった印象です✌✌


海外エリアよりも国内エリアの充実に目を奪われました!😳

海外ブースでは、アジア勢がとにかく元気。
インドネシアブース、スリランカブースもとても活気がありました。

お時間のある方は是非!!

ツーリズムEXPOジャパン公式サイトはこちら

★沖縄ブースの水槽




★国内エリア


★フードコードは充実!!


★パワースポットをビックサイトで!


★なんとロボットレストランまで!


★海外ブース



★民族衣装





小笠原諸島へ行ってきました!!

2013年3月30日(土)

皆様、こんにちわ!

2011年に世界遺産リストに登録された小笠原諸島へと行ってきました。

島までは25時間半、到着すると次の船が来るのは3日後というなかなか行きにくいところではありますが、
東洋のガラパゴスと称される島には自然が色濃く残っていました。

3月ではありますが既に太陽の日差しは熱く降り注ぎ、気持ちのいいビーチが広がります☀



2月~5月頃まではザトウクジラがシーズンとなり小笠原の海には子育てのため約300頭のクジラがいます。
10メートル以上の巨体が目の前で跳ぶ姿は大迫力でした

海の中ではホワイトチップシャークを見たり、世界でも伊豆諸島でしか見れないユウゼンが群れていたりと贅沢なダイビングを楽しめました

海中は非常に透明度が高く、ポイントが島の周りにおよそ200もあり初心者から中上級者と誰でも楽しめます👌

ポイントによってはイソマグロなどの回遊魚が群れていたり、ときにはマンタやジンベエザメなどの大物も。
ダイビング中にイルカやクジラと出会うこともあり、何が起こるかわからない、とてもわくわくさせてくれる海なんです🎵

水平線へ消えていく夕日も美しく、夜には見たことのない数の星が輝いていました⭐



また今までは東京発のおがさわら丸でしか行く手段がなかったのですが、客船でのクルーズ旅行なども増えており、地方発(苫小牧、仙台、横浜、神戸)の限定プランもございますので皆様、是非この機会に日本が誇る世界遺産小笠原へ!

極上のスローライフを楽しみましょう🎵


当社小笠原ツアーHP
https://www.wtp.co.jp/area/ogasawara/index.html


沖永良部よりクジラ速報!

2011年2月16日(水)

 現地に取材中のIカメラマンからクジラの吉報が入りました✌
 下記お写真とともにご紹介いたします。



2/13は午前から何度か水中で見ることができて
 ツアーのゲスト達はとてもハッピーな1日でした🍀🍀














今年のクジラシーズンも残すところわずか!4日間以上のお休みがとれたら沖永良部へ💨



ザトウクジラに会いに行く in 沖永良部 パート4

2011年2月9日(水)

いよいよ最終日です!
午前中はお申込みのお客様状況によりますがホエールスイムが可能なこともあります🎵

あとは始発の09:50発 沖永良部10:55 鹿児島着に乗って
羽田にお昼すぎに到着するというパターン

そしてせっかく沖永良部まできたらなら観光もというパターン
私も視察と言いながらこのパターンで決定!

タラソ おきのえらぶ
14の海水プールとエステがある施設です。
タラソテラピーとは海の環境のもと、海水や海藻などの海の資源を活用し、
人が本来持つ自然治癒能力を高めていく自然療法らしく、
プール以外にもアロマトリートメント(要予約)がありこれは絶対受けないと😎
と思っていたのですが残念ながらメンテナンスで休館でした。。😭



というわけで半日タラソプランは却下され、レンタカーを借りて島内観光へ🚙
レンタカーはホテルでお願いすれば手配してくれます。満車のこともあるのでチェックイン時に予約が良いかもしれません。
私は前日の夜に翌朝9時にホテルまで配車依頼、出発フライト時刻を教えて空港で乗り捨てパターンにしました。

軽自動車で乗り捨ても含めて6千円くらいでした。(プラス、ガソリン満タン返しとなります)

今回は同じ日程で変えられるお客様2名と一緒に割り勘したので、さらにお得に!
本当にお世話になりました🍀

最初にむかったのは「越山公園」沖永良部で2番目の高台(188.6m)である越山公園の展望台からは、北半分の島の姿がよく見えます。
ショップさんから桜がキレイと伺ったのでこちらによることに。
ちなみに一番高いのは大山植物園にある展望台 海抜245mで晴れた日には与論や沖縄まで一望できます。



1月下旬から2月上旬が見ごろの緋寒桜 ピンクの色がとても濃く印象的
☁くもっていたので残念ながら景色の写真はなしです💦



続いて沖永良部島北西端に位置する屈指の景勝地「田皆岬」(たみなみさき)へ向かいます。

ドライブ途中での出会いました ホントにのどかです。



田皆岬の断崖の高さは40~50mと、奄美十景に数えられるほどの景観の良さだそうです。


でもこわい。。。😞

波が穏やかな時はエメラルドグリーンの海に海ガメが泳ぐ姿を見ることができます。「男はつらいよ」の映画ロケにも使われたそうです。



さて、そろそろ昼食の時間、知名町で食べようと探していると、なんとクジラがはねてるではないですか💨
ダッシュで車をおりて堤防にのります。じつは、この場所 体育館前でなぜかクジラ出没の高確率場所
最終日に陸でしかも車からみれるなんてラッキーすぎます⭐
そして船へ急いで電話!、今空港までいってしまったとのことで急いで戻るとのこと

陸からと海からのクジラ探しの始まりです。
私たちも海沿いで車を走らせ、昼ごはんは 与和の浜近くの海前に建っている喫茶リーフ。
海をみながらカレー!🍛美味しかったです🎵

ってそんな中、空港方面から猛スピードで走らせるボートが!!
そう、Iカメラマンをのせたボートで全員総立ちで、かなりはずみながら体育館前の海へ進んでいきました🎵
そのときの写真が昨日の号外編になります。✌


続いて向かったのは
沖永良部酒造奄美エリア独特の黒糖焼酎を製造販売しており、
予約なしにも関わらず簡単に見学もさせて頂きました。
試飲・購入もできるので最終日のおみやげ購入にはもってこいの場所ですね🌷



これはナント 音楽をお酒に聞かせて蒸留を活性化させる効果があるそうです。
ちなみにかかっていたのは島民謡でした😊

さて島も半周して空港へ向かい始めます🚙ただいまの時刻13:30
続いては日本一のガジュマルへ 空港へ行く途中にあるので寄り道できます。



国頭小学校の校庭に立つガジュマルは、1898年(明治31)に第一期生が卒業記念に植樹したもの。
以来100年余りの時を経て、今では幹回り8m、枝回り22mに成長し、 日本名木100選となっています。

本当に小学校の中にあるので必ず職員の方にあいさつして入られてください。
知らない小学校にはいるのはちょっと緊張でした💨

でも島の小学生は「こんにちわ!」と暖かく声をかけてくれました💕

本当は有名な昇竜洞もまわりたかったのですが一面の菜の花畑にも気をとられ、
のどかな時間はあっという間にすぎていきました。
「時間には限りがあります」ということで14:30 空港へ向かいました。



4日間でも十分リフレッシュできる沖永良部!たまには国内も良いですよ~⭐

CATEGORY

MONTHLY ARCHIVE

ページ先頭へ