★クルーズ紹介第6弾★オレンジブルー号(シミラン)

2019年2月26日(火)

こんにちは😃
 
ダイビングクルーズの紹介しております✨
本日ご紹介するクルーズはこちら💁‍♀️💁‍♀️
 
 
 
毎年11月から翌年の4月まで催行される、
タイのシミランを回るクルーズのひとつです🐠🐟🐠
 
オレンジブルー号はアンダマン海のスペシャリストのedive のガイドがご案内致しております🌈
 
全長は26メートル、最大乗船人員は20名!
ダイビング専用に設計された自社ボートで、安全性も抜群!
 
 
お部屋は2名部屋が8室、4名部屋が1室です。
 
 
2段ベッドになっており、全室エアコン完備、クローゼット、室内鏡、読書灯、
ブランケット、バスタオル1日1枚の交換ありです。
 
また、ダイビングデッキだけでトイレが4つ!に加えてシャワーは8つもあり、
ダイビング後シャワー待ちをせずにさっぱりできます✨
もちろん真水&温水、充分な水量も確保されています⛱
 
 
船内オススメの場所はアッパーデッキ!
 
 
サンデッキにはテーブルセットはチェアーが置いてあるので、
お昼寝をしたり夜は星空をみたりとのんびりできそうです⭐️
 
 
オレンジブルー号の嬉しいポイントはまだまだ!
WiFi、ナイトロックスタンクの使用、重機材レンタル、各種ソフトドリンクが無料🥤
さらに生ビールサーバーも🍺
 
オレンジブルー号いいな!という方はぜひ今年の11月以降のご旅行にいかがでしょうか。
皆さまからのお問い合わせお待ちいたしております🔱
 

★クルーズ紹介第5弾★ハレルヤ号(シミラン)

2019年2月21日(木)

こんにちは😊
昨日の日中は春のような気温でしたね🌸
寒暖差があると風邪を引きやすい時期になりますので、くれぐれもお気をつけくださいませ!
 
さて、ダイビングクルーズの紹介のコーナーです🚢
今回のクルーズは大人気💦
ビッグブルーのハレルヤ号です‼

 
全長35mと大きなクルーズで、中も広々としており段差も無く安全な造りとなっております。
全室バスルーム付きな客室もポイントが高いです👍
大人気且つ、催行日も限られますので、
なかなか希望の日程でご案内できないこともありますが、
ご都合が合えばぜひご乗船いただきたいクルーズです✨
 
気になる船内をご紹介します👀✨
●スタンダードツイン(2段ベッド)

 
使いやすいツインベッドでのご案内となります。
お1人様でのご参加の場合、同性相部屋でご案内させていただきます。
 
●デラックスダブル

 
カップル・ご夫婦向けに、ダブルベッドのお部屋もご用意しております。
部屋数も少ないお部屋なので、ご希望の方はお早めにお伝えいただくことをお勧めします。
 
●VIPシングル

 
1番ラグジュアリーなお部屋です。
広々と空間を使用したい方にお勧めです。
TVやDVDプレイヤー、ドライヤー、冷蔵庫も完備されております‼
 
ハレルヤ号ではメインのダイビングポイントを幅広く回り、アンダマン海の主要なポイントを制覇できます🌊
潜るスケジュールやポイントが気になる方は、こちらからご確認くださいませ。
 
なかでも注目ポイントはリチェリューロック

 
海から突き出た岩が目印の隠れ根ポイント。
カラフルなソフトコーラルやジンベエザメにも会えるチャンスがあります。
そしてなにより、魚群、魚群、魚群
ギンガメアジやバラクーダが渦を巻き、
綺麗なキンセンフエダイが目の前を覆いつくすほど見られるでしょう🐠
 
いかがでしょうか⁇
ビッグブルーは安心の日本人経営のダイビングショップです。
慣れないクルーズでもきめ細かいサポートをしていただけますので、安心してご乗船ください👍
お問い合わせ はこちらから📣
皆様からのお問合せお待ちしております😊
 

★クルーズ紹介第4弾★サワディーファーサイ号(シミラン)

