2011年5月12日 現地ログ 

2011年5月28日(土)

オープンウォーター講習の最後のダイビング、Azmee Corner に行きました☀

緩やかに外に流れながら、浅瀬にあるオーバーハングを見ながらのリラックスダイブ🍀

特に講習最後のダイビングなので、ゲストのお二人もハッピーダイビング🎵で終わり浮上後、
ボートの上で“ジンベイ!ジンベイ!“と叫んでいるスタッフ・・・
”またいつもの冗談だよ!“とボートが近くに来るのを待っていると、
なんだかいつもとは違う感じ💨

急いでボートにあがってボートの行く先を見ると!
ジンベイが泳いでいるのがはっきりと見れました☀☀☀



急いでシュノーケルつけてジャンプ💨💨
ジンベイは水面から水深3mくらいのところを、ゆっくり泳いでいてくれました♥
あまりに近くに来るのでびっくり😳!!!

講習が終わったばかりのダイバーさんは大きな口を見て驚きボートに戻ってしまったくらい😁💨
6mくらいの大きさでジンベイの中でも小さいほうだけど、
私たちにとっては十分大きく迫力のあるものでした!

先月Meedhoo outでも見られています、アリ環礁のようにジンベイポイントはないけど、
こうやって偶然見られると、ますますダイビング中ワクワクします🎵

Vilureef
菊池有希子


2011年2月18日現地ログ

2011年2月19日(土)

今回は、Vilureef 海がめ産卵情報です。

Vilureefとこのまわりの島は、以前からカメが産卵に毎年⭐たくさん来ています。
何回か私も実際に感動の瞬間を見ています😍
いつも産卵に来た翌日、ビーチの形跡から“産卵に来ていた”と言う情報を聞きます。

2月1日に産卵に来たという情報を聞き、ビーチを見てみると確かに穴を掘って、
埋めた後が見られました。リゾートにはたくさんのカメ博士がいます!
彼らが言うには

“1匹のカメが何回かに分けて産みに来る”
“1回120~150個くらいの卵を産む”

とのこと🍀
それでは近いうちにまた来るのでは!!!
来ました、来ました本当に!!!2週間後の14日の夜🌙
私が見たときには、大きなカメが一生懸命💦に大きな穴を掘っていました。
博士によると、穴を掘っているときにカメが危険⚠を感じると産まずに海に帰ってしまうとか・・・。
そんな悲しいことがないように静かに離れたところから見ていると、あっという間に穴の中に大きな体が隠れてしまいました。しばらくすると、穴を埋め始めました・・・どうやらその穴は、産み終えたカメが本当の穴をカムフラージュする為に掘っていた穴のようです。
通常、産卵前に母ガメは産む場所を下見にも来るそうです👩
いくつもカムフラージュの穴を掘る母ガメもいるそうです。
こんな大きな仕事の全てを母ガメ1匹でし終えて、“ハーハー“言いながら海に帰っていく姿はたくましい、母強し👊!

カメは生まれたところに戻ってくると聞きます、これからもたくさんのカメがここに戻ってくると思うと楽しみです😄💕
たくさんの敵が海にいるけど、がんばって育って欲しいですよね。
そして、いまだに産卵に来ると言うことは、ここにはまだ自然がいっぱい!と言うことですね。このまま、この自然がずっと残るといいな。

Vilureefの周りで見られるカメは、Vilureefのビーチで生まれのカメたちです!

Vilureef育ちの
キクチユキコでした




2011年1月6日現地ログ

2011年1月6日(木)

2011年1月6日

あけましておめでとうございます。

大変ご無沙汰をしています。
いよいよViluのまわりもマンタシーズンが始まりました。

ちびマンタ(ヒメマンタ)がこの周りでよく見られるようになると、“いよいよマンタシーズンかな!”と皆で話しています。
なかなか流れが変わらず(アウトカレント)、なかなか行けなかったのですが、
去年末に行き始め、見られました!見られました!(残念ながらまだ今シーズン私はマンタポイントに行っていませんが・・・)
年末のトリップでは水面で10匹以上のマンタがえさ(プランクトン)を食べているのを、ダイバーが水深5mのところで見ることが出来ました。

マンタポイントまで遠いのでワンディトリップとなりますが、天気がいい日にボートの上で食べるランチがおいし~!!

今年に入っての初マンタトリップ!“絶対見られること間違いなし”で自信満々で行き。1本目“マンタ・・・いない”という近況報告を聞き残念・・・。ランチを食べた後、皆でシュノーケルをしてマンタ発見!し、2本目。1匹大きなマンタが根に戻ってきたそうです。
午前中流れがインカミンだったので、どこかに行っていたのでしょう。午後になりアウトカレントになり戻ってきたのかな!!




