♫第15弾♫この生物を見たいならココ くじら編

2018年10月18日(木)

みなさん。こんにちは😋
あの真夏の暑さはいづこへ・・・・❓
すっかり秋めいた季節になってきましたね。🍂🍂🍂
少し前まではまだ18時ぐらいでも明るかったのに、今やもう真っ暗ですもんね。
文学の秋、スポーツの秋などいろいろことわざはありますが皆様は何の秋でしょうか。
私は食欲が止まりません🐷🐷🐷
これ以上超えないように気をつけないと・・・・💦💦💦
さて今日のお題は
🐳🐳🐳【クジラ】🐳🐳🐳
です。
クジラを見れる場所はいろいろあるかとは思いますが。
オーストラリア・グレートバリアリーフのミンククジラ🐳
小笠原
トンガ
沖縄
スリランカ・・・・などなど。
 
今回、取り上げさせていただく場所は
【ソコロ】
 
です。
 
なんでソコロ?
それは私の大好きな場所だからです。
もちろんここ数年はクジラの見れる確率は落ちているのも事実です。
でも水中でクジラの鳴き声。
そして夜の子守唄にもクジラの鳴き声を聞き・・・・
アチラコチラでブリーチング。
私は残念ながら水中ではクジラを見ることはできなかったのですが、
スクーバーで見れる可能性がある場所はそう多くはないのでしょうか。
 
ソコロで見ることができるクジラはザトウクジラ

2月・3月は水温が20度前後とがくんと落ちますが、その分ザトウクジラとの遭遇率が一番高い時期。
この時期にはザトウクジラの鳴き声をバックサウンドにダイビングをするなんてことも夢でありません。
さらに運がよければダイビング中にザトウクジラに遭遇の可能性も。
船の上からはブリーチングする姿や親子クジラの仲むつまじい姿を見ることもできます。
そしてなぜ私がソコロ押しかといいますと・・・・
クジラはもちろん自然の生き物なので野生なので見れる・見れないあるかと思います。
クジラで他の方面でいくともちろん、他の方面でもクジラが見れなかったときにも他の生物見れるものあるかとは思いますが、
ソコロは他の生物もすごいから。です。
人懐っこいハンドウイルカや巨大なキハダマグロ、カツオの大群、ギンガメアジの大群、カッポレ、カマスサワラ、マダラエイ
などなどとにかく魚影が濃い。
そしてそしてなんと行ってもここにはあと2つクジラと並んで他にも大売りがあります🎵🎵🎵
1 ザトウクジラ

2 ハンマーヘッドリバー

3 巨大マンタ

4 ジンベエザメ

4 イルカ

 
各種多様のサメ達が海中を自由気ままに闊歩。10mをかるく超えるジンベエザメをはじめ、
100匹以上のハンマーヘッドリバー、他の海ではあまりお目にかかれないタイガーシャークなどサメの宝庫
 
なんといってもジャイアントマンタも生息していることで有名。
ほとんどがとっても大きいのにフレンドリー!!
マンタのクリーニングステーションが点在しており、中には6メートル以上に達する巨大な個体も。
マンタのほうからダイバーのほうへ向かってくることもしばしば。
たとえクジラを外してもこれだけの大物三昧。
満足して旅を終えられるクルーズではないですか??

ツアー詳細はこちら
ツアーレポートはこちら
 

♫第27弾♫ ツアーブック紹介 ソコロクルーズ

2018年8月14日(火)

皆さん、こんばんは。
台風が去ったらまた暑い日が続いていますね(^_^;)(^_^;)
皆様良いお盆休みを過ごされていますか・・・?
私達旅行会社の人間はお盆休みはないので今日も元気に働いています🎵
 
さて今日のご紹介先はソコロクルーズです
メキシコのガラパゴスともいわれているソコロ諸島。
ワイド好きならぜひ一度はおどぜてほしい場所NO1です
 


 

つい先日ソコロクルーズに乗船してきたばかり・・・
そこでついさっき今回のソコロ紹介に合わせて旅行記をあげさせていただきました😁
旅行記

こいつをポチッと・・・・😁
ぜひこちらから最新の生のお声を覗いてみてくださいね。
 
ソコロツアー
ツアーお問い合わせ
ツアーブックお問い合わせ
 

ソコロクルーズ

2018年8月14日(火)

皆さん、こんばんは。🌆
さてさて少し遅くなってしまいましたが6月の終わりにソコロに行ってまいりました。
ソコロは私の大好きな場所の一つ。7年ぶりの来訪です。
今回はノーティラスベルアミー号🌟🌟🌟
はい、ノーティラス3艇の中で一番大きな船です😁😁
 

 
お部屋はプレミアムスイート

スーペリアスイート

そしてステートルーム

 
ステートルームでも十分快適に過ごせます。
 
今回はお客様4名様とカメラン、私の6名で行ってまいりました。
季節的にはシーズン終わり。クジラの出る時期ではないのですが海況が一番安定しているときです。
 
が・・・・・・・
 
今年は異常気象のようで季節はずれの熱帯低気圧が😨😨😨
なんとなんと出港できないかも?の危機が会社からサンホセデルカボのホテルに到着し、WIFIをつないだら入ってきました!!!!
それは一大事です。でももうついちゃったし・・・神頼みするしか。。。。👼👼👼
そしてそして・・・荷物もロストバゲージ!!!!!😨😨😨
今回5個も荷物がメキシコシティに置き去りに・・・・そして次の便にのってやってきて
ホテルに到着したのはなんと夜中・・・🌆
 