2019年2月19日(火)

皆さんこんにちは\(^o^)/🌟
本日もクルーズ紹介をしていきたいと思います!
今回紹介するのは、、、
 
サワディーファーサイ号

 
タイのシミラン諸島(ボン島・タチャイ島・リチェリューロック)を回ることができるクルーズとなっております👏
 
サワディーファーサイ号は、全長37M、横幅7.8Mと大型船!!
船内は、広々としたエアコンサロン、オープンエアデッキ、サンデッキなどゆったりとした共有スペースがございます。
客室は、全4タイプ、カップルでのご利用にぴったりなマスター、ツインベッド完備のデラックス
お値段をリーズナブルに抑える事のできるバジェットスタンダードは、お友達同士にぴったりです。
客室は使いやすくデザインされており、快適にお過ごし頂けます。また、室内には、トイレ、シャワールーム完備しております(バジェットキャビンを除く)。
 
【マスター】

・ダブルベッド(クイーンサイズ)
・シャワー/トイレ完備
・シービュー窓付(メインデッキ)
・室数:2室
 
【デラックス】

・ツイン(バンクベッド)
・シャワー/トイレ完備
・シービュー窓付(メインデッキ)
・室数:5室
 
【スタンダード】

・ツイン/ダブルベッド
・シャワー/トイレ完備
・窓なし(ローワーデッキ)
・室数:4室
 
【バジェット】

・ツイン(バンクベッド)
・シャワー/トイレ共用
・窓なし(ローワーデッキ)
・室数:2室
 
いかがでしょうか??
ナイトロックスタンクが無料でご利用いただけたり🚢
原則日本人スタッフが乗船してくれるなど!
なんともサービス精神満載なクルーズとなっております(*˘︶˘*).。.:*♡
 

 
気になる🎶乗ってみたい🔱という方はぜひ!お問い合わせください👩
皆様からのお問い合わせをお待ちしております😍
 

第十一弾◆◇2019年卓上カレンダー企画◇◆~シミラン~

2019年1月10日(木)

 
皆さん、こんにちは😃✌
 

 
第11弾はシミランでございます!!
シミラン国立公園でダイビングができるのは11~4月のみ😲⚡
堂々と10月を飾っていますが。。。
まぁ細かいことは置いておいて😋💦
とてもきれいな海ウチワじゃないですか❓❓
これは、シミランのイーストオブエデンというポイントで見ることが出来ます。
もちろん、その他ポイントでも見ることは出来ますが、ここの海ウチワは美しいサンゴとして有名なポイントです✨
 
 
そんな貴重な海で見られるのは、それはそれは美しいソフトコーラル❀❤✨
 

 
インド洋の固有種やバラクーダの群れなどなど🐠🐟🐡
 

 
運が良ければ、ジンベエザメやマンタも見ることが出来ます👀💡
 

 

 
当社ではビッグブルー利用のハレルヤ号、イーダイブ利用のオレンジ号でツアーをご用意しております。
大変非常にものすごく人気でなかなかご案内出来ませんが、ぽかんとキャンセルが出て手配が出来たりすることも・・・?!
 
まずはお問い合わせくださいませ📧
📩お問い合わせはこちら
🌴シミランについてはこちら
 
 
 

シミラン諸島・スリン諸島海洋国立公園入園規定が改定になりました。

2018年10月29日(月)

2018年10月よりシミラン諸島・スリン諸島海洋国立公園入園に関して人数制限が実施され、それによりチケットの事前購入が必須となりました。
事前購入にあたりまして、以下の情報が必要となります。
(パスポート番号・生年月日・性別・国籍・ダイビングライセンス認定レベル・ダイビング本数・最終ダイブ)
当社(ワールドツアープランナーズ)のご旅行参加申込書に上記全ての項目がございますので、申込書を提出して
頂ければ問題ございません。混雑時期等は制限人数に達してチケットが購入できない事態が予測できますので、
ご協力お願い致します。また、チケットは60日前から購入可能になりますので、予約日が出発日より60日以前の
場合はご予約時に上記の情報をお知らせ頂きます。
 