今年もどうぞよろしくお願いします。


キクチユキコ
Vilureefより。


2010年10月22日現地ログ

2010年10月25日(月)

2010年10月22日
天気:晴れ☀    気温:31度   水温:28度⬆   透明度:18m~20m

Vilureef では、最初の体験ダイビングをラグーンで潜ってから、2本目からボートダイビングができます。今日は中国人のお客さんと、体験ボートダイビングに行きました。
ラグーンでのダイビングでは、最初少し呼吸に違和感があったものの、慣れてきたらかなり余裕が出てきたようでたくさんの魚を探して喜んでいました。

ミードゥーアウトの外洋から始まりコーナーの内側までを潜りました。
手をつないで、耳抜きをしながらゆっくりリーフトップまで降りました。ここは元気いっぱいのテーブルサンゴやたくさんの魚が浅瀬で見られるし、楽にリーフに沿って泳げるので、体験ダイビング🔰でも楽しめるポイントです。
たくさんのイソギンチャクとクマノミ・黄色とグレーの2匹のコクテンフグ・キンチャクダイ・チョウチョウダイをリーフ沿いに見ていると、2匹のイソマグロが私たちの前を横切りリーフトップに向かって泳いでいき、前のほうにカメが泳ぎ去っていくのが見られました。急いで写真を・・・💦でもムービーの方がいいかも!急いでモードを変えて。少し遠いけど、記念には充分。 
コーナー付近のオーバーハングのなかには、ウロウロと動くベニマツカサがいる中、2匹のオトヒメエビがいました。                          
                                      

流れは緩やか透明度も良く、ゆっくり気持ちよく潜ることが出来ました。
体験ダイビング大満足!!
ここのところ、中国人ゲストが増えているから、少し中国語💬を勉強しないとな~と思っているところです・・・。



キクチユキコ
Vilureefより。


2010年8月24日現地ログ

2010年8月31日(火)

2010年8月24日
天気:晴れ☀    気温:31度   水温:29度   透明度:15m

ヴィルリーフ3回目のご家族に久しぶりにお会いできました!
前回来られた時は3人だったのにかわいい家族が増え、そしておねちゃんは
大きくなって立派なジュニアアドバンスダイバーになっていました。

リクエストの大物狙いでヴェラヴァルトングに行きましたが、
流れほぼ無し・・・う~ん(少し流れがあった方が大物確率高いので)
透明度悪い・・・う~ん、心配です😣

そしてヴェラヴァルのハウスリーフ側からチャネルに向かっていくことにして潜り始めることに。
潜り始めてすぐ目の前に大きなナポレオンが、透明度は悪いけど大きさは、はっきりとわかりました。そして、おねえちゃんがクマノミ・2匹ウツボを探してくれました🐥

メインのコーラルブロックに着くとホワイトチップシャークと少し小さいナポレオンが岩の周りを泳いでいました。
ツバメウオの群れが私たちについて泳いでいるけどなかなか見えづらく・・・残念でした😵
そしてお母さんが砂地のスパゲッティーガーデンイールをずっと見ていたのが印象的でした。
流れがない為、行ったり来たりしながらティラの上に上がり外洋へ行き、私が右側にお母さんが左側に同時にホワイトチップシャークを見つけました。

安全停止の時に、ブルーフュージラーの群れそして必死に岩を噛み砕いている(ガリガリと音がすごい)ブダイの群れが見られました😄

“透明度がもっと良かったらなー”でも自然のことなのでしょうがない・・・。
とってもモルジブらしいダイビングができました!と言ってもらえたので嬉しかった👩
次はいつ会えるかな~🌼楽しみにしていますね🌷

Vilureef より
菊池有希子


2010年7月14日現地ログ

2010年8月10日(火)

2010年7月14日
天気:曇り時々晴れ  気温:31度  水温:28度  透明度:25~30m

今日は、ティビサファーガーデンでナイトロックス講習です。
緩やかなインカミンカレントなので、外洋からゆっくり流されコーナーまでのダイビング。外洋25mの水底にはホワイトチップシャークが、リーフにはカメ、少し遠いけどナポレオンなどを見えました。
途中3匹のマダラトビエイが、華麗にホーバリングをしていたと思ったら、急に方向を変えて後ろに去っていきました。その後すぐに、反対から1匹・・・方向をまた変えてきたのか?と思ったら、なんとヒメマンタ(モブラ)が!!!皆にさっきのとは違うんだよ!!!と一生懸命アピールし、皆で大喜びでした。
ヨスジフエダイ・ヒメフエダイの群れがいるコーナーに到着して浮上となりました。

2本目はピクニックアイランドのファーンドゥーリーフ。
浅瀬のテーブルコーラルが見所のリーフでのんびりダイビングです。
ずーとサンゴを見ながらスズメダイになった気分で泳ぐのを気持ちいいですよ!!