もし当日クルーズチェックインだったら荷物は置き去りで出発です。
身をもって前入りの大切さを感じました。😁
クルーズも条件付きで出港できました。😁
※天候次第で途中でソコロ切り上げ、ラパスへという条件付き。
でも出港できないよりはマシですね。。🎵
 
夕方乗船し、そこから24時間暇です。
今回はipadにたくさん映画をダウンロードしていきました。
 
トロピカルストームの影響にも負けずまずはサンベネディクトに到着。

 
さんベネディクトといえばマンタ。
今回はチェックダイビングは本来キャニオンでの予定が風がキャニオン側が強いらしく
今で潜ったことのない名前の無いポイントで・・・・
誰もが期待していなかった1本目。。。。
なんとイルカ・ハンマー(単体ですが。。。。)と見ることができ皆のテンションが上がります。


ハンマーの写真はないです・・・・あしからず・・・・m(_ _)m
 
2本めはいよいよキャニオンに。
キャニオンはマンタのクリーニングステーションとなる小さな岩が点在しているポイントで通常のマンタも
ブラックマンタもココで見るチャンス大です
エントリーして程なく・・・・
 
出ました!!!!!
 
それも何枚も。。。。
ここマンタは他で見るマンタとひと味もふた味も違います!!!!!
①でかい
②逃げない
③何枚も
 
本当にココのマンタは逃げないし大きいしそして気持ちが通じ合うんです(笑)
一緒に遊んでくれます😁😁😁
エントリーしてからエキジットまで約60分ずーーーとマンタづくしです🎵

 



 
マンタづくしでお腹いっぱいのダイビング間違いなしです🎵🎵🎵
翌日はロカパルディナ
 

ロカパルディナは何が出るかわからない未開の場所。
未開ではないのですが、周りには360度なにもない外洋にぽつんと浮かぶ岩
壁は水深80mまで落ちるドロップオフ
ここでは当たり前の光景、ホワイトチップやシルバーチップシャーク、ガラパゴスシャークなどサメ達が次から次へと・・・・
少し根を外すと100匹以上のハンマーヘッドシャークの群れが視界を覆うことも!!!
そしてジンベエザメ、マンタ、そしてタイガーシャークまで現れるダイナミックな大物ポイントでもあります。
否応なく期待が膨らみます。
ただ・・・・ココはとても流れが強く、また完璧に波があたり上下のサージも厳しい場所。。。
上級者向けのポイントなのである程度経験を積んだダイバーあることが望ましいです。
私もこのポイントに入るたび何度も緊張します。

こんな水中を期待してブルーを頑張って泳いだのですが・・・・・
 
今回は・・・・・・
        撃沈・・・
 
理由・・・・今年は水温が高すぎるためハンマーの群れが上がってきていないのだそう。。。。
確かに最初に行ったときは2月でした水温は20度。
今回はなんと25度はありました。
単体ハンマーは見れたんですけどね・・・群れは・・・ふかーいふかーい海のそこ・・・・(多分)
 

 
こんな感じで単体はみれましたけれどね・・・・
でもでも、がっかりすることばかりではありません。!!!!!
 
でました!!!!!!!!
 

そうです。😁
 
大きな大きなジンベエザメです


やっぱり転んでもただでは終わらない・・・
そうこなくちゃ・・・🎵 やっぱり何が起こるかわからないロカパルディナです。😁
 

 
そしてここでもイルカが🎵
 
しかも群れで!!!!!!。
 
しかも遊んで・遊んでとばかりにお腹を上に向け、背びれで手招きをしています。
 
でも皆さん気をつけてくださいね・・・・イルカに呼び寄せられるように夢中になっているとあっという間に水深が・・・・
透明度がとても良いので実感はないのですが、ダイコンとにらめっこしながら遊んでくださいね😁
 
本来はずっとソコロにいるはずだったのですが、2個めのトロピカルストームができ、3日間のダイビング滞在で
ラパスに逃げることになりました。(^_^;)
おまけのラレイナでのあしかちゃん・・・・

 
でもやっぱりソコロ。
期待を裏切らない大好きな場所です。

 
ノーティラスでの食事はその日その日によって違います
ビュッフェスタイルの日もあれば、


テーブルご事のサーブの日

各プレートの日も

 
どれも美味しかったです😁
そして最終日はサンデッキでカクテルパーティーもあります
 


 
夕日を見ながらまた行こうねと誓ったソコロの旅でした😁

 
ソコロツアー・・・・
クジラに合うチャンスがほしい・・・・1月から4月ぐらい
少しでも穏やかな海がいい・・・・5月・6月がおすすめ
 
クジラに合うチャンスはその年によっても大きく変わりますが1月から3月または4月はじめぐらいまでと言われています。
ただそれ以外の生物はソコロシーズン通して見れますので、水温が少しでも高いほうがとか、海が少しでも荒れていないほうがという方は5月6月または始まりの11月とかもおすすめです。
ソコロツアーはこちら
お問い合わせはこちら

サメの聖地へ

2017年11月20日(月)

皆さんこんにちは🌞
突然ですが、ここはどこでしょう???😎😎😎

🤞🤞🤞ヒント🤞🤞🤞

 
サメといえば・・・・・・・
ジョーズ🦈🦈🦈🦈🦈
はい。ホオジロザメに決闘を申し込みにいってきました😂😂
ホオジロザメと聞くと皆さんアフリカ?とそうぞすると思うのですが・・・ブ・ブブー
今回私が行ってきたのはメキシコグアダルーペです。
別名【シャークアイランド】の異名を持つホオジロザメの聖地です。
グアダルーペは南アフリカに負けないほどののホオジロザメの生息数を誇る場所です。
 
