タヒチ、ファカラバ・ランギロアツアー②

2019年6月14日(金)


 
タヒチ2週目は豪華リゾート、キアオラ宿泊のランギロア島でダイビングです。
 
ファカラバとはメンバーも入れ替わったりしながら、こちらではイルカとのダイビング狙いです。
 

 
 
 
今年もイルカたちは人懐っこい!

 

 

 
Mrs. Asako Ban 900本おめでとう!!
 

ここはステキなピザ屋さん。
 
今年も滞在のキアオラ、毎年訪れたい大好きなリゾートです。

 

 

週に2度はタヒチアンダンスショーです。
 
 
イルカ、、、!
 

キアオラの同性相部屋。
部屋はとにかく広いのです。
 
今年もご参加いただいた皆様、ありがとうございました!
 
世界には数えてもキリがないほどステキな海が待っています。
潜り倒しましょう!
 
ワールドツアープランナーズ 的場
 

タヒチ、ファカラバ・ランギロアツアー2019

2019年6月10日(月)

 

 
タヒチはファカラバ、ランギロアの2島を巡るツアーに来ています。
今週はファカラバ。
 

 
サービスはもちろんトップダイブです。
 

 
遠征で行く環礁南のパスには、
変わらず圧巻の、どこまでも続くサメたちの大群と、それをどこまでも見ることができる透明度です。
 

 
さらに、この時期は産卵のためにマダラハタたちも大集合します。
 

 
今回も宿泊は、Havaiki Resortです。
ビーチヴィラからの景色は、朝から星空まで毎日飽きることはありません。
 

 
4日間のダイビングを終えて、首都パペーテでタヒチの都会を満喫した後は、豪華リゾートKiaora宿泊のランギロアへ移動します。
3年ぶりのランギロア、どんなステキな海が待っているのでしょう。
お楽しみに!
的場

スタッフ推しオススメ3ポイントbyツアーブック ランギロア編

2019年6月6日(木)

こんにちは😊
今週末は天気が悪そうですね…☂そろそろ関東も梅雨に入りますね⛆
6月は祝日も無いので、夏の旅行のためにメキメキ働きましょう💪
 
今回ご紹介するエリアは……ランギロア!!

 
世界で2番目に大きいラグーンを持ち、
タヒチ屈指の大物天国とも言われるダイバーはチェックしておくべき島です🌴
そんなランギロアの魅力を伝えるべく、たくさんある魅力から3つ厳選してご紹介します📣
 
お勧めポイントその①:ランギロアと言えばイルカ🐬

 
ランギロア周辺には、40頭近くの野生のイルカが暮らしており、年間通して姿を現してくれます!
野生のイルカと泳げるチャンスがあるなんて、素晴らしいですね!
ランギロアはイルカだけでなく、
7月〜10月はマンタ、11月〜4月はハンマーヘッドシャークなどがお楽しみいただけます✳
 
おすすめポイントその②:選べるリゾート

 
予算に合わせてリゾートが選べます✨
星野リゾートが手がける人気リゾート、Kia Oraを始め、魅力的なリゾートがたくさんあります。
Kia Oraの水上コテージは全て1棟独立型で、テラスからそのまま海にでることができます!
ダイビングがてら、ちょっと贅沢にバカンスしにいくのはいかがでしょうか🌺
 
おすすめポイントその③:サービス精神旺盛のダイビングショップ

 
『快適に、安全に』をモットーに、コミュニケーションを大切に安心安全のダイビングをサポートしてくれるトップダイブ
なんとレンタル器材&ナイトロックスが無料でご利用いただけます!
ダイブスケジュールは基本的に午前2本、午後はゆっくり
午後に3本目潜る場合はナイトロックスの認定が必要です。
 
ランギロアのこと、もっと知りたい🙋
という方は是非、今年の夏、年末年始に訪れてはいかがでしょう⁇
ノンダイバーの方も是非!!ダイビング無しのプランもご案内可能なので、リゾートステイを楽しみましょう🙌
 
【ランギロア Kia Ora ステイプラン 最大8ダイブ 8日間 成田発着】
【ランギロア ペンション滞在プラン 最大8ダイブ 8日間 成田発着】
 

★クルーズ紹介第21弾★オケアノスアグレッサーⅡ号(ココ アイランド)

2019年4月25日(木)

