Tubbataha ReefPhilippines

  • トゥバタハリーフ 画像1
  • トゥバタハリーフ 画像2
  • トゥバタハリーフ 画像3
  • トゥバタハリーフ 画像4
  • トゥバタハリーフ 画像5
  • トゥバタハリーフ 画像6
  • トゥバタハリーフ 画像7
  • トゥバタハリーフ 画像8
  • トゥバタハリーフ 画像9
  • トゥバタハリーフ 画像10
  • トゥバタハリーフ 画像11

フィリピン・トゥバタハリーフってどんな所?

フィリピンのパラワン島、ネグロス島、ミンダナオ島に囲まれたスールー海。周りを360度海に囲まれているため、ここを潜る唯一の手段はダイブクルーズ。この海の狙いはずばり、トゥバタハリーフ!

↓オススメポイント↓

世界遺産のサンゴ礁・トゥバタハリーフ
スールー海のほぼ中央に位置するトゥバタハリーフは、貴重なサンゴが群生する海域として1993年世界遺産に登録され手厚く保護されている。数々のダイブスポットを擁するフィリピンで古くからベストの中のベストといわれるダイブスポット。

期間限定、行けるのは年間3ヶ月間のみ
スールー海でボートが出られるのは3月中旬から6月中旬までのわずか3ヶ月間。残りの9ヶ月間は、季節風により閉ざされてしまう。日本からそれほど遠くはないが、ボートの数も限られるためかなか行けないスポットとして注目されている。期待を裏切らず、世界各地を知るプロ水中写真家もその凄さには舌を巻く場所なのだ。

限定ツアーのためお申し込みはお早めに
世界中の通なダイバーに人気スポットのため、ほとんどのボートは早くから欧米人に抑えられてしまう。Weではネットワークを生かし、毎年数艇のボートをキープ!

越智隆治のトゥバタハリーフ はこちらから ≫

達人のオススメ!

水中カメラマン古見きゅうのおすすめポイント

どんなところ
まさにダイバーのためにあるような世界遺産。西部太平洋のサンゴの起源とも呼べる場所。基本的にはドロップオフのポイントが多く、ドリフトダイビングで潮の流れに乗りながら大物の出現を待つ。
ココに注目
リーフ一面を埋め尽くすサンゴの群生。これは本当にすごい!
こう遊べ
ドロップオフを飛ぶように楽しむ。大型回遊魚との出会いは一瞬だったりもするので、常に目線を広く持つというか、周囲を気にして潜っていたほうが良いと思う。
ポイント
基本はワイドレンズ。マラヤンレックなどではハンマーヘッドとの遭遇率は高い。いつも気を抜かずに!

ダイビング情報

豊かな生物層を誇る屈指のスポット

パラワン島の州都プエルトプリンセサの182km南、スールー海の中央に位置するトゥバタハリーフ。海底1000mから南北2つの環礁が隆起し、300種のサンゴ、380種の魚が棲息する豊かな生物層を誇るスポット。
大物はマンタ、ハンマーヘッド、ナース、ギター、ブラック&ホワイトチップなどのサメ類、ウミガメ、ギンガメ、ナポレオン、バラクーダ、ロウニンアジなど。拠点となるプエルトプリンセサ周辺では、しばしばジンベエやジュゴンが目撃されている。1980年代には国立海洋公園に指定され、1993年には世界でも希に見る豊かな海としてUNESCOの世界遺産に登録。現在はレンジャーによって手厚く守られており、釣りやジェットスキーなど、環境にダメージを与える行為は禁止されている。

点在するポイントをクルーズで網羅

水路で隔てられたサウスリーフ、ノースリーフと呼ばれる2つの環礁の周りに、ポイントが点在。サンゴが茂るリーフと、ストンと落ちるドロップオフが基本で、ドロップオフの壁にはケーブやクレバスなど起伏が楽しめる。リーフの外側を流れに乗ってドリフトし、リーフの棚でエキジットするのがここのスタイル。

パラワン島のプエルトプリンセサから南下するのが一般的で、近い順にJessie Beazley、ノースアイランド、サウスアイランド。大まかな特長としてはノースアイランドはサメが多く、サウスアイランドはウミガメや沈船、マンタポイントがある。場所によってはブイが設置されているが、ポイント名や潜るエリアはボートによって異なる場合もある。