菊池有希子
Vilu Reef



2010年7月13日現地ログ

2010年8月10日(火)

2010年7月13日
天気:曇り時々晴れ  気温:30度  水温:28度  透明度:25m

5日前にハウスリーフでジンベイザメが出ました~!!!
ウクライナからのダイバーとガイドとのハウスリーフダイビング中に。もちろん大喜びの2人ですが、潜ってなかった私たちはヤキモチいっぱい。二人ともカメラを持っていなかったのが残念。
でも“持ってなかったから見られたのかも”等と言いながらも、2回目のハウスリーフダイビングは、しっかりとカメラを持っていきました!!!

ジンベイを期待しながら、ヴィルリーフ15回目のリピーターさんたちと一緒に今日はマグドゥーリーフへ。隣のファーフ環礁のマグドゥー島の外洋。緩やかなリーフをゆっくりと流れて砂地にいるホワイトチップシャークを見ながら、ムスジコショウダイの群れのいる岩に行き、ウツボやコクテンフグ・モヨウフグ・きれいなタカラガイなど見てゆったりダイビングでした。途中上の方にナポレオンや安全停止の時にバラクーダも見られました。

2本目はヴィルリーフの前の漁民島のミードゥーケーブ。
アウトカレントだったので内側から外洋へと流れていきました。思ったより流れがなくまたまたゆっくりのんびりダイビング。
ウミウシ・1cmくらいの赤ちゃんミノカサゴ・ハリセンボンなどを見て、進んでいるとコーナー付近でブルーフュージラーの群れに囲まれ、とてもいい気分になりました!
1本目も2本目もゴマモンガラも巣を見つけました。これから少しの間、追いかけられないように気をつけたほうがいいかな。

Vilu Reefより



2010年6月9日現地ログ

2010年6月11日(金)

2010年6月9日 天気:曇り☁  気温:30度 水温: 29度  透明度:20m

ヴィルリーフのウォータースポーツの経営が変わり、サンウォータースポーツとなりました。(ダイビングスクールと一緒の経営です。)
今までどおりカタマランツアーやウインドサーフィンレッスン・バナナボートなど取り揃えています。
今、いい風が吹いていてウインドサーフィンにはとてもいい時期です。これからどうぞよろしくお願いします。

ヴェラヴァルリゾートの隣に面しているチャネルにはたくさんのティラがあります。
今回ダイビングは、その中のひとつのヴェラヴァルティラでした。

アウトゴーイングの緩やかな流れで降りていくと、前のグループが何かを見つけたようで指をさしているのが見えました。
カメが私たちの方に向かって泳いできているところでした。すごく近くで見ることが出来ました🍀その後、ティラに沿って進んでいくと、ななめに下がっているリーフにマダラエイが居心地悪そうに止まっていました。

ヨスジフエダイ・ムスジコショウダイの群れを見たりして進んでいくと、
途中大きなナポレオンがこっちを向いて漂っていました。ギョロッ😳とした大きな目で私たちを見て、去っていってしまいました。
今日は小さいナポレオンを含め全部で5匹くらい見られました。
でもサメが一匹も見られないダイビングでした・・・。

ボートでの休息後、2本目はアズミーコーナーです。
やはりヴェラヴァルリゾートの近くで、環礁の中にあるリーフです。
10mから15mの間にあるオーバーハングの中を見ながら、小物探しです。
ハナミノカサゴ・ハコフグ・キンギョハナダイなどを見ながら緩やかなドロップオフを左側にして泳いでいきました。
途中マダラトビエイが右側を大急ぎで通りすぎていきました💨
進んでいくと、長いウツボが新しい穴を探しに泳いでいるところに遭遇!全身をくねらせて泳いでいました。新居を見つけたかな!?
最後5mくらいの小さい穴の中に、小さいシビレエイがおしりを出して隠れていました。魚が隠れる時は結構“頭かくして尻隠さず”なんですよね(笑)
安全停止中にかつおの群れを見ました。いよいよモルジブ名物かつおの時期になってきたのかな。

ViluReef
菊池有希子









2010年5月8日現地ログ

2010年5月13日(木)

2010年5月8日(土) 
天気:曇り時々雨🌂  気温:31度 水温:30度 透明度:20m 

少し天気が悪くなり、午後から風も強くなってきました。

今日は、久しぶりのハウスリーフダイブでした!!
リピーターご家族と一緒にダイビング。
今回は娘さんのライセンス講習🔰で、ご家族一緒にダイビングができました。

エントリー前に急に雨が降り出してきました・・・。
(ちょっと暗く感じるけど、雨が降ってもでも海の中はぜんぜん平気!)