皆様
こんばんは😺いよいよGWが始まりますね~
ご旅行の皆様お気をつけてご出発くださいませ。
 
クルーズ紹介は、今日で最終回です。
今回は前回に引き続きココアイランドを航海しているアグレッサーシリーズ
オケアノスアグレッサーⅡ号をご紹介いたします🚢🌟
 

 
部屋は全室11部屋
マスタールーム1部屋、デラックス8室、スイートルーム2部屋。
 
🐣Deluxe Stateroom🐣
デラックスはバンクベッド形式、ローデッキにあります。

 
🐣Master Stateroom🐣
マスタールーム ダブルベッド(クイーンサイズ)メインデッキにあります

 
🐣Suite🐣

 

ツインベッドとダブルベッド(キングサイズ)の部屋アッパーデッキにあります
毎日タオルを交換してくれるのもさすがアグレッサーですね。
 
共有スペースも広々しています。

 

 
こんなかわいいパイナップルアレンジも❣❣😊

 

ココ アイランドといえば、、ハンマーヘッドシャーク🦈🦈がいちばん有名ですが

他にもたくさんの魚も見られますよ🐠🐠

 

 

ココ アイランドのツアーはこちらから
お問い合わせはこちらから
 
 
 
 

第八弾◆◇2019年卓上カレンダー企画◇◆~ファカラバ島~

2018年12月22日(土)

真っ赤なおハナの~♬トナカイさんは~♬
 
いっつも♬みんなの~♬笑いもの~♬
Merry christmas!!今日はクリスマスですね!何歳になってもクリスマスはなんかワクワクしてしまいますね!
皆様は、どんなクリスマスをお過ごしですか??私はこれから帰ってシャンパンでも頂きましょうかね?
妄想です(笑)
さて、今日紹介するのは・・・
(カレンダー7月) タヒチ・ファカラバ島

ブラックチップシャークが見れるファカラバ~~!!
タヒチといえば、、ランギロアをイメージされる方も多いかと思いますが、
ファカラバでもとても楽しいダイビングが出来ますよ!
特にシャークが好きな方!!

絶対にオススメです!自信を持ってオススメできます!
このカレンダーの写真がどこで撮影されたこというと、、、南ファカラバのリゾートの桟橋の下ですよ!
膝下ぐらいの水深のところにこんなにもシャークが集まってくるんです。
他にも、カメナポレオンカスミアジまでも泳いでましたよ!ビックリですよね

特にこの南ファカラバでのナイトダイビング!大興奮です!
リゾートから直ぐの桟橋からエントリー

ゆーーったりとドリフトしながら・・・

気付くと、周りはサメだらけ!しかもグレーリーフシャークです!
寝ボケて、ゆーっくり泳いで魚たちに食いつく!食いつく!

ものすごい迫力です!少しサメの恐怖を感じるぐらいのナイトダイビングができますよ!
是非、ご興味を持たれた方は、ファカラバGOGOGO!!
ファカラバのページはコチラから
ツアーページはコチラから
カレンダーをご希望の方はコチラから
 
 
 

タヒチ研修報告🌴①

2018年12月20日(木)

IAORANA❀
このワードでピーン💡ときた方も、多いのではないでしょうか??
こちらはタヒチの挨拶なのです👋🌸
今回は、南の楽園タヒチに研修へ行ってきましたのでそのご報告です✨
 
タヒチといえば~~~?
ランギロアのイルカ🐬 ファカラバの鮫💀 を思い浮かべる方が殆どかと思います。
ただし、タヒチ初めてにも関わらず!今回はそんなメジャーどころは華麗にスルーして、
ティケハウタヒチ島で潜ってきましたよ✌

 
タヒチは、エアタヒチヌイの直行便で11時間✈
到着すると生演奏で出迎えてくれて、一気に南国気分UP🎸⤴⤴

空港が新しく綺麗になったとのことで、久しぶりに行かれる方は驚くかも?!✨
お出迎えでティアレのレイを首にかけてもらい・・・❀
良い香りで更にウキウキ♫

 
まずはタヒチ本島のホテルをご紹介します🏨✨
今回一番長く泊まったのは「Manava Suite resort Thahiti」🌺

※こちらの写真はホテルHPより拝借いたしましたm(_ _)m
空港からは車で10分ほど、パペーテの街までも15分ほどで到着する、
プナウイアというエリアに位置しています🏢
 