◆入海客数の制限 1日あたりの国立公園入園可能人数を最大3850人(ダイバー525名含む)
◆チケットはご旅行代金一緒に事前にお支払頂きます。
①¥6,600(1800バーツ)内訳:シミラン国立公園入海料500バーツ・スリン国立公園入海料500バーツ        
ダイビング許可料200バーツ×4日=800バーツ      
②¥8,400(2300バーツ)シミラン国立公園を2度入海する場合
内訳:シミラン国立公園入海料500バーツ×2回=1000バーツ
スリン国立公園入海料500バーツ・ダイビング許可料200バーツ×4日=800バーツ 
※運行クルーズの航海ルートでチケット料金が違いますので、お客様の申込み内容にてご案内致します。
◆シミランクルーズ
国立公園入域チケット代金2300バーツ(¥8,400)のうちシミラン国立公園に対する1100バーツ(約¥4,000)は買い取りの為払い戻し不可です。
※イーダイブオレンジブルー号(3泊4日クルーズ)の場合は1600バーツ(¥5,900)のうちシミラン国立公園に対する1100バーツ(約¥4,000)は買い取りの為払い戻し不可です。
◆カオラック滞在にてデイトリップ
ダイビング日数× 700バーツ(¥2,500)をお支払い頂き、うちシミラン国立公園に行く予定日のチケットは買取のため払い戻し不可です。
※シミラン国立公園にはコボンとコタチャイが含まれます。
 
◆チケット購入後は変更、返金は不可となります。ご了承ください。
◆国立公園入園時に提示が必要となる場合がある為、以下の書類を携帯してください。
  • パスポートのコピー(顔写真のページ)、
  • 保険加入を証明できる書類のコピー(クレジットカード付帯保険の場合は保険会社名と連絡先)
  • ダイビング Cカード(コピー可)
◆体験ダイビング、オープンウォーター講習が禁止。(アドバンス講習以上の講習は実施可能)
◆ドローン撮影の禁止
上記内容は予告なく変更されることがあります。
急な発表により、お客様には大変なご不便をおかけいたしますがご理解とご協力お願いします

♫第8弾♫ 2018年GW お勧めツアー ~タイ王国シミランクルーズ~

2018年2月22日(木)

皆さんこんばんは。
タオに続き、本日のGWのお勧めは・・・・
GWがシーズンラストチャンス【シミランクルーズ】
今年も人気好調のシミランクルーズ。
気になるけど、通常の日程だとなかなかお休みがとれないなぁーと嘆いている方でも
GWのシミランクルーズなら4/28発6日間から!!!!
5/1・2の平日2日間お休みを取れば参加可能です✌✌
GWが最後のシミランクルーズのチャンス。
次は11月まで海はお休みになります。
クルーズに乗ってしまえば【シミラン諸島】【コボン】【コタチャイ】【リチェリュー】と 北上する人気コースです。
ダイビングポイントの紹介をざくっと・・・・
【シミラン諸島】
シミラン諸島では、「シャークフィンリーフ」「ボルダー シティー」などの隠れ根ポイントや、シミラン諸島を代表するリーフポイント「イースト オブ エデン」、水中から奇岩がそそり立つ地形ポイント「エレファント ヘッドロック」など、多彩な表情をお楽しみいただけます。

【コボン】

マンタのクリーニングステーションとなっている人気ポイント
【コタチャイ】
魚影の濃さがダイバーを圧倒する 何かが起こりそうなドキドキわくわくする個人的にも一押しのポイント
【リチェリュー】

水深40メートルからタワー状に立ち上がる根には、大物からマクロまで、驚くほどの多彩な生物が、独自の生態系をかたち造っています。ジンベイザメとの遭遇率の高いポイントでも知られる、イチオシポイント
 
そしてもう少し長く楽しみたい!!!
そんな方には前半&後半クルーズ両方乗船【シミラン&南アンダマン】
又は 5/3以降からじゃないと休めない~といったお声にも対応
そんな方には後半クルーズ【南アンダマン】をご案内。
「秘密の島」をめぐる南アンダマンクルーズをご案内します
 
