モルディブ どこでも大物の予感

2009年9月5日(土)

      

 昨日はサファリ最終日、9日間と10日間コースのお客様3名とのんびりダイビングでした。

 1本目、2本目とも、その場所ではベストと思われる程度に流れ、魚もごちゃっとかたまってくれていました。

 
 3本目は FURANA NORTH と呼んでいる、フルムーンリゾートの外洋がわに面したポイントでした。

 空港島から約20分、おだやかなポイントです。 


 入ってみると透明度はあまり良くないものの、何か出るんじゃないかと思わせる、ステキなインカレント。 実は予想はアウトカレント。

 インカレントとは、外洋から環礁のなかに向かって潮が流れること。


 流れに乗っていくと、まずは大きめのナポレオン発見。

 しかし、ダイビング6日目ともなると、みんなナポレオンには食いつかなくなる。 可哀想なナポレオン。 もう逃げなくていいよ。

 さらに進むと、目の前に二枚のマダラトビエイ。 かっこいいー。

 その後ネムリブカが何匹か現われ、それ以降大きい魚は現われなくなってしまいました。


 そろそろ流されて上がろうかな、と思ったら、頭上付近でダイビングドーニがブンブンとエンジンをふかし始めました。

 水面から何か見えたのでしょう、私に合図を送ってくれているようです。

 何だろうとキョロキョロ周りを見渡すものの何も見えてきません。 

 頭上を見上げながらキョロキョロしすぎて、首がつりかけたときでした、

 
 「キュイーン、キュイーン」

 
 イルカの声だー!

 どこだー?

 
 見つけたー!

 みんな、こっちこっちー。

 すごい量のマンタです。

 あれ、マンタ? マンタポイントはもうちょっと北ですよ。


 一つのグループが10枚以上のマンタから成り、そのクループがいくつかあります。

 興奮しすぎてエアが無くなってきました。

 興奮覚めやらず、急いでドーニに上がりスノーケルで飛び込みます。


 何十枚いたのかわかりません。 一面マンタでした。

 
 来週は何が起きるのでしょう。

 それを見逃さないよう、首がつるほどキョロキョロし続けます。



 

 

ぐるぐるマンタ

2009年8月8日(土)

      

 北マーレ環礁のマンタポイント、「LANAKAN REEF ーランカンリーフ」に、ついにマンタの群れが戻ってきました。

 先週までは、たまに通過マンタが見られる程度で、水中には同じように期待して来たダイバーたちが虚しく漂っていました。

 今週こそはと意気込んで、初日の2ダイブ目にランカンリーフへ。

 カレントチェックのために3点セットで飛び込むと、やはり無数のダイバーたちの泡だらけ。 「今週もか・・・。」 

 思い直して素潜りでちょっと降りてみると、いました、ダイバーたちの泡に囲まれるマンタの背中が見えます。

 一枚だけでしたが、ランカンリーフ特有の、泡に寄ってくるマンタです。

 急いで器材を装着しますが、ゲストにはそのことは伝えずに、マンタがいたクリーニングポイントへ向かいます。

 はじめ、クリーニングロックにたどり着くと、そこにマンタの姿はなく、なんとなく嫌な予感。

 しかし、今週は違いました。

 一枚現われたかと思うと、まるで申し合わせたかのように、色んな角度からマンタが集まります。

 ここのマンタは非常に大きく、3mは普通です。 そのうえ分厚い。

 しかも6枚が縦に重なったりして、久々に圧巻でした。


 マンタ様、来週もひとつ頼みますよ?

                    wtp マトバ

モルディブへ戻りました。

2009年7月25日(土)

            

 7/18より、アイランドサファリ・ロイヤル号に戻りました。

 GW以来のモルディブですが、wtpのツアー自体は6/27からスタートしているため、ぎこちなさはもう無く、順調にクルーズは終了しました。

 ジンベイ、マンタ、ハンマーにも、今週のうちに再会することができました。

 ダイビングの内容に関しましてはこのブログコーナーで、「アイランドサファリ・ロイヤル号」というカテゴリーで先輩ガイドの石渡がアップしているログをご覧ください。

 今シーズンも出足は好調、モルディブの素晴らしさを伝えていきます。

 大物に出会いたい、360度の水平線に囲まれて過ごしたい、ダイビングのことだけ考えていたい、、、

 モルディブサファリには、皆さんが求める、興奮、感動、癒し、全てが揃っています。

 スタッフ一同、皆様のご乗船を心より楽しみにお待ちしております。

 今シーズンも、よろしくお願い致します。

 ※写真のモデルはお客様です

                     wtp マトバ



  




頑張れ!メキシコ  《ラパス編》

2009年6月15日(月)

GWを利用して10日間ほどMexico横断の旅をしてきました✌ 
横断というだけあり、ラパスの後はコスメル・カンクンを巡るルート。忙しく走りすぎたメキシコ旅行をレポートします💨

まずは、メキシコの西側にある ☀ラパス

ここは、スペイン語で『平和』という意味。到着した時は、その名のとおりインフルエンザの影響はまだ受けていなく穏やかな様子🌷

このまま、平和な日々が続くことを祈って、研修スタート!!



