2005年11月12日~15日 スミランクルーズ体験レポート

2005年11月15日(火)

11月から気候・透明度・大物遭遇率もベストシーズンに突入する、タイのスミランクルーズ、DIVE ASIA I号に乗船してきました。
基本ルートは、プーケット空港から南へ車で約1時間、Chalong Bayよりクルーズに乗船、スミラン諸島、コ・ボン、コタチャイ、リチュリュー ロック、スリンを周る4日間のクルーズ日程です。

ベストシーズン・コンディションに最大14本潜れる!日本人スタッフのケアも万全!食事も美味しい!とダイバーにはウキウキな条件ばかりなのですが、出発前に、ちょっと気になる、知りたい点を挙げるなら、やはり、昨年のスマトラ沖地震の影響ですよね。初日・2日目のスミラン諸島は、TVで繰り返し放映されていたカオラックからもデイトリップで行きやすい距離ですし、どの程度の影響を受け、今はどうなんだろう?と。
結論からお伝えしますと、実際、9つの島からなるスミラン諸島のNO.4/5/7/8/9に潜ってみて、エントリーした途端に感動しました。美しい!何でこんな岩が奇妙な形なの?あっ固有種だ!って事ばかりで頭が一杯になりました。

クルーズのスタッフによると、ツナミは南北に連なる9つの島の西側から来ましたが、(当然、陸地とは逆側です)元々、外海に面している島の西側はカレントも強く、珊瑚やシーファン等もあまり生息していない場所なのだそうです。人気のダイビングポイントは、島と島、岩の間や、島の東側に多くあり、ツナミの影響は心配しないでください、珊瑚もお魚達も元気です!始めに、ダイバーの皆様に、この点を声を大にしてご報告させていただきたいと思います。そして、下船後に滞在するパトンの街も完全復活しておりました。水位が上がって浸水しましたが、建物が流されるような状態ではなく、一時休業していたホテルやお店も通常営業、夜の街も24時過ぎまで大賑わいです。
だけど、特に若くて凛々しい日本男児の皆さんは、オカマさん達の不意打ちタックルには、ちょっと気をつけてねとの現地情報あり。(←現地スタッフ複数の経験談より)

(さらに…)

インドネシア・メナド ダイビングレポート2005年9月28日

2005年8月26日(金)

2005年9月28日
Poopoポイント

こんにちは~
連休も終わりってしまいました。お休みモードからお仕事モードにスイッチを切り替えて忙しい日々をお過ごしなのでしょうか・・・
さて、先日“POOPO”ポイントに行って来ました。
ポポとは村の名前で、牡蠣の養殖をしています。
タラサダイブセンターからスピードボートで30分です。
マクロダイビング!!
水中は白い砂地が広がっています。
今回は見たものは・・・
白のミニイロイザリウオと黒のミニイザリウオ爪ぐらいしかないミニイザリ~はとってもキュートでした。
白のニシキフウライウオ2ペア、カミソリウオのペアー、黄色のイバラダツ、タツノイトコの赤ちゃん、アオリイカ、タテキンの赤ちゃん、トウアカクマノミは卵を守っていてとっても攻撃的でした。
そうそう、今回はとってもラッキーなことがありました。
休憩中、な、なんと・・・“ジュゴン”に会いました。
ボートの上から、しかも遠かったけど、でもすごい嬉しかった・・・

水温 29℃ 透明度15~20m

タラサダイブセンター エリ


(さらに…)

インドネシア・メナド ダイビングレポート2005年6月28日

2005年6月29日(水)

みなさん、お元気ですか?
6月から約3年働いていたタラサダイブセンターに戻って来ました。
今後とも以前同様よろしくお願いします!!

さて、今回はタラサダイブセンターのご案内です。“来たときはお客さま・・・でも、帰る時は友達”これが私たちのモットーです。

長ーーーい桟橋(380m)を歩いて行くとボート乗り場があります。そこからブナケン島までたったの10分!!
8時、10時、14時、18時(ナイト)がダイビングのスケジュールです。
4名に1ガイドという少人数制をとっているので、ダイビングのスキルに不安がある方でも安心してダイビングを楽しんでいただけます。
ランチはダイブセンターに戻ってインドネシア料理!!

水温28~30℃ 透明度25~30m

今が旬のメナドに是非遊びに来て下さい!!

タラサダイブセンター エリ



(さらに…)

水中カメラマンの、ボホールはみだし撮影記

2005年2月24日(木)

こんにちは。雑誌などで海の写真を撮っているカメラマンの瀬戸口です。
今回は月刊『ダイビングワールド』2005年2月号の撮影でボホールへ行ってきました。
ギンガメアジやバラクーダ、トウアカクマノミ、カニハゼなど、今改めて振り返ってみると、ボホールの海って、なんだかもの凄く生き物が濃いんですよね。例えば、バリカサグのフィッシュサンクチュアリに潜っていると、ドロップオフの壁にきれいなヤギが生えてたりします。
あまりにも美しいから、写真を撮ろうとするのだけれど、泳いだままじゃブレちゃうから身体を安定させるために、どこか手や足を置ける場所を探すんです。でも、それが無いからビックリしました。どこの海だって指先を着くぐらいのスペースはどこかにあるものですが、バリカサグの海はカメラマンにそんな狭いスペースも与えてくれませんでした。
サンゴはもちろん、トサカやカイメン、ホヤなど、見事なまでに壁を覆っているんです。手を近づけると、ピピッと小さなハゼやエビが慌てて逃げるから、あぁ、こんなところにも生き物が住んでいるんだなぁって感心するほどです。つい大きな群れやレアな魚に目が行きがちですが、ボホールではそんな”生命の濃さ”を感じながら潜ると、ダイバーであることにきっと幸せを感じると思います。