南アンダマンクルーズはピピ島・コハー・ヒンデン・ヒンムアンとクルーズで巡ります。
 
【ピピ島】
若き日のレオナルド・ディカプリオが主演した映画「ザ・ビーチ」の撮影場所として一躍有名になったことでご存知の方も多いはず。 ピピのダイブサイトは、ピピレイ島と隣の小島、ビダノック、ビダナイがメインです。 ポイントは、ダイナミックなドロップオフから、穏やかな湾内の砂地までバラエティに富んでいて、初心者からベテランダイバーまで楽しむことが出来ます。 生物層も豊かで、二キフウライウオやタツノオトシゴなどのマクロ観察から、アジやバラクーダの群れ、年に数回のジンベイ出現など楽しみは尽きません!!!
【ヒンデン・ヒンムアン】
プーケットの南方にある隠れ根でタイ屈指のドロップオフのダイナミックな地形にソフトコーラルが素晴らしいダイブサイトになります ヒンデンはタイ語で【赤い岩】 大きな根にはウミウチワやウミトサカなどのソフトコーラルが一面についており、アジの捕食シーンやツバメウオやバラクーダの群れ時には大きな魚なども見れます。 ヒンムアンはタイ語で【紫の岩】 東西に延びる大きな隠れ根。根の周りは60mまで急激に深くなり、タイでも指折りのドロップオフのダイビングサイトになります。
名前の通り赤と紫の色鮮やかなソフトコーラル&ハードコーラルに覆われた岩に色とりどりの魚が生息しておりお魚天国。 実は、私はココで初ジンベエと対面しているんです。しかもGWトリップで!!! それもマンタが数枚乱舞しているのを眺めていたら、突然後ろから黒い影!!! 何とジンベエが現れました。 そしてこの日はジンベエが3個体も!!! 渡しにとってヒンデン・ヒンムアンは忘れられないポイントの一つなのです
【コハー】
コ ハーとはタイ語で【5つの岩】 その名の通り5つの島でできており 場所によってはケーブやチムニー(竪穴)といった、地形を楽しめます。 そしてソフトコーラルが素晴らしいダイビングサイトです。
海が良くても船が・・・・・
そんな心配は無用です!!!!
今回ご用意いたしましたパワラ号は快適にお過ごしいただけます!!!!
ではパワラ号のご紹介 他とは違う!5つの魅力!!


☆大型船なのに少人数制。波に強く、揺れにくい!
☆広々としたエアコンラウンジで、いつも快適!
☆全キャビン、専用トイレ、温水シャワーを完備!
☆1日4ダイブ込みの料金(最終日は2ダイブ)
☆ナイトロックス無料、船上で講習も受講可能!
基本データ 全長:35メートル
全幅:7メートル
定員:24名
キャビン:マスター×2室

 デラックス ×4室

 スタンダード× 4室(全室エアコン完備)

バジェット× 2室 (共有エアコン) バスルーム:各室内に完備 (バジェットを除く)
真水タンク:15,000リットル
電源:220V、24V
コンプレッサー:Bauer Mariner×2 エンジン   :Nissan RE 360HP ×2
その他の装備:  ・ナイトロックス充填設備  ・GPSナビゲーション、ソナー  ・酸素ファーストエイドキット  ・ファーストエイド  ・船舶無線・船舶電話  ・セーフティーボックス(室内)  ・Wi-Fi(一部のエリアのみ)
 
GWのシミランクルーズ詳細はこちらからどうぞ
 
お問い合わせはこちらから
 

♫第3弾♫アフターダイブの過ごし方~カオラック~

2017年12月13日(水)

皆さん、こんにちは。
昨日あたりからめっきり寒くなってきましたが、体調等崩されておりませんか?☃☃☃
街中ではマスクをしている人を多く見かけるようになりましたので皆さまも風邪には気を付けて忙しい師走を乗り切ってくださいね🍃🍃🍃
 