主なお部屋は、ざっくり分けてStandard/Studio/Suiteの3種類!
景観によって、LagoonGardenにカテゴライズされています。
Standardはテラスとキッチン無しのお部屋なので、他の島へ移動する前後泊向けの印象です☝
こちらがSuite💓


ベッドルームとリビングが別れており、広めのお部屋です♫
 
Studioは、バスルームやキッチンはSuiteとほぼ同様ですが、
リビングとベッドルームが一緒になっています。
とはいえ広さは十分👍

 

 

 
お食事も美味しかったですよ!😋🍴
朝食はメインレストランでのビュッフェスタイル🍞🍳
フルーツも数種類あって嬉しかった~~🍇🍉🍈

 
昼はプールサイドレストランで爽やかに🔱

 
夜は再度メインレストランです。ライトアップがお洒落🍷.。.:*♡
テラス席と室内とでお席も選べます👌
 
 
気になる日本語メニューは・・・・?📖
あーーるーー!(ザキ◯マ風に)

 
ボリュームは・・・?🍴
あーーるーー!

ちなみにチェックイン時に日本語案内をもらえる&日本人スタッフの方もいらっしゃる(2018年現在)ので
安心度120%です!!
 
また、徒歩1分のところに小さなストアがあるので、
ちょっとした買い物は気軽に出来ちゃいます🏬

 
スーパー・カルフールも車ですぐ!ホテルからカルーフル行きのシャトルバスも出ています🚌

 
南国のクリスマス🎄🌴

 
日曜・祝日はお酒の販売時間に制限があるのでご注意を🍻⚠

 
本日はここまで✋
海の様子はまた次回以降にご紹介します💗
 

第一弾★Weスタッフオススメツアー★ ~ファカラバ&ランギロア~

2018年10月25日(木)

😊皆様こんにちは😊
久しぶりに朝から🌞太陽🌞が出て、ポカポカ陽気ですね🌞
気持ちが良いです😍
本日より新しいテーマで皆様に海の情報をお届けしていきたいと思います!
本日のご紹介は『ファカラバ&ランギロア』です🤗
来年6月にも的場同行ツアーで催行する予定となっております。
是非、参考にして頂ければと思います!
タヒチは、南太平洋フランス領ポリネシアに属するソシエテ諸島にある島で118もの島々があります。

その中でもダイバーに絶大なる人気で、誰しもが一度は訪れてない海のトップに入るといっても過言ではない海、
それは・・・🌈『ランギロア島』🌈
透明度の高さ魚影の濃さイルカとダイビング!といえば、ランギロア島🤩

島の両サイド、ティプタアバトルの水路になってるところが、魚群と大物の通り道となっており、
外洋からのインの流れに乗って、ドリフトダイビングをするのが主流となっております。
イルカはもちろんの事、グレイリーフシャークの群れ7月~10月頃には、カジキが現れることもあり、
何か現れてもおかしくないポイントとなっております。

ツアモツのベストシーズンは11月~3月で、マダラトビエイの大群が見れたりします。
イルカは高確率で通年みられます。透明度は常に40mオーバーが普通。
いくつか有名なダイビングポイントをご紹介致します。
◆ティプタパス◆
野生のイルカと泳ぐなら、ここ。
言わずと知れたランギロアを代表する一番人気のポイント
外洋からエントリーし、パスの流れに沿って環礁の切れ目を経由しラグーンへと泳いでいきます。
パスには水深30~40mとなっているところもあり、
大きなハンマーヘッドシャークや群れのマダラトビエイが泳いでいる姿を見ることができます。
そして、何といってもこのポイントは野生のイルカと泳げることで有名です。
人懐っこいイルカたちがダイバーたちに近寄ってきて、ときには触れるほど近くに来てくれることも…。
世界でも珍しい野生のハンドウイルカと泳げるポイントです。
12~3月にはマダラトビエイの大群とグレートハンマーヘッドとの遭遇率がアップ!