アウトゴーインカレントで緩やかな流れだったので、パッセージ1から入って2で上がりました。 
 
ハウスリーフ1から2の間は、30mまで落ちているリーフの壁にそって泳ぎます🐥
入ってすぐに小さいマダラトビエイが、私たちの下を通り過ぎて行きました。
リーフの壁では、たくさんのウツボ・ミノカサゴ、そしてハリセンボンが目をギョロギョロさせて穴の中に隠れていました。特に水深15m以内にたくさんのキンギョハナダイ🌷がいるのできれいです。

パッセージ2のまわりの大きなオーバーハングの中に、大きなコロダイ・コショウダイたちが整列して入っていました。いつもならロブスターもたくさん入っているのだけど、1匹もいなかった・・・、引越しかな?

壁にそって泳いでいる途中にイソマグロや、安全停止の時に小さいナポレオンも見られました✌

流れが少ない時に、ゆっくりハウスリーフダイブで小物探しは楽しいですよ💕


ヴィルリーフ
菊池有希子


2010年4月18日現地ログ

2010年4月19日(月)

本日よりヴィルリーフのダイビングログを開始します!!!
生の情報を、どんどん発信してもらうので、少しでも旅行を
計画する際のお役に立てればと思います♦

始めまして、サンインターナショナルダイビングスクール 
ヴィルリーフリゾートの菊池有希子です。
これから海の状況やリゾート情報などをヴィルリーフから発信させていただきます🎵


日本でのマリンダイブフェアーから戻り💨、早速日本人ご夫婦とのダイビング。
奥様はランセンス保持者、旦那様が今回ここで初ダイブしライセンス取得講習開始!!
ラグーンでの講習を終え、今日が講習最後のダイビングとなりました☀

午前1本目はヴェラヴァルトング。ヴェラヴァルのリーフからチャネルの方へと
ティラが続いているポイント。今日はヴェラヴァルリゾートのハウスリーフ側からゆっくり潜り始め、早速ホワイトチップシャークを発見🌷
大きな岩の周りに住みついているヨスジフエダイやヒメフエダイの群れを見ながら流れていくと、上の方に2匹マダラトビエイがホーバリングしているのが見えました🐥少し流れ💨が出てきたので、流れに乗りながらティラを超えてヴェラヴァルリゾートのアウターリーフへと進む間に、またマダラトビエイが1匹、それも近くに見えました✌
マダラトビエイが泳ぐ姿は優雅でかっこいいですね😍!!
ヴェラヴァルカンドにいたツバメウオの群れが、最近このポイントに場所換えしたので、アウターリーフに出ると、早速私たちを迎えにきてくれました。私たちのグループにたくさんのツバメウオが加わり、ずいぶんにぎやかなグループになりました🎵🎵🎵

あっ、カメ・・・でもツバメウオが邪魔してダイバーさんたちは見られませんでした、残念😭
トップリーフにいたホワイトチップシャークを見ていると、ムレハタタテの群れがひらひらと見えてきて、群れと一緒に安全停止となりました。
途中イソマグロや、ひとつの穴から大きなウツボが2匹顔を出しているのが見られました。
結局、ツバメウオたちは私たちの回りでずっと遊んでいて安全停止が終わるまで一緒にダイビングをしていました。
他のグループは、ティラの上でテンジクザメを見ていたそうです・・・
同じポイントを潜っていてもこういうことは良くあるんですよねー、運ですね。それにしても残念。

天気も良くボートの上での休憩は気持ちがいいです🍀
2本目はウッドーリーフ。ヴィルリーフの近くにある無人島のリーフで
サンゴがとってもきれいなリーフです💕
リーフ沿いから潜り始め、大きなうちわ(ウチワヒラヤギ)を右側に見ながら進んでいるとティラが見えて来ました。流れも少ないのでティラの周りを2周。キンメモドキの住んでいる大きな穴の中に、マダラエイを発見⚠ティラの上では、まわりの岩に同化して隠れていたオニオコゼや、ひらひらとヒレを動かしてダンスしているかのように泳いでいるハナミノカサゴが見られました。
浅瀬で元気に育っているテーブルサンゴを見ながら、浮上の時間となりました🌼🌷
流れは少なくのんびりと潜ることができました、中性浮力の練習にとてもいいコンディションでした!!
旦那様の講習終了です。⭐⭐⭐おめでとうございました。⭐⭐⭐
これからお二人で安全🔰に楽しく潜り続けていって欲しいです。

菊池有希子


CATEGORY

MONTHLY ARCHIVE

ページ先頭へ