今回私が参加したクルーズはノーティラス。
ノーティラスは3艇のクルーズ船を所有しています。
一番大きな船【ベルアミ】

クルーズの詳細はこちら
 
続いて【エクスプローラー】

クルーズ詳細はこちら
 
一番小さな【アンダーシー】

クルーズ詳細はこちら
 
船の大きさは違いますがどの船もファーストクラス級✨✨✨✨
最高のおもてなしと快適なクルーズライフが待っています✌✌
 
クルーズレポートの前に行き方を簡単に説明いたしますね。
今回はなんと!!!!陸路で国境を超えます‼‼‼‼
なかなか国境を自らの足で超えるって経験はないですよね。
まずはサンディエゴよりノーティラスのバスで1時間、国境に向かいます。
国境に到着すると荷物を持ってバスを下車。

荷物を持って入国審査の入った建物へ。入り口にあるイミグレーションカウンターでパスポートを見せスタンプを押してもらいます。そのあとX線に荷物を通し完了。
空港で行う手続きと全く一緒。簡単です。
テクテク歩いて外いでると検査を済ませたバスが待っています。
正直国境を超えたという実感は全くありません


バスに再度乗る前にコンビニにより、いざクルーズが待つ【エンサナダ】の港へ。
ここからさらに2時間少々の移動です。
長旅ですがバスは大きく快適に過ごせます。
 
港に到着したのは夜も更けてから。
クルーズではウエルカムシャンパンに軽食が用意されており。
簡単なブリーフング後すぐに就寝。
 
さぁこれからグアダルーペに向け移動です。
グアダルーペまでは約18時間。
そのため次の日朝起きてもまだ移動中。大海原です。
道中にゲージダイビングのオリエンテーションが行われます。
ゲージダイビングの注意事項やチーム割などなど明日朝イチからダイビング具できるようにこの時間に質問や不安点などは解決しておきましょう
ゲージは2つの種類に分かれます。
水面に浮かぶゲージ。

水中に沈むゲージ。


 
ベルアミ・エクスプローラー号は水面ゲージは2つ。アンダーシーは1つ。水中ゲージはどのクルーズも2つあります。
水面ゲージは朝6時半から7時の間にオープンしクローズは18時前後。
最大4名は入れ、インアウトは好きにできます。もちろん譲り合いは必要ですが、私が乗った際に定員で待つということはありませんでした。
水中ゲージは順番が決まっており前日の夜までに時間割が掲示されます。
基本1日3回から4回(これは乗船人数によってかわるようです)1回のダイビングは45分。
ゲージにはダイブマスターが必ず一人乗船するのでダイバーは最大3名で入ります。
私の航海の際は1日4回のダイビングでした。

さて1日目はブリーフィングの他にやることは特にありません。
インターネットはは繋がらないので(wifi)は1航海$100で使えますが速度は遅いので動画や思いファイルなので見るのは難しです。
DVDや本など時間をつぶせるものを持っていくことをお勧めいたします。
ちなみに私は時差ぼけでサンデッキで寝ていました笑
 
さぁ皆さんお待ちかねのホオジロザメのゲージダビングの感想をお伝えいたします。🦈🦈🦈
まず早朝からマグロの解体ショーがダイビングデッキで始まります。
クルーが電動ノコギリでガーーーーっとマグロを輪切りにしてきます。

そうですこれでホオジロザメを水深の深い場所から浅場へ追い込みます。
ホオジロザメの目は色彩が少ないのでマグロは人の目でいう影ぐらいにしか見えません。
サーファーや海水浴者がホオジロザメに襲われたと報道されるのは影ぐらいで認識するホオジロザメが
大好物のアシカなどに人間を間違えて襲うのが真実だそうです。
その証拠として噛み付いたあと人間を食べるという行為はしません。
目が悪い代わりにサメは鼻がとても効きます。鼻で獲物の動きや匂いを感じとります。
噛み付いたあと、【うん?これは人間だ!!!アシカではない!!!美味しくない?!】
と間違ったと認識するそうです。
 
話が逸れてしましましたが、ノーティラスでは必ず同じ場所で同じマグロを用意するそうです。
そうすることでホオジロザメは味を覚え毎回毎年迫力あるゲージダイビングができるよう工夫しているそうです。
ダイビングデッキでからは2つのリフト台がありそこから輪切りにしたマグロをロープにくくりつけ、投げる回収を繰り返します。

これを狙ってホオジロザメは水面に浮上してきます。
1本目はワクワクより怖さから心臓ばくばくのドキドキでゲージにイン。⚠⚠
だってゲージの柵、サメがゲージにアタックしてきて揺れたらそとに投げ出されちゃいますけど??大丈夫でしょうか??そんな不安をよそに・・・・一気に水深の10メートルあたりまでゲージは降りていきます。

耳抜きがうまくできなかった場合はすぐにガイドに伝えればリフトを止めてもらえるので安心してくださいね。
1分ほどで、出ました!!!!!

