ワカトビ道中紹介-2(pelagian紹介)

2010年11月10日(水)

さぁーー&トミア島に到着!!😃😃
ここからワカトビリゾートまでもう少し👌👌
まずは車で10分ぐらい島を移動。
移動中村の中の道を抜けていくのですが、可愛らしい子供たちが“hallo”.”bye bye”と手をふってくれてとてもフレンドリー
そして車をおりボートでいざリゾートへ。ボートで10分、15分ぐらい。



ワカトビの桟橋がみえてきました!!!💕💕💕

船着き場を到着時に撮るのをすっかりわすれてました。。。。(ごめんなさい)😭
なのでこれはリゾート側から撮った写真です(ゆるしてください`。。。。。)😢😢


3隻のボートはダイビングボートでもあります。
中はゆったりスペースがとってあり使い勝手はとてもいいですよ💕💕💕

そしてリゾートについて一番さきの任務!!!💨💨💨
それは。。。。。。🎵🎵🎵🎵
今回のペラジアンに乗るゲストの皆様より先にちょいとお邪魔をさせていただき、中をみさせてもらうこと。

いつも定期的に紹介しているワカトビのブログで公開した船の中。。。すごーーーい豪華!!と思ってはいたのですが、やはり自分の目で確認しないと!!!💨💨💨
ってことで今回乗船されるゲストの方が乗る前に少々お邪魔させていただきました。。😄


お尻がきれてしまってます。。。ごめんなさい。。。
でも外観も綺麗なのはわかっていただけますよね??!!💦💦💦



そしてこのお部屋が一番いいお部屋のマスターキャビン
なんと!!!
このお部屋!!!お部屋の広さ、収納などもさることながら、ブルーレイがついているんです。😳😳
(ちなみに私の家はまだアナログです。。。あぁぁぁぁーーー早く地デジ対応にしないと大好きなテレビがみれなくなる。。。。😭😭)
夜就寝前に、ベッドでんていうリラックスしながら、映画を大迫力でみる!!!なんて贅沢もok!!!💨💨💨





あっ!!でもまだブルーレイのdvdはすくないようなのでご持参をおすすめいたします。🎵




バスルームもオシャレなガラス張り!!!😳
本当に動くホテルです!!💕💕
つぎのお部屋はスーパーデラックスキャビン、デラックスキャビンそしてスタンダードキャビンと続きますがお部屋の広さははちがえど、スペースを十分にとってありクルーズとしたらかなり豪華じゃないかとおもいます 。
このクルーズにお部屋は5部屋しかなく、10人がマックスなんです。決して船は小さいほうではないとおもいます 。
その文居住スペースにゆとりをもち、皆さんに快適にクルーズの旅を過ごしてもらいたいというリゾート側からの、何とも嬉しい配慮です💕💕💕



広々とした明るいカメラルーム







そしてみんなの憩いの場!!
リビングスペースもこんなにゆったりです。。。

そして個人的に気に入ってしまった操縦室😍😍😍
木目調でかわいらしくないですか??



じつは船自体はそんなに新しい船ではなく、中をリフォームし綺麗に変身させ、元々あった木目の部分はそのままいかしたりと新しさもいれながら、昔ながらの懐かしい温もりを感じさせる船でした。。

つぎはリゾート紹介かな???

うぅーーーん
いつになったら海の紹介??

はい。。もう少々おまちくださいませ。。。


つづく。。。。。。


ワカトビ道中紹介-1

2010年11月10日(水)

こんにちは。突然ですが今ワカトビに視察にきています。😄
ワカトビとは何処?とおもっていらっしゃる方も多いと思いますのでまずは場所のご説明から。。。👌

インドネシアのバリより専用チャーター機で役2時間半。
インドネシア・スラウェシ島南東端に位置するワカトビダイブリゾートです。
まだ日本ではあまり知られていない秘密の隠れ家的存在ですが、豪華リゾート。ダイバーには夢のような天国の島です。

まず、ワカトビの名前の由来はと言うと、スラウェシ島南東端に浮かぶトゥカンベシ群島(Tukang Besi archipelago)よりメインの4島の頭文字をとって名付けられました。

 北端よりWA:ワンギワンギ島(Wangi Wangi Island)、 KA:カレドゥパ島(Kaledupa Island)、TO:トミア島(Tomia Island)、
BI:ビノンコ島(Binongko Island)となっています。