◆アバトル・パス◆
迫力の魚影に出会う。
ティプタ・パスと並んで、大物が次々に現れる迫力満点のスポット。
潮の満ち引きによってパスに引き寄せられた大物たちがダイバーを出迎え、海の楽園へと誘います。
ギンガメアジやバラクーダが壁となり、渦を巻く!
遭遇率が高いのは、大きく迫力のあるシルバーチップシャーク。
悠々と泳いでいく姿は圧巻で、餌付けをしながら近くでふれあうこともできます。
また、名前の通り、糸のような可愛らしいヒレをもつイトヒキアジの魚群も、アバトル・パスならではの見どころ。
そして野生のイルカやナポレオンフィッシュも登場するこのポイントも是非リクエストを!
7~10月はマンタとの遭遇率もアップする!
◆シャーク・グロット◆
水深約40m程のところにあるグロット(穴)の中にダイバーが入り、グレーシャークが近くにやってくるの待ち観察ができる嬉しいポイント!もちろん深場の為に長居は注意が必要!
◆キャニオン◆
パス(水路)をドリフトしながら、途中でパスの真ん中にくぼみの様な場所がある。
そのくぼみに入りながら、周辺を散策できるポイント!
サメの繁殖期にあたる6月の多い時には100匹以上のサメがこの渓谷に集まるので圧巻!
続いては・・・ファカラバ島

ポリネシアで2番目に大きな環礁を持つファカラバ島。
ダイバーの終着地とも言われている、まさにダイバー天国
大物が見たい!圧巻の魚影が見たいとにかくサメが見たい!という方には本当にオススメの場所。
昔ながらののどかな田舎の楽園みたいなイメージで、中心地のロトアバ村には、ペンションやレストラン、お土産屋などが
集まっており楽しむ事ができます。
ダイビングでは、北の水路『ガルアエ・パス』が有名で、水路の幅がなんと1.6キロもあります。流れも速く上級者向けですが、
魚影の濃さはピカイチ!🐋

また、あまりまだ知られていない南ファカラバ(スピードボートで約2時間ほど)のほうでは、
とにかくサメ・サメ・サメ!!まるで川のようにグレーリーフシャークが次々と泳いできます!あんな景観はおそらく、
ここでしか見る事ができないかと・・・圧巻の一言です!透明度も50mオーバーで、サンゴ礁の群生もなかなかの見物です!

◆ガルアエ・パス◆
仏領ポリネシアで一番大きなパスで、その幅は約1.6km!外洋でエントリー後、
サメ, エイ、マンタ、イルカ、マグロ、カメ、バラクーダ 回遊魚を見る事が出来るファカラバの一番人気のポイント。
7本の潮流が入り組んでいるために、ダイビングは干満に合わせ、潮流の強弱を確認して行われます!
パスの最大水深は30mほどで、見渡す限りのサンゴ!魚影がとても濃いので、まるで”竜宮城”の様な雰囲気!
◆テ・アヴァ・ヌイ◆
テ・アヴァ・ヌイはサンゴが豊かでその景色はとても特徴的!
セントラル・パークの景色と似ています!
ガルアエ・パスの外洋側でバラクーダやナポレオン、時にはイルカと出会える事も!!
◆セントラルパーク◆
ファルアエ・パスの入り口のポイント!サンゴが見事なポイント!
そのサンゴはまるで庭園の様に広がり、豊かな魚礁となっている!
時にイルカも見る事が出来き人気ポイントの1つ!

🎃ランギロア島の詳細ページはコチラ
💫是非こちらもクリック♬
🍬ファカラバ島の詳細ページはコチラ
💫是非こちらもクリック♬


SORA-web最新号アップ!

2018年8月14日(火)

SORA-web最新号をアップしました🐻❣
 
今回はカメラマン・鍵井靖章が訪れたファカラバ!
サメづくしの旅となっております🦈🔥
 
是非ご覧ください(・o・)!!!
 
🌈SORA-webはこちら
🌈ファカラバの詳細はこちら
 


♫第26弾♫ ツアーブック紹介 タヒチ/ファカラバ編

2018年8月13日(月)

皆様ご無事でしょうか?!
 
台風13号(サンサン)の影響は、大丈夫でしたでしょうか?
本日ご旅行出発だったお客様は、飛行機の欠航だったり、大幅な遅延だったり、、、
大変だったかと思います・・・その分、是非目いっぱい楽しんで帰ってきて頂きたいです
本日のツアーブック紹介の方面は⇒⇒⇒タヒチ・ファカラバ島

タヒチといえば・・・皆さんの頭の中に一番最初に思うい浮かぶのは、
『ランギロア!』ではないでしょうか?
ランギロアは、イルカハンマーヘッドシャークなどで有名ですが、
ファカラバは、サメの群れで有名な島となっております

ファカラバ島の中でも、ノースファカラバの海サウスファカラバの海ではまた全然違う海を楽しむ事ができます。
ノースファカラバでは、グレーリーフシャークブラックチップシャークサメバラクーダギンガメアジの群れ
が見れたり、真冬(11月~4月)にかけては、ザトウクジラハンマーヘッドシャークなどもみる事ができます。
もちろんマンタも見れますよ!