まずは1匹ゲージの周りをウロウロ。。近ずいてきてウロウロ。
で・でかい。。。こ・怖い・・・笑
と思ったのは最初だけでした
1本目の途中から最後のダイビングまで、サメに夢中に。
サメが近ずいてきたらここぞとばかりに近くに寄るように・・・笑
余裕のよっちゃんです(古)💦💦💦

サメも最初は遠巻きなのが、危険がないことがわかるとグイグイゲージとの距離を縮目ていきます。
真横を通ったり、頭上を通ったり、真下を通ったり。


 
透明度は30メートル近くはあるかと思います。ただ水は冷たいのです。20度ぐらいしかありません。
はっきり言って寒いです!!!!
毎回ゲージから出て真っ先の私の行動はジャグジーにまっしぐらでした。
のティラスのクルーズにはジャグジーが付いているので寒く冷え切った体も生き返ります笑
 
今回のダイビングデッキでサメに会えなかったのは1回のみ。
あとは全て会えました。
最大で1回のダイビングで見れたサメは4匹。
サメの習性として大きいサメが出現したら小さいサメはその場を去るそうです。

どちらが大きいか互いに譲らなかった場合は、口をい大きく開けどちらが大きいか勝負をするそうです。

私が参加した11月はちょうど妊娠をしたメスのサメが見られる時期で、今回の一番の大きさは6メートル越えの妊娠したメスのサメがでした。彼女にはパイロットフィッシュが付いていてシマシマ模様の護衛が可愛かったです。


そして食事シーンはまさに圧巻!!!
映画のジョーズの姿です。
口をがバーーっと開けマグロを一飲み!!!!

水面にあるロープの付いているマグロを食べるときには一気に浮上、がバーーーっと口を開け、
マグロに食いつきます。
そして全身を左右に振りながらロープを引きちぎってまた水中へ。。。。
その度に水面ゲージは上下左右に揺れまくります。

 
別名【ランドリーマシーン】
迫力は満点です!!!!

サメは餌を食べるときに、目がなくなるのをしっていましたか?
正確にいうと目をくるっとひっくり返して裏側にしまうのですが・・・・
 
これは目を保護するためです。
サメの歯は永遠に生え変わります。
最初の列の牙が折れたら後列の牙が前に出てきます。これを生涯繰り返しているので獲物を食いちぎる際にはを損傷しても不憫はありません。
それと引き換え目は一つです。そのため激しいハンティングの際に獲物の攻撃や食いちぎった際に骨など破片が目に当たったら失明してしまいます。
サメにはまぶたはありません。そのため餌を食ベル際にサメは目をグルーっと後ろに回し一瞬目がなくなります。。
確かに、餌を食べる際を注意深く見ていると目が白っぽいグレーになり、飲み込んだあとは黒目に戻ります。
 
また今回見たサメの中にはタグ付けされたサメもいます。
ノーティラスではサメの生態調査にも協力しています。
サメには衛生電波をつけたタグを背びれに付けトラッキングしています。
全てのサメにタグをつけトラッキングするのは莫大な費用がかかるため難しいですが、できるだけ多くのサメにタグをつけ生態を調査しています。
サメはグアダルーペにずっといるのではなく、豊富な餌を求め移動して過ごします。
毎年ハワイからグアダルーペまで移動します。
一部のサメはサンフランシスコに。
ただ圧倒的な数のホオジロザメはグアダルーペへやってきます。
その明確な理由はわかっていませんが、このトラッキングシステムで何年ものレポートで判明しています。
そしてサメには名前が付いているものが多くいます。
今回タグが付いていたサメはアンディ君。
初めての個体を見つけた人はその個体を写真などに収めます。
そして次に本人以外の人がそのサメを目撃し同じ特徴だったら、そのサメを見つけた人が第一発見者として認められサメに名前が付けられます。
ですので私にも、そして誰にでもサメの名付け親になるチャンスはあるわけですね。😎😎😎
 
そしてグアダルーペにはアシカのコロニーがいくつかあります。
これがホオジロザメのご飯にもなるわけなのですが。。。。
今回クルーズの周りにもアシカぷかぷかと。。。

クルーズ船の周りにはマグロの細かくなったものを食べに小魚がたくさん集まってきます。
その小魚を狙いにアシカがやってきます。
水中では餌でないマグロ・・・いきたマグロやブリが小魚をハンティングする姿もなんども見ることができました。
これはこれで相当な迫力です・・・
アシカも水面から頭だけを沈め、小魚を狙います。

サメに食べられはしないかと心配もなんのその。。。。小魚を狙い水中へ。。。そして水面からまた狙いを定め。。。水中へと繰り返します。


アシカはサメの目の前には行きません。。後ろにいます。
アシカはサメより泳ぎが得意です。そのためある程度の距離と位置を保てればサメにお触れるということはあまりないそうです。
サメの背びれにタッチしているアシカの写真も実際クルーズ船内で見せてもらいました。
 
さてここまで所々に出てくる私のサメの豆知識。。
私は決してサメの博士ではありません。😅😅😅
正直ゲージダイビングには興味もありませんでした笑
今回この豆知識は今回のクルーズで得られたものです。
ノーティラスでは毎日夕方にサメの生態についてのプレゼンテーションが開かれます。
もちろん参加は自由です。
サメの生態に詳しいクルーが毎日違った内容で面白くわかりやすくモニターを使って1時間ほどプレゼンテーションを行ってくれます。
それによってサメの生態を知り翌日のダイビングでは違った発見ができまたちがったみかたができます。
正直毎日ゲージダイビングだけなんて、1日だけで飽きるでしょ。。。。とタカをくくっていました。。。
ごめんなさい・・・間違っていました。🙇‍♀️🙇‍♀️🙇‍♀️
3日間のゲージダイビング。
毎回違った発見やアプローチを見ることができ飽きるなんてことはありませんでした。。
寒さにもめげず、1日4回の水中ゲージダイビングを網羅した旅でした。

私と同様、ゲージでホオジロザメダイビングなんて怖い!!!って思っている方も多いかもしれません。
そんな不安は1回目の5分で吹っ飛びます!!!
サメは思っていたよりも賢く、そして私たちもルールを守ってダイビングを行えば、危険なことは何もありません。
むしろ楽しい!!!という気持ちが優ります。

ぜひ騙されたと思って一度グアダルーぺでゲージダイビングを経験して見てください。
2017年のグアダルーペは終了してしまいましたが2018年の予約は開始しております。
是非一度チャレンジしてみてください
怖いと思っていたホオジロザメが可愛く思えてきますよ♪
 
ツアー詳細はこちら

SORA-webの最新号をアップしました🌟

2017年8月8日(火)

皆さん、こんにちは😀!
 