さて今回はカオラックでのアフターダイブの過ごし方についてご紹介いたしますね✌✌✌
まずカオラックって?って思っている方に場所の案内を簡単に・・・・。
プーケット島の空港1時間から1時間半ぐらい車で北上した場所に位置するカオラック地区。
プーケットの繁華街のパトンとは違い、ノンビリとしたリゾート地になっております。
東京で例えるならパトン=新宿 カオラック=表参道といったところでしょうか。☻☻☻
 
まずいちばん大切なお食事から🐷🐷🐷
 
カオラックには様々なレストランが有りますのでまず、滞在中に食事には困らない・飽きない!!!!です。
タイ料理はもちろんのこと日本料理、イタリアン、メキシカン、ステーキまで・・・・
その中でも私の一押しは・・・・・・🎌🎌🎌

JOE’S STEAK HOUSE(ジョーズステーキハウス)

ジョーズさんが経営しているステーキ店。私はカオラックに幾度に必ず行っています✌✌✌
津波のあと位置からジョーさんがレンガを積み立ててお店を作りました。
超有名店。日本のステーキとは違い、欧米人が好む赤身のどっしりとしたお肉です。
お勧めはガーリックバターや西洋わさび入りクリームソースのトッピング
お勧めはステーキなのですが、実はピザもお勧め。カマドで焼くピザは一押しです。
といっても私はステーキでいっつもお腹いっぱいになってしまうので、ピザを食べたことがないのですが・・・・💧
通常200gですが、足りない方は300gもオーダーできます。超!人気店ですので予約必須です。

続きましてビックブルーからのお勧めは・・・・・

ENZO(エンゾウ)

ビッグブルーショップ(バンニアン店)から徒歩3分のカオラック唯一の日本食レストラン。カオラック近郊にあるカポン温泉で作った温泉卵や近海で獲れた魚のお刺身など、日本人オーナートシさんのこだわりがいっぱいのホスピタリティ溢れる素敵なお店です。
お酒のレパートリーが豊富で、獺祭など人気の日本酒からインポートの美味しいワインまで味わえます。
 
せっかくタイに来たんだからタイ料理が食べたい!!!といういお声もちらほら・・・・Σ(・∀・;)

THAI FOOD STALL(タイ料理屋台)

バンニアンの大通りに位置するローカルタイ食堂。お店の雰囲気もレストランではなく地元の食堂で地元のタイ人やカオラックに長期滞在している欧米人で店内は賑わっています。料金もローカル価格で1品100バーツ以下のものがほとんど。 お勧めは、辛くない料理だとスープマラッ(苦瓜のスープ)やマラッパッカイ(苦瓜と卵の炒め物)など。もちろんタイらしい辛い料理もたくさんあります。深夜まで営業していますので、夜小腹が空いた時にもお勧めです。

この他にも沢山お勧めのレストランございます❤❤❤
是非ビックブルーのスタッフへお気軽にお尋ねしてみてくださいね😊
 
お腹いっぱいになったあとは通りには沢山マッサージ店もあります。
しかも1時間1500円ぐらいで受けられちゃいます。
沢山マッサージ店はあるので、上手なマッサージのお店も必ず聞いておきましょう✌
そしてその後にバーで一杯も?!🍸
こんな感じで夜遅くまでお店は営業しており選び放題!!!!
そして価格も日本の半分以下で過ごせちゃいます。
今がベストシーズン。
❤潜って・食べて・飲んで・・・おまけにマッサージ❤
ぜひぜひ遊びに行ってみてください。
カオラックの詳細はこちらから
 
お問合わせはこちらから

☆第6弾★名物ガイド紹介☆ ~シミラン&タオ/ビックブルー

2017年8月29日(火)

皆さまこんにちは。👼❤
このまま夏が終わって秋が来てしまうのか・・・・と心配をしておりましたがようやく夏らしい気候に戻ってきましたね。❤
もう残暑じゃないかい!!!ってお声も聞こえそうですが・・・残り少ない夏を謳歌しましょうね😀🏝
 