”サウスファカラバ”はあまり訪れた事のある方はまだ少ないかと思いますが、
サメ好きの方にはまさに聖地です!
私はこれほどのサメの大群を見た事がありませんっ!

また、何といってもオススメしたいのが、ナイトダイブ!!今までのナイトダイビングの中で一番興奮しましたね!
とにかくグレーリーフシャークがどこを見ても泳いでるのですが、必死でハントする姿が見れます。
寝ぼけた魚が岩場からフラフラ現れた際には、ものすごい勢いでその一匹の魚に向かって30匹ぐらいのサメ
突撃してく様は圧巻です!恐怖さえ覚えます!
水中で、サメが噛む音がバリバリ聞こえ魚のウロコがキラキラと舞ってきます!
ファカラバ島も、とってものどかな雰囲気の綺麗な島ですので、是非一度訪れてみてください!

◆◆◆ファカラバ島のお問合せはコチラから◆◆◆
◆◆◆ツアーブックのお問合せはコチラから◆◆◆

♫第2弾♫この生物を見たいならココ ハンマーヘッドシャーク編

2018年4月24日(火)

皆さんこんばんは。🌃🌃
さぁ今週から始まりました新企画❣❣❣
この生物を見たいならココ
一度は考えたことあるかと思います。この子が見たいけど、どの時期にどこに行けば高確率で見れるのだろう・・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回は【ハンマーヘッドシャーク】です。
ハンマーヘッドシャークは回遊魚で根などにいつく生物ではないのでなかなか難しいところですが
いくつか候補をみなさへ
今回のイチオシは10月に開催されるインドネシアのバンダシークルーズ

パプアニューギニアとスラウェシ島の間に位置するマルク州の州都で、香辛料の輸出貿易で盛んな街アンボンが
最寄りの空港のある都市です。
バンダ海はアンボンがあるモルッカ諸島の南に位置し、バンダ諸島などの小規模な諸島のみが分布している地域
バンダ島周辺は、ダイナミックなドロップオフで魚影が濃く、透明度は高く、何百メートルと一気に下降するドロップオフ!!!
色鮮やかなソフトやハードの何種類ものサンゴが群生する。
イソマグロやバラクーダの群れ。そしてなんといってもハンマーヘッドの群れは見ものなのです。
回遊しているのでそのときの運も大きく左右いたしますが、当たると何十匹の群れを同時に見ることが出来ます。💕
 
 
続きまして・・・・
もう少しお休みが長く取れる皆様、そしてもっと高確率でハンマーを狙いたい方・・・
なんと行っても外せない場所は【ココ島】ですかね・・・・
そう、イッテQのオーシャンズでも放映されたことでも有名ですね。

 

世界中のダイバーが目指すといっても過言ではないハンマーの聖地とも言える場所です💕
コスタリカ共和国の本土から南西約500㎞離れた場所にあるココ島。
サンホセからクルーズで32時間から35時間かけてやっとたどり着ける場所です。
潮の流れも速いので上級者向けダイブクルーズですが、世界中から大物を目当てにしたダイバー達が集まる世界屈指の海です。
ココ島で有名なハンマーヘッド以外にもガラパゴスシャーク、シルバーチップシャーク、シルキーシャークなど数多くの
サメの種類を間近で観察することができ、ナイトダイブ時にはネムリブカの捕食シーンも見られる可能性あり!!!

マダラトビエイ、マンタなどはもちろんのこと、ジンベイザメやバンドウイルカに出会える可能性も!!!
 
2019年絶海の孤島・中米コスタリカ『ココ島』を潜るダイブクルーズ!!
 
クルーズはちょっと苦手・・・というあなたにも。
クルーズより確率は少し落ちてしまいますが冬のタヒチランギロア島も1月-3月で見れる可能性がございます。
ペンションでお手頃にという方には・・・・
 
ダイバーなら憧れている方も多いハンマーヘッド。
是非会いに行ってみてはいかがでしょうか? 💕💕💕
お問い合わせはこちらから

CATEGORY

MONTHLY ARCHIVE

ページ先頭へ