モルディブレジェンド I モルディブ

モルディブレジェンド I MALDIVES LEGEND I

モルディブレジェンド Ⅰ☆ 海外ダイビングツアー  
 【モルディブ旅のポイント】
★モルディブ入国前の陰性証明書が不要
★日本帰国後の隔離期間が無し
★外務省発出の危険度レベルの引き下げ(レベル2)
この3つがそろって、モルディブツアーの販売が可能となりました。

2022年9月7日、日本への入国(帰国)の条件が緩和されました!
ワクチン3回目を接種のお客様は現地(モルディブ)でのPCR(出国時72時間以内)は不要になります。

※事前に3回目の接種証明書(アプリなど)を取得する必要があります。

広く点在する名ポイントを季節や海況に応じて自由に潜り倒す!
メインガイド的場が率いるモルディブレジェンドⅠが、海はもちろん、お食事や快適さ、
そして居心地の良さを求められるダイブクルーズなら、どれもご満足できるクルーズ♪
お1人様参加、ソロダイバーも安心してご参加可能です。

王道ルートならジンベエザメとの遭遇率は90%!! 
雨季限定のバァ環礁ルートなら、ハニファルベイでのぐるぐるマンタスノーケルの期待大!!
乾季限定のガーフ環礁ルートなら、未開の海で大物に遭遇の可能性あり!!

満足度120%のモルディブクルーズ、是非一度お試しください!!
【2019年7月版】モルディブ再発見の旅(水中写真家 古見きゅう)
【2019年1月版】憧れの赤道越えルートを初体験!(水中写真家 鍵井靖章)
バァ環礁コース!ハニファルベイで、マンタ!マンタ!マンタ!

モルディブレジェンド I ツアー情報

ダイビング情報

シーズン・コース
大きく分けると12月~3月までの乾季と7月から10月までの雨季となる。季節の変わり目の月はインターモンスーン。

ダイビングサファリコースは一年を通しての定番コース、乾季限定のガーフ環礁ルート・環礁をいくつも渡る赤道越えルート、雨季限定のアリ環礁でジンベエをとことん狙うルートなど、シーズンによってたくさんのルートでダイビングサファリを提供!

ダイビングスキル
ダイビングのスキルは人それぞれだが、ボートダイビングの経験があり、目安として50本以上のダイバーであれば問題なく楽しめる。 
何事も最初の一歩が肝心!!サファリが初めてで不安なダイバーでも、モルディブの快適クルーズにいちどご乗船すればその魅力にはまるはず!

ダイブポイント
モルディブの各環礁に散らばる上質なダイビングポイントを効率良く潜れるのがダイブサファリの最大のメリット!
大型回遊魚のハンティングシーン固有種満載マクロダイビング、そしてシンベエザメ・マンタ・ハンマーヘッドシャークの大物3連発!高確率で1航海で楽しめてしまうのはモルデイブの凄さ。

北マーレ環礁ダイブポイント詳細
南マーレ環礁ダイブポイント詳細
アリ環礁ダイブポイント詳細
ラスドゥ環礁ダイブポイント詳細

新型コロナウィルス対策について
新型コロナウィルルス感染症ガイドライン・感染防止対策
モルディブは2021年7月から観光再開をして日本よりも先を走っておりますが、
日本のガイドラインを遵守しながら船内でお過ごし頂きます。

【モルディブ旅のポイント】
★モルディブ入国前の陰性証明書が不要!
★日本入国時に検査証明書が必要!
★日本帰国後の隔離期間が無し!
※ワクチン3回目接種のお客様は帰国(日本入国)前のPCR検査不要になりました!
(事前にワクチン3回目接種の証明書の取得が必要です)


ダイビングサービス
モルディブサファリガイド
的場充弘(マトバ ミチヒロ)

2020年3月以来、やっとモルディブサファリを再開することが出来ます。
ダイビングガイドとしてモルディブへ辿り着き15年をかけてデータを取り、
誰よりも自信を持って潜り込んできたモルディブ。