第五弾になる今回は・・・・・・・・
なんと!!!!なんと!!!!!
タイのガイドでこのガイドを知らない人はモグリ!!!!!と疑われるほどビックなガイドさんをご紹介いたします

タイのイケメンガイド🙈❤🙉❤🙊
タイの海を語らせたら右に出るものはいない?!
納豆づくりを語らせたら左に出るものはいない?!
そして、私をタイの海大好きにさせた犯人です(笑)
 
🏖名前➡ 大村 健 おおむら たけし
 
🏖性別➡ 男性
 
🏖ニックネーム➡ タケシ、タケシくん、タケちゃんなど 
 
🏖年齢➡ 44歳
 
🏖出身地➡ 京都 
 
🏖ガイド歴➡ 18年
 
🏖趣味➡ 旅行・飲み食い
 
🏖好きな食べ物➡ 和食全般、特に海鮮
 
🏖好きな生物➡  魚
 
🏖これまで最高だったダイビングの瞬間➡  ジンベエザメがいろいろな魚の群れに突っ込む瞬間
 
🏖得意とするダイビングスタイル➡ 大物や群れを当てること、水中撮影
 
🏖こんなことがあったからガイドが続けられたというエピソード➡ タイの海や素敵な人たちと出会えたから
 
🏖最近はまっていること➡  納豆作り
 
🏖お店紹介➡  ビッグブルーダイビング、マレー半島の東西2箇所に店舗を持ち、通年ハイシーズンで潜れるショップ。
 
私のWeに入って初めての研修の場所はタイのシミランでした。
まだダイビングが好きというだけで突っ走っり勢いだけで乗り切っていた頃に、カオラックのお店で
シミランの海の生物やきれいな水中写真を見せてもらいました。



ハゼが好き❤アケボノを見にシミランにきました❤

でも本当は❤❤オイランハゼが一番好きだです❤❤といったら、タオの海は持ってこい!!!と
タオの海まで紹介をしてくれたのが大村さんでした。。。


 
そしてその後何度もタイに足を運ぶぐらい、シミランもタオも大好きな場所になりました❤
 
海も陸もベストなスポットを紹介してもらえますよ✌✌
生物のことを語らせたら本当に1日あっても足りない。。。熱く・熱く語ってくれます。
写真好きのダイバーにも強い味方!!!
太鼓判を何個もおせちゃうガイドさんです🤗🎵
 
3月~10月まではタオで🎶
11月~4月まではシミランで🎶
 
全く違う顔をもつ海の世界が待っています。
そんな海を私の太鼓判のガイドさんのいるビックブルーで200%楽しんでみませんか??
タオの詳細はこちら
新しく出来た日本人専用ショップチャバは居心地最高です。
大村氏がこだわりにこだわり抜いた造りになっています。
外観はタオにこんなおしゃれなブティックが??と思うほどダイビングショップには一見見えない
ガラス張りのおしゃれな造り。中に入ったらそのまま長居してしまうほど居心地抜群✌
是非ご自身の目で確かめに行ってください。まだ今シーズン間に合いますよ❤

シミラン&カオラックの詳細はこちら
クルーズ船ハレルヤ号
カオラック滞在
11月からシーズン開始。1月から3月は一番混雑する人気のクルーズ船!!
その秘密はガイド陣とダイバー目線で作られたハレルヤ号!!!
大型クルーズ船には、日本人ダイバーに嬉しい設備が満載! 各部屋にシャワー・トイレが完備!!

そしてクルーズ下船後は、カオラックの町を満喫🎶
マッサージに食事に・・・アフターダイブを満喫出来ます。
個人的にお勧めはジョーさんのステーキハウスとヤムチャ店(行くのがおそすぎてヤムチャが終了していてだべれませんでしたが・・・・(T_T)
早めに満席になってしまう航海も続出するので是非お早めにご検討くださいね。
ビックブルーのホームページはこちら
その他のお問合わせはこちら
 

2013.12.3 第5回ハレルヤ号クルーズ報告!