ラパスと言えばコルテス海に集まる豊富な栄養を求め、1年中なにかしら大きな生き物たちが目撃されるというので有名なんです。

ダイビングで言えば、ベストシーズンは水温も28℃前後までなる7月下旬~10月。

特に8月後半~10月上旬にかけては、アシカの赤ちゃんシーズン🎵

世界中からダイバーがやってきます。とは言っても、ラパスはアシカだけではありません!!

ジンベイ、ハンマー、クジラ、カジキにモブラ👌 これだけでも凄いけど、まだまだあります。

ラパスには大物だけじゃなく、固有種といわれるここでしか見られないユニークな生き物たちもいます。



私が訪れたGWは残念ながら、ダイビングはオフシーズン😭

だけど、至近距離でのアシカ遊泳あり、巨大ないわし玉あり、おまけに船上からのモブラ観察ありと、オフシーズンでも楽しさ満載!!

ダイビング後のお楽しみも忘れてません💕

メキシカンビール🍺に、美味しいシーフード♥

海も陸も楽しめるラパスの魅力をレポートします🎵

お待たせ致しました☀ ラパスのレポートUPです🐾🐾
少しでもラパスの雰囲気が分かると嬉しいのですが・・・・

https://www.wtp.co.jp/pdf/rapaz/090616.pdf


(さらに…)

アンダマン海に魅せられて・・・・【タイ プーケット縦断の旅】

2009年6月12日(金)

GWのスペシャル企画
  パヌニーヨットで廻るアンダマン海クルーズ11日間の旅に参加してきました。💕


前半航海は、スミラン諸島~コボン~リチェリューロック~タチャイへ。✌
スミラン諸島の美しさに癒され、そして大潮の流れにのる回遊魚に圧巻。。




後半では、ヒンデン・ヒンムアン~コハヤイ~ピピへ。👌
マンタとジンベイのランデブーに心揺るがされ、島々の神々しさに息をのみ・・・。




連休が続くGWだからこそ、長いお休みをとりダイビング三昧の優雅クルーズの旅が可能に🎵
気づけば、このクルーズで27ダイブ!!!
ここぞとばかりに海を謳歌してきました😄

パヌニーヨットはダイバーの好奇心を誘う旅を提供してくれます。
今回のいいとこどりのアンダマン海堪能クルーズにしても、このあとのデラワン・サンガラキクルーズにしても、ダイバーなら心ときめくツアー♥
そんなツアーを提供できるのも、この船のオーナーであるジャックリン自身がダイビングが大好きだからこそ。
いつもダイバー目線で今どの海が旬なのかアンテナをめぐらせ、そのポイントを開発。

パヌニーヨットのコンセプト極上な海を極上な船で
次のパヌニーの旅は6/30発のデラワン・サンガラキクルーズ。💕
壮絶な出会いを用意してダイバーを待っています。




徒然記はこちらへ
https://www.wtp.co.jp/pdf/sketch/06_andaman.pdf

そして次のパヌニーヨット一押しのクルーズ!!デラワン・サンガラキの詳細はこちら
https://www.wtp.co.jp/area/derawan/index.html#02


ダイバーのためのWebマガジン“WEB-LUE”にも記載
水中プロカメラマン越智氏のレポートはこちら
https://www.wtp.co.jp/pdf/weblue/derawan.pdf


モルディブリゾート視察

2009年5月19日(火)

4月23日~6日間で9つのリゾートを視察にいってきました⭐
私自身、モルディブのリゾートへ行くのは初めてで、美しいビーチやお部屋の素敵さに一瞬仕事を忘れてしまうほどでした💦
今回は、水上飛行機にたくさん乗らせていただき、北はヌーヌ環礁から、南はダール環礁まで南北を飛び回ってきました✌

個人的とはなりますが、簡単に訪れたリゾート印象をお話したいと思います🎵

北マーレ アンサナイフル 
ハウスリーフはすばらしく、海へのパッセージもよく整備されています。スノーケルセットの新しさ、キレイさにびっくりでした。お部屋も適度な広さです。

北マーレ バニヤンツリー
アンサナイフルの姉妹島で他のリゾートにいける機会はモルディブの場合、かなりレア🌷海がめの繁殖をしているので、運が良ければ赤ちゃんがみれます😊

ヌーヌ環礁 イルフシ
とにかく、広い😁アクテビティも充実していて、カラオケやシュミレーションゴルフもあるのでかなり楽しめます。キッズクラブやベビーシッターもいるので、ファミリーからハネムーンまでおすすめです。