まずデンパサールで1泊。翌朝チャーターでいざリゾートへ。💕
デンパサールの空港につくとワカトビのバリスタッフがお出迎えしてくれます。💕💕


そしてチェックインカウンターにはワカトビ専用のカウンターが。😄
ここで荷物を渡し、専用のvipラウンジへ。



2階にあがるとリゾート滞在のゲストだけが使えるラウンジがあります。
ここでは出発までの時間、軽飲食が可能。✌



入り口







中は広々としていて出発までの時間をゆったりすごせます 。♥♥♥

そして、いよいよ出発。😃
専用機です。


いざ、デンパサールを出発。リゾートへ。💨💨


と思いきや。。。今回はなぜか1度フローレンス空港へ。。。💦
15分ぐらいでまた出発したのですが。。なぜに??😰
あとからスタッフにきいたのですが、時々給油のために途中トランジットがある場合もあるそうです。。。💤



まぁー今回はそんな時々あるトランジットにあたってしまいましたが、サービスはインドネシア国内線とは思えないほどサービスがよかったです。🎵🎵
機内食のフォークなどのいれものはワカトビのものでかわいい。😍
そして機内食もワカトビでオーダーしているそうです。



そして、いよいよ待ちに待ったリゾート到着までもう少し。
島の周りはリーフがすごい!!!
濃いブルーとリーフの緑が空の上からでもくっきり分かります。

さぁーいよいよ到着です💕💕💕





つづく。。。。

デラワン・サンガラキ諸島 バヌニーヨットで行く、4島巡りクルーズ

2009年4月22日(水)

インドネシアのカリマンタン島(マレーシア領土側ではボルネオ島)の東に位置する
デラワン島、サンガラキ島、マラトゥア島、カカバン島の
デラワン・サンガラキ諸島の人気ダイビングスポットを巡る。
感動的なジョーフィッシュのハッチアウト、マンタとのランデブー
ジェリーフィッシュレイクでクラゲに囲まれ
バラクーダやギンガメアジの巨大な群れに巻かれるなどなど
毎日違ったバリエーションのダイビングが楽しめる4島のおいしいところ取りクルーズへ。
デラワン・サンガラキ諸島 バヌニーヨットで行く、4島巡りクルーズはこちら
https://www.wtp.co.jp/pdf/derawan/weblue_panunee_high.pdf
ツアー詳細はこちらから
https://www.wtp.co.jp/area/derawan/index.html#02

2004年4月25日(日) メナドのダイビングレポート(写真家・越智隆治)

2004年4月25日(日)

今日は、メナドから車で1時間30分ほど移動して、スラウェシ島北東部にあるレンベ海峡でダイビングをした。通のダイバーの間では人気の超レアものマクロが楽しめるポイントだ。僕がちょっとマクロに目覚めてみようかなと思ったのは、このレンベという海に出会ったからなのだ。
去年もメナド滞在中、数日間レンベを潜り、すっかり虜になってしまった。日本でこの海を有名にしたのが、バンガイカーディナルフィッシュ。ポリスピアというポイントにははっきり行って腐る程いる。
今日潜ったのは、まず『ポリスピア』。バンガイカーディナル狙いではあるのだが、それは浅場に沢山いるので、とりあえず水深20~30m辺りで何か面白いものがいないか探してみることにした。変な生物探しはルターに任せて、僕は去年、あまり観察できなかったハゼとかベラとかに注目してみた。

(さらに…)

MANADO(INDONESIA) 現地滞在リポートNo.3  MUREX : SERENADE Liveabord編

2003年5月31日(土)

2003/4/27(日)
 レンベリゾートからの帰路、熟睡している間にメナドに着いていた。日曜日なので、お店もあまり開いていないようだった。MUREXはメナド市街を挟んでNDCやサンティカとまったく反対側の海岸線にある。途中、ビーチ沿いに出店が沢山並んでいて、海は海水浴をする地元の人たちで賑わっていた。出店はさしずめ海の家、この辺はメナドの江ノ島や湘南といったところか。その海岸沿いの道をしばらく走ると、良く見ていないと見落としてしまいそうな小さな脇道の横にMUREXの看板があり、そこを右折してリゾートの中に入っていく。敷地内は結構植物で鬱蒼としている。古いリゾートだけど、雰囲気は悪くは無い。NDCやサンティカのマングローブに覆われた海岸線と違って、黒砂だけどビーチがあるし、ビーチ沿いにタイのサラ(?)みたいな小屋もあって、そこでくつろぎながら海に沈む夕日を眺める事もできる。沖にブナケン島とメナド・トゥア島が見える。ここからだと、普通のダイビングボートで1時間以上、スピードボートでも45分くらいかかるそうだ。

(さらに…)

CATEGORY

MONTHLY ARCHIVE

ページ先頭へ