SORA-webの最新号をアップしました🌟
今回はラパス🐥🐥🐥
 
ラパスと言えば、モブラの群れジンベエになんといってもアシカ!!
かわいい生き物をたっぷり紹介したSORA-webになっています✨
 
古見きゅうがラパスで見つけた「SORA」。
ラパスにおいでよ!
 

 
SORA-webはこちら
ラパスの詳細はこちら

★第8弾★ WTPスタッフが一番好きな海&これから行ってみたい海

2017年8月3日(木)

みなさん、こんばんは~🌃
暑い日が続いて海日和の毎日ですね✌
さてさて第8弾を迎えたこのシーリーズ。
もう飽きた・・・・っていわないでくださいね。ラストは9弾です。最後まで暖かい目で読んでくださいね💕
私が一番好きな海!!!!!
Hmmmmmm・・・・・・沢山あって困ってしまう・・・・😂
沢山好きな海が多すぎでその中から一つを選ぶのはなかなか困難でしたが・・・
悩んだ末に、絞り込みました。。。✌
 
そこは・・・・・・・・・・ソコロ!!!!!!
ダジャレじゃないですよ(笑)
ソコロの紹介はブログで前回紹介しているので詳しくはこちらを😁😁😁
ソコロ紹介
 
そして今回はなぜ一番なのか!!!!
まずは理由を箇条書きにベスト3
銅メダル
ハンマーヘッドシャークが巨大!!!!

え???これはハンマー?と思うほど太ってるんです。
そして人を怖がらないのでぐんぐんと近寄ってきます。
遠くから黒い影が見えて、クジラ???と思って岩の陰に隠れて待っていたらハンマーだったという
私のお馬鹿な経験談です。でもそう思ってしまうぐらい超えているんです!!!🐷
おデブちゃんのハンマーがいるのはサンベネディクト島
ハンマー談はこれだけじゃないんです🦈🦈🦈
群れをみたい!!!!そんな声にも答えてくれます✌

 

ロカパルディナ島へ行くと・・・・スリムな感じのハンマーがウジャウジャ泳いでいます。
群れも巨大単独ハンマーも両方1航海で見れちゃうんです💕
 
銀メダル
クジラが当たり前のように見れる!!!!🐳🐳🐳

 
一位になってもいいレベルの理由なのですが、まだまだあとがあるので・・・(笑)
ソコロには日本の冬の時期にかけてザトウクジラが子育てにやってきます。
※正確にはサンベネディクト島です。
水中で見れることもあるようなのですが、流石に賢いクジラ・・・人にはそう近づいてくることはたやすくはないようです。
でもダイビング中にずっとクジラのハミングが聞こえてくるんです🎶🎶🎶
水中なので音の通り方は良いのですが、すぐそばにいるように錯覚するぐらい近くに聞こえます。
これが会えるかも????というテンション高につながっていくんです。
で・・・エキジットをすると数メートル先でブリーチング・・・・🐳
クルーズの上からもブリーチングを見ることや、親子クジラの泳ぐ姿・・・そして夜にはクジラの奏でる子守唄付き🎶
今まで人並みぐらいのクルーズ経験はあります。その中でもこんな贅沢なクルーズはこのクルーズが初めてでした。


 
そして・・・・そして・・・そして待ちに待った???!!
 
金メダル
マンタが大きい!!!そして心が読める!!!!!

はい???と思っているみなさん。
本当なんです。信じてください。ソコロのマンタが一番私のであったマンタの中で一番脳みそがあると思うんです。
まず大きなマンタ。。。。近くになるに連れ。・・・・どんどん目があいます。
そして私の心を見透かしているように目をじーーーーーっと見つめてきます。
本当にココのマンタはでかいので、真っ黒な目でじーーーーーーと見られると少し怖い・・・・
心の中を全部見られてるみたいで少しナーバスになります(笑)
マンタに向かって・・・・・
【私は良いダイバーです。あなたを捕まえたり、いじめたり、傷つけたりしません!!!
だから少しの間だけ私と遊んでください】と叫んでみてください!!!!
変な子って思わないでくださいね。😫😫😫😫 けっこう勇気を持って、告白してます(笑)
そうするとね・・・一緒に遊んでくれるんです。本当です!!!
一緒にホバリングができるんです。マンタが私の上をすぃーーーー
ターンして戻ってきて下をすぃーーーーと・・・・
そしてあとをついてきてくれたりもしちゃうんです!!!!!


