Jean-Michel Cousteau Fiji Islands ResortRepublic of Fiji

  • ジャンミッシェルクストー リゾート 画像1
  • ジャンミッシェルクストー リゾート 画像2
  • ジャンミッシェルクストー リゾート 画像3
  • ジャンミッシェルクストー リゾート 画像4
  • ジャンミッシェルクストー リゾート 画像5
  • ジャンミッシェルクストー リゾート 画像6
  • ジャンミッシェルクストー リゾート 画像7
  • ジャンミッシェルクストー リゾート 画像8
  • ジャンミッシェルクストー リゾート 画像9

フィジー JMCはどんなところ?

ジャンミッシェルクストー リゾートに行く価値は??
生きる伝説のようなダイバーであるクストー 氏の思想に触れることができる!
(運が良ければ会えるが常駐しているわけではありません。)
リゾート全体で推進している環境への取り組みやスライドショーやダイビングで味わう海洋保護に関する取り組みは日本での生活にも良い影響を与えてくれます!
親子連れのダイバーにとってはこの上ないリゾート!
親子水入らずで海辺で遊べたり、子供が海に触れ合う機会を最上の形で提供しているため
子供は子供で親は親で遊ぶこともできます。
ガツガツダイビングをするようなリゾートではなく優雅にリゾートライフを送りながら、
クストー氏の海への想いに触れながら、子供達と過ごすのに最適なところです!
 
 

達人のオススメ!

クストーのオススメポイント!

どんなところ
海への感謝!美しいサンゴ礁を漂い海洋の環境保全について理解を深められる!
ココに注目
ダイビング歴73年で伝説的なダイバーであるジャン・ミッシェル・クストー氏
の海への想いに触れられる!
 
こう遊べ
優雅なリゾートライフを満喫しながら、五感で海という大自然を感じよう!
ポイント
DENNY'S DREAD LOCKS サンゴ礁とソフトコーラルの海底楽園!

ツアー情報

ダイビング情報

クストーでのダイビング

ダイビングは午前中1、2本がスタンダード。ガツガツ潜るようなところではなく
リゾートライフを満喫しつつ優雅に潜るスタイル♪
1本目は8時30分からでダイビング後はリゾートに戻り2本目は11時出発。
3本目を潜る場合は昼食後14時くらいからです。
また、一押しのナメナエリアへまでは片道40分。
朝7時30分に出発し、2本潜ってから帰ってきます。

 

ダイビングサービス

ダイビングサービス

リゾート併設型のダイビングサービス。
はじめにここで書類を書いたり説明を聞いたりするが、滞在中は器材運びから片付けまで全てやってくれるのであまり行くことはない。カメラ用の水槽(器材洗い場)もあります。
ダイビングにはCカード持参が必須!忘れずにお持ちください。
 

ダイビングリゾート

JWC

南太平洋で受賞歴のある5つ星高級リゾート。
ブレ(BURE)と呼ばれるフィジー式のコテージが椰子の林の中に点在しており、お部屋はカテゴリーごと違いはあれどどの部屋もラグジュアリーで極上のリゾートライフが約束される。
またリゾート内の特筆する点はキッズクラブの存在!この地域の同クラスのリゾートでは子供が泊まれないところもありますがここでは、40人の従業員がキッズクラブで働いています。
子供用のプールや遊び場、子供ルームがあり、両親だけでアクティビティに参加するときはキッズクラブに預ければスタッフがお世話してくれます。
 

観光情報

クストーでのアクティビティ

リゾートでは数々のアクティビティが用意されています。
ボートでの釣り(トローリング)やシーカヤックでのマングローブ探検、近海でのSUP、スノーケリングやボートセイリング!
リーフウォーク ではリゾートのバイオロジストが海のワンダーを教えてくれます。
また、テニスコートもあれば伝統的な文化体験や話を聞くプログラムもあり、フォレストウォークで滝を見に行くこともできます。
時間が余ればリゾートから10分くらいでサブサブの町に出れるのでローカルの雰囲気を味わうこともでき、リゾート周辺でなんでもできるのがクストーの魅力です!
 
 

基本情報

トラベルメモ

国名 フィジー共和国
首都 スバ
最寄の空港 ナンディ国際空港
ビザ 4ヶ月以内の観光目的の滞在であればビザは不要です。ただし、パスポート残存が入国時に滞在日数+6ヶ月以上有効あるかをご確認ください。
時差 日本+3時間(サマータイム期間は+4時間)
日本が正午の時、フィジーは午後3時
気候 年間を通じて気候に恵まれています。
雨季は12月~4月、乾季は5~11月
平均気温 気温は1年中さほど変わらない常夏の国。
平均気温:25度前後

 
平均水温 4~9月:25~28度
10~3月:28~30度
 
適正スーツ 3~5ミリのフルスーツ
言語 公用語は英語。英語はどこでも通じるが、その他にフィジー語、ヒンディー語も使用されています。
電圧 電圧は240V、50Hz、プラグはO型(ハの字型)。海外対応していない日本の電気製品には、変圧器とアダプターが必要です。
通貨 通貨単位はフィジードル(F$)、補助単位はフィジーセント(F¢)。F$100=F¢1
2018年6月現在、F$1≒52.7円。
両替 出発前の空港内の銀行、ナンディ国際空港の到着ロビーの24時間営業の銀行の他、市内の銀行、両替所、ホテルのフロントで両替ができます。一般的に銀行での交換レートが1番良い。
チップ フィジーではチップの習慣がありません。しかし、特別なサービスを受けた場合に感謝の気持ちとして渡しても構いません。

行き方

成田空港から直行便で約9時間

2018年12月 Area Ranking

  • 第1位 ダイバー天国!!セブ島・最先端!リロアン マリンビレッジ!!

  • 第2位 バリカサグまでボートで30分!!最高の立地で最高のダイビングを!

  • 第3位 4日間で楽しめる海外ダイビング! 【アニラオ】

  • 第4位 インドネシアの隠れた秘境【マラトゥア】

  • 第5位 マクロ好きならリピート間違いなし!【レンべ】

  • 第6位 安定の大物ダイブサファリ!!モルディブ・アイランドサファリロイヤル♪

  • 第7位 シーズンがやってきます!タイ王国【シミランクルーズ】

  • 第8位 大好評!!安心お任せパック!【モアルボアル】

  • 第9位 世界的なレックダイビングのメッカ!チューク!

  • 第10位 ベストスポット!ダイビングの王道 パラオ!

We スタッフ一押し!エリア

  • コモド諸島

  • ボホール

  • アイランドサファリロイヤル号

  • パラオ

  • アニラオ

  • キンべ

PAGE TOP