miyakejimaJapan

  • 三宅島 画像1
  • 三宅島 画像2
  • 三宅島 画像3
  • 三宅島 画像4
  • 三宅島 画像5
  • 三宅島 画像6

ダイナミックな火山島でイルカと遊ぼう

東京都から南に175km、火山が作ったまんまるな島

三宅島の中心にそびえる"雄山"は、今でもガッツリ現役の活火山
その雄山の火山活動によって出来上がったワイルドな地形は、着いた瞬間から圧倒されてしまいます!!!

真っ黒なビーチ海中アーチ海まで流れ込んだ溶岩でできたものであり、
まさに火山島ならでは!!!

サンゴウミガメを見て楽しんだ後は、
すぐ隣の島「御蔵島」で、イルカと遊んじゃおう!
 

達人のオススメ!

水中カメラマン古見きゅうのおすすめポイント

どんなところ
雄山の噴火により海の中まで流れついた溶岩が沢山のアーチやドロップオフを造りだしていてダイナミックな地形が多いのが特徴です!
 
ココに注目
黒潮の恩恵によりテーブルサンゴの群生があり、コーラルフィッシュも数多く見られます!!
根魚も多くテングダイやユウゼン、レンテンヤッコ、カエルアンコウ、タツノオトシゴは通年見ることができます!
 
こう遊べ
日本で有名なイルカと泳げる場所“御蔵島”
三宅島から御蔵島まで船でいくことができます!!
ダイビングとドルフィンスイムの両方を楽しんでみては??
ポイント
三宅島近海には野生のミナミハンドウイルカがおよそ150頭ほど生息していて、機嫌が良ければ水中で遊びに来てくれることも?!

ツアー情報

ダイビング情報

三宅島のダイビング情報

三宅島の周りには黒潮が流れ、日本でも有数の漁場となっているため、海中生物の楽園
サンゴの群生や、大型回遊魚ウミガメなど様々な生き物を観察できます。
島周辺には100頭近くの野生のイルカが生息しており、イルカ達と一緒に泳げば感動の体験ができること間違いなしです!

ダイビングエリア

ダイビングサービス

deep in 三宅島ダイビングサービス

★ボートダイビングはディープインにおまかせ★
伊ヶ谷港すぐ近くのダイビングショップでマクロからワイドまで少人数制でしっかりサポート!
和みの宿、島の旧名所“もろみど『物見処』”も営んでいます。

東京ダイビングセンター三宅島 / ドルフィンスイム

海のプロがイルカやドルフィンスイムの正しい知識とスキルを教わることができます!
飼育も餌付けもされていない自然の大海原で伸び伸びと暮らしているイルカたちと一緒に泳ぎましょう!!

基本情報

トラベルメモ

気候 1年を通して温暖かつ、しかし比較的冬は暖かく夏は涼しい気候

年間 を通して北東または南西の風が吹きやすい
平均気温 年間平均気温は17.7℃ほど。冬でも平均最低気温は6℃を下回らない。

12~2月/10~12℃
3~4月/12~16℃
5~6月/19~22℃
7~9月/25~27℃
10~11月/17~20℃
平均水温 4~5月:20~24℃
6~7月:23~26℃
8~9月:27~29℃
10~11月:24~26℃
12~3月:17~21℃
適正スーツ 冬:ドライ~フードベスト
夏:3mm~5mmウェットスーツ
透明度 4~5月:10~20m
6~10月:15~30m
11~12月:20~25m
1~3月:20~25m

行き方

東京竹芝桟橋(JR浜松町駅から徒歩で8分)より、三宅島・御蔵島・八丈島間を東海汽船大型客船が毎日就航しています。

大島寄港時は竹芝桟橋到着時刻が変更となります。

行き

竹芝桟橋
竹芝桟橋 22:30発 大型客船(橘丸)へ
三宅島
三宅島 翌朝5:00着 

帰り

三宅島
三宅島発 13:35発 大型客船(橘丸)へ
竹芝桟橋
竹芝桟橋 19:45着

2020年11月 Area Ranking

  • 第1位 【宮古島】透明度は30mオーバー!!

  • 第2位 【久米島】なんと送迎付き!オールマイティな海を満喫しよう♪

  • 第3位 【八丈島】驚異の透明度!八丈ブルー!!

  • 第4位 圧巻の海中世界!【沖永良部】ザトウクジラの海!

  • 第5位 【渡嘉敷島】透明度抜群!慶良間ブルーの海♡

  • 第6位 【座間味】心癒される夢の島。珊瑚の楽園へ!

  • 第7位 【西表島】日本一の珊瑚礁を楽しめる海!!

  • 第8位 東洋のガラパゴスの由来は伊達じゃない!!小笠原で潜ろう!

  • 第9位 【奄美大島】透明度抜群!のんびり島時間を満喫♬

  • 第10位 【阿嘉島】ケラマブルーの海を満喫しよう♪

We スタッフ一押し!エリア

  • アニラオ

  • リロアン

  • 下田-ドルフィンダイビング-

  • コモド諸島

  • パラオ

  • バンダシー

PAGE TOP