本当にここのマンタが一番かしこいんです。(自称)
騙されたと思って是非、行かれた際は試してみてください。
そのときに心の中でどーせ嘘って思わないで、純粋に正直な気持ちで話しかけてくださいね。
そうすると、ここのマンタは答えてくれます。💕💕
そんなマンタに一目惚れした旅でした💘💘💘
ソコロツアー詳細はこちらからご確認くださいね
 
そして・・・・・・行ってみたい海・・・・・・・
それは・・・・・・・タヒチ・ランギロア

正確にいうと、リベンジしたい海になりますが。。。。行っているじゃんと突っ込まないでください・・・
 
私の一番好きな海の哺乳類は・・・・イルカ🐬
お魚だったらマンタです!!!
イルカと水中で遊べる!!!!しかもタンクを背負ってるので息苦しいのを我慢しないで遊べる!!!
一番近くで遊べる海・・・・それはやはりタヒチのランギロアではないでしょうか???
初めてタヒチに行って、1回しか遊べなかったのですが本当に本当に楽しくて、1回しか遊べなかったのが残念で・悔しくて・・・・
なので行ってみたい海に挙げさせていただきました。
次に行くときはもう飽きた!!!って思うぐらい毎日イルカと一緒に泳ぎたい・・・・そんな夢を頂いて毎日仕事を頑張ってます(笑)

 
タヒチ・ランギロアのツアー詳細はこちらから
 

★第3弾★ WTPスタッフが一番好きな海&これから行ってみたい海

2017年7月18日(火)

皆さまこんにちは^^
今日もダイバースタッフが一番好きな海&これから行ってみたい海をご紹介していきます🎶
 
私は初心者ダイバーでまだまだ潜ったことのないエリアのほうが多いのですが
はやり1番好きな海はモルディブですね💚
 

もちろん、当社の「ロイアルアイランドサファリ」でクルーズしダイビング三昧をするのもアリ✊
ですがリゾートでのんびり、様々なエクカーションを楽しみつつ
ダイビングをするなんて贅沢なこともできちゃいますよ(●´ϖ`●)
 
ハウスリーフが良いリゾートでしたら、シュノーケルで
ナポレオンやモブラ、ブルーパウダーサージョンフィッシュ、さらに!コクテンフブを見ることができちゃいます💗

 
いかがですか?
私のオススメの海!ぜひ当社を利用して行ってみてください🌠
🌴モルディブクルーズ🌴
🌴モルディブリゾート🌴
 
私が行ってみたい海は、、、
 
「グアダルーペ」

やってみたいです!ホオジロザメを見る「ケージダイビング」🎶
映画【ジョーズ】でも有名な海のギャング!ホオジロザメを見たくないですか???
食べられたいの?と言われてしまいそうですが。。。
ラパスのアシカの赤ちゃんも捨てがたいですが。。。
グアダルーペでは迫力満点のダイビングが期待できますよ^^
 
クルーズも3つから選ぶことができます!
オススメは「Nautilus Belle Amie(ノーティラス ベル アミー)」

 
全室トイレ・シャワー付きで豪華!やはり寝る場所はキレイで設備が整っているのが良いですよね👧
ダイビング後はクルーズ内でゆっくりのんびりするのが極上の贅沢だと思います🌊
 
グアダルーペツアーはこちらかから👇
成田発着 8日間 グアダルーペ ホオジロザメケージダイビングクルーズ
 

 
いかがでしょうか?
ぜひお気軽にお問い合わせください😁

絶海の孤島【ソコロ諸島】

2017年6月12日(月)

メキシコのガラパゴスとも言われているソコロ諸島

メキシコ、カルフォルニア半島の先端にあるカボサンルーカスというおしゃれな港町から約450キロ南下した場所にあり、 クルーズにて約24時間。ようやくたどり着く絶海の孤島です。🏝🏝🏝🏝
シーズンは11月から5月まで。それ以外の季節は天候のためいくことが出来ない。
期間限定な上に、1日がかりで着くまさに夢の孤島💫💫
ソコロ諸島は大きく分けて3つの島があります。ソコロ島、サンベネディクト島、ロカバルティダ。 


6メートル以上まで成長しているジャイアントマンタは有名✌
 

 


 
丸々に太ったハンマーヘッド🦈、イルカの群れ、無数のサメ類・・・そしてザトウクジラ🐳がこの時期子育てのためにこの海況にやってきます。

 
サンベネディクト島にはまるまると太ったハンマーに、いとも簡単に合うことができます。
エントリーをするとすぐにまず、ザトウクジラの鳴き声が水中を響き渡ります。🐋🐋🐋
これはどこかにいるとキョロキョロ探していると黒い影が・・・・が・・その黒い影の正体はまるまる太ったハンマーヘッド🦈
グレートハンマーかも?と思うぐらいの体格の良さです。
そしてポイントを変えて潜るとそこには巨大マンタも!!!!!
これも今まで見たマンタの中で一番大きい😮😮😮
そして人を恐れないようでグイグイと近づいてきます。ぶつかる寸前ぐらいでギロっと見られたかと思うとヒラリと上をかすめるようにふわっと浮上して避けていく様子は、まさに感動ものです。
1枚1枚のマンタのサイズは大きく、数枚が一緒に舞うと本当に圧倒されます。
ダイビングを終え、エキジットをすると、すぐ目と鼻の先でザトウクジラがブリーチング🐳🐳🐳
 



 
残念ながら水中ダイビングではクジラに会えませんでしたが運が良ければ水中で遭遇も!!!!
 

 
私はスノーケリングで親子クジラを見ることができました✌
 

1つの島の周辺でこれだけ大物揃いの横綱級にいくつも会える海は、世界中を探してもそう沢山ないとおもいます。💕
 
サンベネディクト島から約7時間、ロカパルディナではハンマーヘッドの群れやイルカの群れが待っています。
ロカパルディナは割れた岩という意味。
その名の通り真ん中にパックリ亀裂が入ったかのような岩が荒波に打たれながらどっしりと構えています。
サンベネディクトより流れがあるためダイビングのレベルは求められます。
ただその流れを好んで回遊魚が集まってきます。🐟🐟🐟
ギンガメアジンの大群に、イソマグロ、後ろを振り返るとナースシャーク!!!


 
下を見るとハンマーの群れも!!!!
 