この海で再び皆様をガイドできることを想うだけで、胸が熱くなります。
ジンベエやマンタなどの大物はもちろん、時期に合わせた素晴らしいポイントを巡るサファリです。
初めての方、お一人の方も安心して楽しんでいただけます。
皆様のお越しを心より楽しみにしております。

ダイビングクルーズ
モルディブレジェンド Ⅰ
モルディブの人気ポイントを潜り倒すのが醍醐味のクルーズ。
モルディブレジェンド Ⅰは、海上でも快適なクルーズライフをご提供。
全客室にトイレ&シャワーを完備、リビングやデッキなども広々としていて使い勝手も抜群。
さらに、食事も好評。日本人スタッフが乗船し、言葉の心配なし!
陽気で頼もしいクルーたちとともにベストな海をご案内します♪

基本情報

トラベルメモ
国名 モルディブ共和国
首都 マーレ
最寄の空港 イブラヒム・ナシル国際空港
ビザ 30日以内の観光の場合は、到着時に無料でビザが発給される。
時差 日本-4時間
気候 乾季:1~5月
雨季:6~11月
※雨季といっても、日本の梅雨のように長期間雨が降り続けることは稀。
※ダイビングのコンディションとしては、乾季は透明度が上がり、雨季は魚が多くなるのが特徴。
平均気温 年間を通して25~30℃
平均水温 11~3月:26~28℃
4~6月半ば:27~29℃
6月半ば~10月:27~30℃
適正スーツ 11~3月:5ミリワンピース
4~10月:3ミリまたは5ミリワンピース
透明度 11月半ば~4月:☆☆☆
5~10月:☆☆
言語 ディベヒ語。
年間を通してチャーターしているので、クルーやガイドは日本語に慣れている場合も。
電圧 220~240V 50Hz。日本の電化製品を使う場合は変圧器が必要となる。
BFタイプのコンセントが主流。日本製品には変換プラグが必要となる。なお、リゾートによっては、世界中のプラグに対応するマルチプラグを備えているところもある。
通貨 ◆ローカル島ではモルディブ・ルフィア(Rf)。
1ルフィア=7.35円
◆船内の支払いは米ドル現金のみ
1米ドル=113.46円
両替 米ドルへの両替は出国前に必ず日本で行うこと。
モルディブでの両替は、現金不足などにより両替が出来ない場合があるので注意。
チップ 乗船を通して、120~300ドル程度。
(キャプテンが全クルーへ分配します)
その他 広範囲に渡って良い海を潜りまくれるダイブクルーズ。
ジンベエ、マンタ、ハンマーと憧れの大物を一度に制覇でき、日本人ガイドも乗船しているので、
初めてのダイブクルーズでも安心。

行き方
行き
日本 ◎スリランカ航空利用
成田発より、コロンボへ(約9時間半) 
※お得に国内線手配が可能ですのでご希望の場合はお知らせください。

◎シンガポール航空利用
成田/羽田・関空・名古屋・福岡より、シンガポールへ
(約6時間半~7時間)
コロンボ又はシンガポール 到着後、ご自身にてお乗り継ぎ。

◎スリランカ航空利用
コロンボより、マーレへ(約1時間半)

◎シンガポール航空利用
シンガポールより、マーレへ(約4時間半)
マーレ マーレ着後、空港前にてガイドと合流。
サファリボートへ移動。
帰り
マーレ 午後、下船後に空港へご案内します。
※利用フライトによって変更あり
コロンボ又はシンガポール マーレよりコロンボまたはシンガポールへ。
到着後、ご自身でお乗り継ぎ。
日本 日本到着後、自由解散。
お疲れさまでした!

補足
MAP

2024年4月 人気エリア ランキング

We スタッフ一押し!エリア

サムイ・タオ島
サムイ・タオ島
バンダシー
バンダシー
コモド諸島
コモド諸島
ロスカボス
ロスカボス
ラヨーン
ラヨーン
パラオスポート号
パラオスポート号