ダイビングクルーズ

パラオスポート

大きさ/38m
定員/今回航海定員24名(通常30名)
食事/食ビュッフェ
電気/100V
クルー/16名
ガイド/6名
ダイビング/ コンプレッサー、アルミタンク、 ウェイト、ウェイトベルト、ライト、BCD、REGULATOR
スピード/12ノット
キャビン/スタンダードツイン(9部屋)、4人部屋(2部屋)
装備/全室エアコン、トイレ&シャワー付き、TV、DVD、VHS、 ステレオ、バー 、サロン、ラウンジ、ジャグジー

ステラマリスエクスプローラ

大きさ/31m
定員/12~22名様
食事/3食ビュッフェ
電気/220V-110V
クルー/14名
ダイビング/コンプレッサー、アルミタンク、 ウェイト、ウェイトベルト、ライト、BCD、REGULATOR
スピード/14.6ノット
キャビン/10部屋、スタンダード(4部屋)、デラックス(3部屋)、デッキキャビン(3部屋)
装備/全室エアコン、トイレ&シャワー付き、TV、DVD/VCD、VHS、 ステレオ、バー 、ライブラリ、電話、サロン、ラウンジ

ダイビングムービー

ソリチュードワン トゥバタハムービー


基本情報

トラベルメモ

国名 フィリピン共和国
首都 マニラ
最寄の空港 プエルトプリンセサ空港
ビザ 30日以内なら不要。ただしパスポートの残り有効期間が「滞在日数+6ヵ月間以上」必要ですのでご注意下さい。
時差 日本とフィリピンの時差は、1時間でフィリピンの方が遅れています。サマータイムはありません。
気候 周囲に風よけがないため、風のない3月中旬頃~6月中旬頃のみしかアクセスができない。
平均気温 25~30℃
平均水温 26~29℃
適正スーツ 3~5㎜ウェットスーツ
透明度 ☆☆☆
言語 公用語はフィリピン語(タガログ語)です。英語は広い範囲で使われています。
電圧 110/220ボルト、60ヘルツ。プラグはA、C、Oタイプ。
通貨 フィリピンの通貨単位はフィリピン・ペソ(P)とセンタボ(C)です。P1≒2.71円、P1=100¢(2015年3月現在)。
両替 両替は、空港・銀行・ホテル・政府公認の商店などで可能です。
チップ 空港/ホテルのポーターには荷物1個につき10ペソ。タクシーは料金の10%、レストランでサービス科が含まれていない場合は請求額の5~10%が目安です。サービス料が含まれている場合でもお釣りの端数(コイン)を置いていく人が多いようです。
その他 トゥバタハリーフでダイビングができるのは3月中旬~6月中旬の3ヶ月間。海面は鏡のように静かなので、ボートが揺れることはあまりない。海の透明度は30~40m、流れは中程度。4月上旬は欧米人やローカルのホリデーにあたる時期で移動、ホテル、クルーズボートが混み合うため、日本からツアーが開催されるのは3月中と、4月中旬~5月下旬くらいまでとなる。

行き方

行き

日本
フィリピン航空にて日本発
成田、関西、名古屋は同日乗り継ぎがマニラにて可能
マニラ
マニラにて乗換え
※同日乗換えが可能
プエルトプリンセサ
空港より港へ
送迎車にて約15分
夜、トゥバタハに向け出航
7時間~8時間
朝起きたら、トゥバタハです!!
トゥバタハ

帰り

トゥバタハ
午前中ダイビング終了後、港に向け出航
※クルーズ船によってダイビング本数は異なります。
夜から早朝の間に帰港
朝、チェックアウト後、送迎車にて空港へ
プエルトプリンセサ
国内線にてマニラへ
マニラ
フィリピン航空にて日本へ
成田、関西、名古屋は同日乗り継ぎ可能。
日本

補足

MAP

2017年4月 Area Ranking

  • 第1位 安定の大物ダイブサファリ!!モルディブ・アイランドサファリロイヤル♪

  • 第2位 タヒチ・ファカラバ!最大級のパスで豪快ドリフトダイブを味わう!!

  • 第3位 バリカサグまでボートで30分!!最高の立地で最高のダイビングを!

  • 第4位 狙えカジキ!大物天国タヒチ・ランギロア!

  • 第5位 インドネシアの隠れた秘境【マラトゥア】

  • 第6位 新リゾート誕生【アンボン】マルクリゾート&スパ

  • 第7位 1年通して安定して楽しめる【メナド】

  • 第8位 大好評!!安心お任せパック!【モアルボアル】

  • 第9位 マクロ好きならリピート間違いなし!【レンべ】

  • 第10位 ニタリと泳げる海! マラパスクア

We スタッフ一押し!エリア

  • モアルボアル

  • ダイブクルーズ

  • サムイ・タオ島

  • アニラオ

  • ガラパゴス諸島

  • ボホール

PAGE TOP