 
サンベネディクトの単体のハンマーのように、まるまる太って大きくはないですが、そこそこの大きさのハンマーヘッドがうじゃうじゃと大群をなしています。

 
早朝にはイルカの群れも!!!!
岩のくぼみにはブラックチップやホワイトチップも団子状なって、うじゃうじゃ・・・・

そして、ソコロ
ここには巨大はジンベエザメがいるようです。

ようです・・・と言うのは私は行けなかったのです。。。。この島だけ有人島になっており軍の施設がはいっています。
軍の演習が予告なく開始されます。前日ぐらいに突然島周辺の立ち入りを禁止されます。
そのため軍の演習が入ってしまった場合にはソコロはいけなくなってしまうのですが、サンベネディクト島と
ロカパルディナ島だけでもお腹いっぱい満足はいただけると思います😊
 
そしてダイビング以外にもお勧めが・・・・
ぜひダイビングあと、日没前のサンデッキで海を眺めてみてください。
黄金色に染まる海にクジラが!!!!
クジラが呼吸をして海に戻っていく瞬間。。。何頭かの尾びれが黄金色の海に沈んでいく・・・・
とっても幻想的です。
 


 
港から1日以上かけていく孤島。。なかなか行くのも容易ではない場所ですが
それでも行く価値のある海かと思います。
私ももう一度行きたい海top3に入る場所です。✌✌✌
 
ツアー記事がこちらに詳しく掲載されています
 
ソコロのツアーはこちらから
 
ツアーブックのご希望とお問い合わせはこちらからどうぞ!
 

2011年ツアー詳細確定しました

2010年8月11日(水)

2011年のソコロ限定クルーズ詳細決定いたしました

2011年は・・・・・・

①2月10日発
②3月17日発の2航海限定。


基本料金
①¥393,000-
②¥398,000-


詳しくは今月発売のダイバー9月号に紹介されています。
弊社WEBにも近日公開予定です。

航海記
https://www.wtp.co.jp/wtpblog/index.php?c=28-75


We Sketchにも掲載されています
https://www.wtp.co.jp/pdf/sketch/06_socorro.pdf





メキシコのガラパゴス ソコロクルーズで初めてずくし

2010年4月26日(月)

メキシコのガラパゴス
このキャッチだけで何処の場所かピンとわかりますでしょうか?

メキシコのガラパゴスといわれているソコロ諸島に2月に行ってきました。
ソコロ諸島はメキシコ、カリフォルニア半島半島の先端にあるお洒落な港街からクルーズにて約24時間ようやくたどりつく絶海の孤島です。
そこまで時間をかけてまで行きたい海。
それは6メートル以上のジャイアントマンタ、ザトウクジラの親子、プクプクと肥えたハンマーヘッドシャークとの出会い。。💕
ハンマーヘッドの群れの数に関してはガラパゴスやココ島の方がすごいようですが、ジャイアントマンタ、クジラとの遭遇率はソコロのほうがすごいそうです。


と・・・・・こんな何でもしってるのよ、私。みたいに偉そうなことを語ってしまいましたが・・・・実はわたしもソコロへの視察が決まるまでは正直ソコロの名前を耳にしたことはあっても、実際どんな海なのかまったく知らず、いくときまってから色々情報を調べました💦

実際行ってみて・・・・・
遠い!!!!でも行く価値の十分ある海でした。
そして沢山の感動がある海でした。この海は無限の可能性が広がってるような感じさえします。


さて前置きはこれぐらいで、どんな出会いがあったかというと・・・・・🎵
最初に潜ったのはサンベネディクトのエルキャニオン


1本目のダイビングはお昼からスタート。1本目から衝撃的なダイビングでした😳
まず潜ってすぐクジラの鳴き声が水中に響き渡ります。それもかなりの大きさの声で。おそらく半径1キロ以内にはいそうな大きさです。初めて生でクジラの鳴き声を聞きました。泣き声はだんだん近くなってきます。。。私の心臓は期待でバクバク💕が・・・・・姿はそう簡単に見せてくれません。
あっ?あのでかい黒い影はクジラ??と思ったらそれは、プクプクと太ったハンマーが!!!!😳
ハンマーを見れたのは実は初めてなんです・・・見たいと試みた事は沢山あるのですがいつもスカ・・・・・😭
なので今回が初💕
初がこんなにプクプクでっかいハンマーを見てしまったら次にハンマーを見た時にがっかりしてしまうかも??




と1本目からボルテージ上がりっぱなしのダイビング!!!これから6日間のダイビング。。。今日はまだ序幕なのに、いったいこれからどんな感動が待っているのかと思うだけでテンションが上がります
そしてその期待は裏切られる事なく・・・・・
このほかキャニオンでは巨大マンタとの出会いが一番私の心に残りました。ここで出会ったマンタは私のダイビングの中で残り続けるような感じがじます。
マンタは色々な場所で沢山会ってきましたが、マンタと触れ合うというのはこういうことをいうのだと初めて知りました。
まずマンタが人をよけない・・・大体は人の前をマンタがスーッとよけて通っていくかと思うのですが、ソコロのマンタは目であなたがどいて!!!とアイコンタクトをとられます。
大げさな!!って思うかもしれませんが本当なんです。
ここのマンタに会えば分かります!!
マンタの目にこんなに釘付けになったのは初めてです。
マンタの目ってすごい優しいんです。でも目力がすごいんです!!
目を見て一緒にあそぼーと語りかけるとずっと周りをグルグル回ってくれます。バイバイというとすーーっと離れていきます。
今回、マンタは人をきちんと見てるって感じました。
マンタを追っかけるとやはりマンタは避けていきます。でもマンタの目を見て、語りかけると、マンタは答えてくれます。
一緒に戯れてくれます。何枚ものマンタと戯れられるのは感動以外いいようがありません。
幼稚なことを言ってると思われたら恥ずかしいので書くのをためらったのですが、何回もマンタにあったことがあるのに今回本当にそう感じたので正直に書くことにしました。