ノバビーチクラブのハウスリーフだって、いろいろな生き物がいます。水深が浅くて、時間を気にしないで潜れるので、これにはハマりました。トータルで5~6 本は潜ったと思いますが、ダイブタイムは全て1時間を越えていました。それでもエアはまだたくさん残っていて、フィルムアウトしてやむなくエグジットした、というパターンです。

魚の写真は『ダイビングワールド』2005年2月号を見ていただくとして、ここでは、ボホールで見かけた人たちを中心に、雑誌やHPに載らなかったスナップを紹介します。ボホールって、のんびりしていて、陸もいい感じでした。

(さらに…)

12月15日 メナド現地レポート

2004年12月22日(水)

今回も前回に引き続き、海情報ではなく陸情報です

ブナケン島エリアでダイビングをした時、私達タラサダイブセンターはブナケン島に上陸してお昼ご飯を食べます。
お昼ご飯のメニューは、ご飯、焼き魚、野菜の炒め物、
プリケデイル(かき揚に似たもの)、はるさめスープ。
デザートはバナナやパパイヤ、パイナップル、南国フルーツです。
焼き魚はバラクーダだったり、ギンガメアジだったり・・・
野菜の炒め物はカンクン(空心菜)だったり、キャベツとニンジン、ジャガイモだったり・・・。焼き魚は炭火で焼いているので美味しいですよ。
メナドにはダブダブというチリとプチトマト、レモンなどで作った辛いソースがあります。
これは何にでもあいます。



(さらに…)

ミンピ号 ダイブサファリレポート

2004年7月22日(木)

2004年7月19日~22日 ミンピ号 ダイブサファリレポート

7月19日

17時、ミンピ号はタラサダイブセンターの桟橋をシアウ島に向けて出航・・・・・のはずが、南風の影響で波が高く予定を変更。今回のクルーズはバンカ諸島&レンベ海峡になりました。


(さらに…)

2004年6月28日 メナド現地レポート

2004年6月28日(月)

こんにちは!!
梅雨のシーズンいかがお過ごしですか?
先日レンベ海峡に行ってきました。マクロダイビング。
タラサダイブセンターから車で2時間走ってビトゥンの港まで行きます。そこでボートを借りてダイビング・・・
今回は3本ダイビングしてきました。

まず1本目は「デニスヘアボール」 岩の隙間をライトを照らして覗くとネコザメの赤ちゃんのしっぽが見えました。
ムチカラマツにはムチカラマツエビが大行進・・・
チータウミウシ、ホシゾラウミウシ、コノハミドリガイなどいろいろなウミウシ。
大きなツボカイメンのくぼみにはピンクスクワットロブスター
ちょっと暗い場所にはオイラヨウジウオ。
ウミウチワにはピグミーシーホース・・・
もう1時間のダイビングでお腹いっぱいいろんな物に会えます。


(さらに…)

2004年2月25日 メナド現地レポート

2004年2月3日(火)

今、メナドは雨期ですが、最近毎日とっても良く晴れています。今も外は真っ青な空が広がっています。海もとってもおだやかで、雨期っていう感じがしません。

さて、今回はメナドの料理 “テニトゥアン” を紹介します。
これはメナドのお粥と呼ばれています。

ちょっと話しがずれますが、メナドには4つの“B”があります。
インドネシア人がメナドに行ったら4つの“B”を制覇しろ!!・・・と言います。
でも下に書いた内の4)はゲットするのが難しいようですが・・・
1)Bunaken Island (ブナケン島)
2)Boulevard (メナドの街にある屋台街)
3)Bubur Manado (メナドのお粥/テニトゥアンといいます。)
4)Bibir Manado (メナドの唇)


(さらに…)

2004年1月26日 メナド現地レポート

2004年1月22日(木)

こんにちは。

この間、メナドに1つしかない映画館で「ラストサムライ」を見ました。私的にはとっても良かったーーー!!
皆さんは見ましたか?
今、メナドで一番人気のある映画です。
ちなみにこっちの映画館は1人15,000Rp(約200円弱)です。


(さらに…)

2003年11月17日~11月21日

2003年11月21日(金)

3:00pmミンピ号はタラサダイブセンターの桟橋を出航してマカレヒ島まで向かいます。マカレヒ島までは順調にいって12時間ぐらいかかります。

今回のメンバーは、フォトグラファーの鍵井さん、WTPのメナド駐在スタッフの鈴木さんです。今日はダイビングがありません。みんな夕食まで一眠り・・・
途中から波がでてきて夕食を作るのも食べるのも大変になるから、という事で5:30pm ちょっと早い夕食をとりました。


(さらに…)

CATEGORY

MONTHLY ARCHIVE

ページ先頭へ