2013年12月4日(水)

ロケーション/カオラック
天候/晴れや曇り
水温/28℃
風/あり
流れ/時間によりややあり
透明度/15-25m

1日目
ウェストオブエデン
アニータズリーフ
エレファントヘッドロック 
ウェストオブエデン

目が覚めて外へと続くドアを開けると、そこはインド洋のアンダマン海!
第5回ハレルヤ号クルーズの始まりはじまりー!!

ウェストオブエデンの大きなウミウチワからスタート!
別名シーファンシティーという名前の通り、ウミウチワが立ち並びます。

その周りにはスカシテンジクダイやキンメモドキが群れ、
真っ赤なトサカのインディアンフレームフェアリーバスレットや、
ポスターカラーの様なブルーが特徴パウダーブルーサージョンフィッシュ、
最後はちーっこい人気者、シシマイギンポに癒され安全停止へ入りました。

2本目は癒し系NO1・アニータズリーフ。
これぞシミラン!!雑誌でよく見る華やか景色がそこにあります。

ピンクや紫のソフトコーラル、オレンジのウミウチワの周りには、
スカシテンジクダイが群れ、そこに真っ赤なユカタハタが通るという贅沢な光景。

浅瀬でブラックピラミッドバタフライフィッシュが群れ、
砂地には真っ白のスパゲティガーデンイールがにょきにょきと砂からカラダを出しています。

人気のあるクダゴンベや、ピンク色のイソギンチャクに住むクマノミにもご挨拶。

3本目はダイナミックな地形と群れで大人気のエレファントヘッドロック!

美しいベラ・マッコスカーズフラッシャーラスは今日もヒレ全開、、
アケボノハゼの近似種も気持ち良さそうにホバリングしています。

細く長いケーブを抜けるとそこはお魚天国でした。
イエローバックフュージュラーやカスミアジの群れが目の前でビュンビュン飛び回り、
その背景はダイナミックな巨石という、フォト派ダイバーには絶好の場所!

「カンカンカンカンカンカン!!」 その音に反応して中層をじっと見つめましたが、
欧米人ダイバーがバディーに「こっちだよ」と伝えている音でした・・・(ん~

Fさん200本記念おめでとうございまーす!!

4本目はウェストオブエデンにてナイトダイブ。

大きなロブスターが岩場を歩きまわり、虹色のブダイは面白い顔で寝ています(昼間もそうですが)
サンゴの隙間にはオオアカホシサンゴガニやクロハコフグ赤ちゃん。

浮上すると満天の星空!! 夕食後に屋上で歯磨きをしていると流れ星も発見!
大物をゲストに紹介できますように!とお願いをしました。

2日目
ノースポイント
スリーツリーズ
コボン・ウェストリッジ
コタチャイ・ピナクル

ノースポイントでは離れ根まで足を伸ばしました。
そこは潮どおりが良く大きなウミウチワが並ぶ通り道となっています。

イソマグロやイケカツオが小さなタカサゴの群れに突入して、
迫力ある捕食シーンを目の当たりにしました。

2本目は真っ白な砂地スリーツリー。
穴からちょこんと可愛い顔を覗かせているのはハナダイギンポ。

いっぱいいるオーロラパートナゴビーはかなり近くまでカメラを近づけさせてくれます。
逆にアンダマンジョーフィッシュはカメラが近づくと、すーっと穴へと姿を隠してしまいます。

やや強めの流れにのってビヨーンとドリフトしての安全停止も気持ち良いのです!

3本目はコボンのウェストリッジにてマンタ狙い!
そろそろマンタも出始める時期とあって、ボクは中層をきょろきょろと挙動不審ダイバー。

水色のお鼻のブルーノーズラスやハタタテハゼを観察して「今日はカスミアジが多いな」
なんて思っていると、あれよあれよと増え60匹ほどでしょうか。ど迫力そのもの!!
その先にはナポレオンというなんとも贅沢な光景!

最後はリュウキュウキッカサンゴ地帯で癒されながら安全停止をしました。

4本目はコタチャイ・ピナクルにてサンセット~ナイトダイブ。
暗くなるにつれ濃くなる魚影は、そして圧倒的なものとなるのです!