そしてサンベネディクトから移動すること約7時間、ソコロクルーズのメイン、ロカパルディア



大きな岩がドーンと海の中にそびえたち真ん中からぱっくり割れいて、その姿がまたなんといえない存在感を出しています。
周りにはその岩以外何もなく激しくうちつける波がダイビングレベルの高さを無言で語っているように見えます。
いざ潜ってみるとドーンと海に出ていた岩は海の中の壁となって下へ何処までも続いています。
70-80メートルぐらい続くドロップオフだそう。
その岩をぐるっと回っていくダイビングになります。ココでのダイビングは正直戸惑いました。
岩にうちつける波のうねりで水深が安定しない。。。
うねりの影響で水深が5-10メートルぐらいいったりきたり・・・それに加えカレントも強かった。。
1本目は戸惑いましたがすぐにコツをつかめるように・・・・✌
ただ結構独特なこのダイビングポイントに酔ってしまうゲストもでたりと2日目もここに残るか夜話し合いがゲストの中でもたれる事に。
というのも、このポイントは無限大の可能性があり、ここに残って明日も潜りたいというゲスト、比較的流れの穏やかなサンベネディクトに戻りたいというゲストに意見が分かれ。
基本このクルーズはゲストの意見を優先してポイントを可能な限り決めてくれるので、どちらにしたいかはゲスト次第。
私は残りたい気持ちの方が強かったのですが、基本意見が多かった方でということに。
話し合いの結果。もう1日ロカパルディナに潜る事に✌

残る決断をしてよかった。
朝一のダイビングがすごかった!!!!
ガイドが下を指差したと思ったらハンマーの群れが!!!!100匹?それ以上いたのではないでしょうか!!!😳
プクプクの肥えたハンマーの群れはすごい・・・というか大迫力!!!
と思ったら、イルカの群れに遭遇!!!!!😳
親子のイルカやその仲間がキュウキュウ歌いながらくるくると私の周りを回ってくれたり、お腹を出してぽけーーーっとした顔を見せてくれたり・・・
そしてそして、また下を指差されその方向を見ると、巨大マンタが!!!サンベネディクトのマンタも大きいのですが、それ以上にでかい!!!!
何メートルあったんだろう。。。
確かにある程度のスキルをもって潜らないとここのポイントは厳しいかも知れない。決して優しい海ではなかったけれど、でも本当に可能性が無限大な海だということを身をもって感じることができました。
ここでのダイビングは朝1本目がお勧めのような気がします。






そしてクルーズ中毎日のように見れたのは、いたるところでクジラのブリーチング!!!
親子のクジラが船のまわりをグルグルと回りお母さんが子供に泳ぎ方を教えている姿に感動し、夕日の沈む海原でのクジラの尾びれが綺麗に黄金色に輝く海に消えていく景色に感動し・・・・夜クジラの鳴き声で寝れなかったり・・・・(笑)
こんなにもいっぺんにクジラを見たのは初めて!!!
そうなると高まる期待はダイビング中でのクジラとの遭遇💕
サンベネディクトでは水中で毎回と言っていいほどクジラの鳴き声が響き渡り・・・でも姿は見えない。船に戻るとクジラがさっき潜った場所でブリーチングしている。。。。😰そんなダイビングを数回。
うぅーーん。クジラに遊ばれている気が。。クジラは人間よりはるかに賢いし。。💦


こーなればせめてスノーケリングで💨
ってなわけで皆でクジラスノーケリングをダイビングとダイビングの合間に決行!!!
何とかクジラをスノーケリングで見ることはできました。
ダイビングでクジラはいつの日かの楽しみにとっておきます(笑)






こんな感じでダイビング合宿のようなクルーズ。
1日4本ダイビングで1本のダイビングは軽く60分、その合間にクジラスノーケリングと・・・
体力には自信がある私ですが、さすがに疲れました(笑)

そしてそして最終日の夜は帰路に向かう揺れる船の中でメキシカンダンシングパーティー🎵🎵🎵
踊って?酔って?船が揺れて?フラフラしているのかもはや謎です。。
皆で夜中まで大騒ぎ。。
国籍もさまざまなダイバーが心をひとつに踊りまくりです。💕
こんなにノリノリのクルーズナイトは初めてでした🌙



本当は詳しく1日1日記載したいのですが、そーなるとこのブログがエンドレスになってしまうので(笑)
詳しくはWEスケッチの方であげることにしますね。

船は決して豪華な船とはいえませんが、暖かく陽気なメキシカンクルーにガイド。
そしてすばらしい無限大の可能性を持つ海。
私の中で1・2を争う大好きなダイビングの場所になりました。
来シーズンはWeの新しいツアー商品となっているかも?!
是非楽しみにしていてください✌
ただ水温は低いので20度あるかないかぐらいだったような・・5ミリ以上でのぞんでくださいね。💦
私は伊豆で愛用しているスキンのロクハンでちょうどよい感じでした💕

今回のブログの写真は自分でとった写真プラス、一緒に乗船した常連のお客様Nさんの画像とこのクルーズで知り合ったオランダ人のダイバーから提供してもらいました。
ありがとうございます。😊


CATEGORY

MONTHLY ARCHIVE

ページ先頭へ