ヌーヌ環礁 ジタリ
少時間の滞在でしたが、1つの部屋がとても広く大人な雰囲気を感じさせるリゾート。日本人もすくないので穴場的存在かも⭐なんと、弊社の元お客様がの日本人スタッフとして働いていたのがビックリ💨

アリ環礁 リリィ
なんといっても目玉はプラチナプラン。何かとリゾートに行くとかかってしまう費用もこのプランなら安心😄モデルさんのような日本人スタッフ、マユさんもいて安心🍀水上ヴィラからスノーケルにでると、すぐにドロップオフ🎵今回いったリゾートで一番楽しいスノーケルだったかも✌

アリ環礁 ディーバ
ジンベエ狙い(特に雨期)なら絶対おすすめ。しかも、ハネムーナーさんにもおすすめできるリゾートで、アメニティが水色で統一されていて💕今回行ったリゾートで一番ウエルカムドリンクが美味しかった🌼

ダール環礁 アンサナヴェラヴァル
イフルにくらべて、大人の雰囲気なリゾート。少し遠浅ですが、外洋に近いせいかエイやギンガメアジなど大物もラグーン内でみることができました。おすすめは桟橋の反対側。7月に待望のインオーシャン(水上ヴィラ)がオープン予定。スパやレストランも完備なんてすごいです🎵

南マーレ ヴェラッサル
日本人はほとんどいないリゾートですが、空港から近く、ハウスリーフも良いのがおすすめ。マーレ市内が見えてしまうのは残念ですが、イメージカラーのマリンブルーで統一されたアメニティはとってもかわいい💕

南マーレ ヴァドゥ
待望のリニューアルオープン!帰国前に少しだけ訪問したので残念ながらハウスリ-フ等の情報はわかりませんでしたが、茶室があったり(お茶の先生もいます!)日本料理のレストランはちょっと居酒屋風で懐かしさを感じてしまいました。



その他、写真や情報の詳細は随時、リゾート情報へ更新していていきたいと思いますので、ぜひご覧ください😄
水上飛行機

ブログ公開しました!

2009年5月19日(火)

ワールドエクスプローラのブログがいよいよ公開しました!
これからどんどん情報更新していきますので、みなさんお楽しみに!
”出発”

カサワリレンベリゾート

2009年4月23日(木)

カサワリレンベリゾートのブログはこちらから
http://kasawarijp.blog91.fc2.com/

2006年11月2日~8日ブナケン・キマバジョ&レンベ・カサワリレポート

2009年4月23日(木)

2006年11月2日~8日ブナケン・キマバジョ&レンベ・カサワリレポート (PDF/376KB)
https://www.wtp.co.jp/pdf/manado/06nov.pdf

メナド・ミンピ号クルーズの航海日誌2004年④

2009年4月23日(木)

8月23日
 4週目のクルーズ出発の朝、起床は4時。昨夜はホテルでノンビリ。
小説を3冊ほど読んで過ごす。今日も12時にゲストを空港まで迎えに
行く。今回は友人のトオルさんが来る。昨日ダインビングセンターで前
乗りしてホテル滞在でダイビングを楽しんでいる弥生さんにあった、彼
女とは、以前、ここメナドで一緒になったことがあった。彼女も今回、
ミンピ号に参加してくれた。
 空港でゲストをピックアップする。トオルさん、スケさん、北川さん
のアクアズーの面々と保坂さん、弥生さんのお友達の文さん。無事にみ
んなを捕まえることができた。その後、2台の車でタラサダイブセンタ
ーへ。シモーネが出迎えて、私のブリーフィングが始まった。長い桟橋
を歩いて、ミンピ号に乗船しようとした時、ボートダイビングから帰っ
てきた弥生さんを捕まえた。みんなで乗船。乗船と共にみなビールを飲
み始めた。今回のクルーズの初日はレンベ海峡でのダイビング。風の関
係で途中の湾で夕食、停泊することになった。トオルさんが「いいちこ
」を持って来てくれていた。ぐびぐび飲み始めて、新宿モード。なぜか
、現地の濃い酒、チャプティクスもある。なんかんだ、みんな飲んだ。
みんなで海に入った。いや最初は突き落とした。(みなさん、楽しかっ
たですね、初日の夜から・・・)
 翌日、少し肌寒いので目が覚めた。ミンピ号は早朝からレンベに向か
っていた。酒が残っている。レンベの到着予定は7時のはずだったが、
結局8時。もうスケジュール通りにいかなくても、もうあまり気にしな
いことにした。もう3週も乗っているし。インドネシアの時間。私をそ
れをゆるい時間と言っている。
 1本目のポイントはヌディーリッドリッド。トオルさんたちの目的は

(さらに…)

CATEGORY

MONTHLY ARCHIVE

ページ先頭へ