竜宮城と呼んでいるサンゴの美しい場所があります。
周りにはスカシテンジクダイが雪のようにまわりに散りムードを盛り上げます。

イヤースポットブレニーやブダイ達の産卵シーンも観察することができました!

3日目
コタチャイ・ピナクル
リチェリューロック
リチェリューロック
リチェリューロック

真っ赤な太陽が昇り3日のスタート!
捕食や産卵、お魚達のザワザワした感じを見ながらコタチャイへ潜降です。

シェベロンバラクーダが渦を巻き、その下ではタカサゴが壁のように群れ、
隣では大きなブラックフィンバラクーダの群れ!さすがコタチャイ。

サンゴの美しい場所でじーっくりと写真を撮って浅場へ戻り、
なにか気配を感じ、ふと見上げると・・・   

ジンベエザメ!!!

体長2m強の個体がゆっくりと近づいてきて大興奮!!
一瞬でしたが大物との遭遇を楽しむことが出来ました!!

2・3・4本目はタイを代表するリチェリューロック。
やや波はありますが、水中のコンディションはばっちり。

今日はいつもに増してキンセンフエダイが「ぎゅっ!」と大きな群れを成し、
ロウニンアジが群れでタカサゴなどの小魚を狙っています。

トマトアネモネフィッシュは親子でダイバーをお出迎え、
大人がイソギンチャクに居座って、赤ちゃんが入れないのでは?なんて心配もしました。

やや流れもあったので、紫のソフトコーラルは全開!
壁一面にが紫のお花畑に見えてきます。

トラフコウイカや大きなアカマダラハタ、
安全停止では目の前にブラックフィンバラクーダの群れも楽しむことができました!

4日目
コボン・ウェストリッジ
ボンスーンレック

最終日1本目は大物狙いでコボン!
昨日、マンタがいたという情報があるだけに期待が高まります。

大きなナポレオンがダイバーをお出迎えしてくれ、
水面付近にはテンジクイサキが大きな群れをなしています。


一面に咲き乱れるソフトコーラルを見ているとクロハコフグの赤ちゃんがちょこんと。

2匹、オスのタコが雌の奪い合いをしていたり、
クラゲを突っついているソウシハギを観察したりとネイチャーシーンもばっちり。

最終ダイブは魚影たっぷり沈船のボンスーンレック。

フエダイやアジ、バラクーダにツバメウオ。
それらが混ざり合って大きな群れを形成しています。

メタリックシュリンプゴビーやキイロウミウシ、
マクロもたっぷり楽しめるのがこのポイントの凄いところ。


今回のトリップはお天気最高、ジンベエ最高、透明度最高、
世界各国の素敵なゲストと共に素敵なクルーズとなりました。

さあ世間は師走。年末年始へ向けて海を暖めておきますのでw
スタッフ一同みなさんのお越しをお待ちしております!!


ハレルヤ号クルーズはこちらから


2013.11.26 スピードボート再開!

2013年11月29日(金)

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/28℃
風/少し
流れ/ほどよく
透明度/20m

お天気が優れなかった2日間でしたが、今日は快晴!
2日ほどスピードボートもお休みしていましたが再開!
そして海もやや波は残っていますが、リチェリューロックへひとっ飛び!

今日もキンセンフエダイが気持ちよくダイバーをお出迎えしてくれます。
程よい潮が当たり、美しさも100%、紫色のソフトコーラルが根を覆っています。

砂地でホバリングしているのはトラフコウイカ、
サイコロ・サイズのミナミハコフブの赤ん坊、泳ぎがコミカルなのです。

潮当たりではタカサゴたちがアジから逃げ惑い、
ふと見上げると、ブラックフィンバラクーダの群れ!!

目まぐるしく次から次へと人気のお魚が登場するこのサイト。

もうすぐ12月!年末に向かって皆様のお越しをお待ちしていまーす!!

https://www.wtp.co.jp/area/khaolak/index.html  カオラックツアーはこちらから

CATEGORY

MONTHLY ARCHIVE

ページ先頭へ