YakushimaJapan

  • 屋久島 画像1
  • 屋久島 画像2
  • 屋久島 画像3
  • 屋久島 画像4
  • 屋久島 画像5
  • 屋久島 画像6
  • 屋久島 画像7
  • 屋久島 画像8
  • 屋久島 画像9
  • 屋久島 画像10
  • 屋久島 画像11
  • 屋久島 画像12
  • 屋久島 画像13
  • 屋久島 画像14

屋久島ってどんなところ?

屋久島は鹿児島空港から空路で40分。
深い緑に覆われた1周130km程の島には、樹齢7200年といわれる縄文杉をはじめとする屋久杉や、映画"もののけ姫"の舞台にもなった苔の森「白谷雲水峡」など神秘的で美しい風景が広がる。

ダイバーにあまり知られていないが、海の中も豊かな自然で多数存在。
屋久島の森から流れた水と、黒潮の大きな流れがぶつかり、多くの生態系が形作られ、海の中はいつでも様々な魚で溢れている。

「もりとうみ」のオーナー原崎森にとって「ダイビング」は仕事である以前に、一番大切にしている大好きな趣味でもあるため、ゲストがいない日も含め、毎日のように屋久島の海に潜り続けている。これが自信をもって明らかに他とは違うと言える「もりとうみ」の大きな特徴。そんなガイドがご案内する屋久島の海は、当然一味も二味も違う。

細田健太郎が屋久島で見つけた「SORA」 はこちらから ≫

ツアー情報

ダイビング情報

屋久島のダイビング情報

世界遺産の森や縄文杉で有名な屋久島ですが、知られざる海の世界はこれまた凄い!黒潮がダイレクトに当たり、亜熱帯と温帯の入り混じった混沌の海、それが屋久島の海。

魚は1000種を超えるほどに多く、実に多様な生態系を作っている。
4~8月にかけて水中で見ることのできるアカウミガメは、その産卵上陸数は北半球で一番多いと言われている。
生態行動に注目しながら生き物をじっくりと観察、撮影するようなスタイルを主軸に、黒潮の中をど~んと流れるドリフトダイビングも取り入れている。

ダイビングサービス

屋久島ダイビングライフ

少人数制で高い満足度のダイビングを提供するショップ。
オーナーは水中写真家でもある高久至(たかく いたる)さん!!
フォト派ダイバーの方は是非色々聞いてみてほしい。

もりとうみ

屋久島の海でフィッシュウォッチングや水中写真を楽しむ方のために、のんびり&まったり型のダイビングスタイルを提供している。

もりとうみのガイドにとって「ダイビング」は仕事である以前に一番大切にしている大好きな趣味でもあるため、
ゲストがいない日も含め、毎日のように屋久島の海に潜り続けている

これが自信をもって明らかに他とは違うと言える大きな特徴。
そんなガイドがご案内する屋久島の海は、当然一味も二味も違う。
これは屋久島で唯一、1年を通してこの海に入り続けているプロの屋久島ダイビング・ガイドだからこそ提供できるもの!!

もりとうみのホームページはこちらをクリック!

ダイビングリゾート

民宿 やくすぎ荘

1室づつ広めに作られた落ち着いた木造りの民宿。
四季折々をうつす美しい清流や、緑覆う山々を望め、旅情にやすらぎを感じる。
ホテル詳細はこちら

民宿 たけすぎ

スタッフには女性が多いので女性1人旅でもおすすめ。
屋久島の新鮮なお魚を中心に地元食材を使った食事も自慢。
ホテル詳細はこちら

屋久島観光旅館 田代別館

1904年(明治37年)に創業した老舗旅館。
名峰宮之浦岳を水源とする清流を見ながら屋久島の近海の魚も中心とした和会席を楽しめる。
ホテル詳細はこちら

シーサイドホテル屋久島

島の中では大型のホテル。
海岸線沿いに建っているのでホテルからの眺めは抜群。
ホテル詳細はこちら

民宿海星Ⅰ

民宿海星は、屋久島の玄関口・宮之浦にある宿!
スーパーやお食事処、居酒屋などが集まる屋久島の中心地。

フリーWi-Fi完備、全室シャワー・ウォシュレットトイレ完備で安心!!

ホテル詳細はこちら

ダイビングムービー

屋久島ダイビングライフ 【透明】

屋久島ダイビングライフ 【はだかの実】

基本情報

トラベルメモ

最寄の空港 屋久島空港
気候 年間を通して雨が多い。
5月末~7月上旬頃が梅雨となる。
1、7月中旬~8月、12月は比較的雨が少ない。
平均気温 12-02月:10~15℃
03-05月:15~21℃
06-09月:24~31℃
10-11月:18~25℃
平均水温 12-03月:17~18℃
04-06月:20~23℃
07-08月:24~25℃
09-11月:24~26℃
 
適正スーツ 冬は水温が下がるので、スーツの選択は5㎜ツーピースとインナーがほしいところ。
ワンピースの場合はフードベストの準備を。
ドライスーツの利用でも。
その他 島の周りは1周130キロ程度。島の9割が山林で残りの1割が平地となっており人の住むエリアが限られている。小さな島には黒潮がダイレクトにぶつかっているため海の中は亜熱帯と温帯の魚が入り交じり、マクロ生物でにぎやかな海であると 同時にダイナミックな地形に回遊魚が群れをつくり、マンタやハンマーヘッドの目撃例もある生き物が豊富な海。

「月に35日雨が降る」と言われるほど雨が多い。これは黒潮の海から生まれる水蒸気が山を登り雲となるため。 また大洋と大陸の気団に挟まれた前線が留まることも多く山岳地帯では年平均降水量は1万mmに達する。(東京の年平均降水量は1528.8mm)

行き方

行き

各地空港
各空港から鹿児島まで飛行機で約1時間半
鹿児島空港
鹿児島空港から飛行機で約40分
屋久島空港
屋久島空港から宿までは送迎車もしくはご自身にて移動

帰り

屋久島空港
宿から屋久島空港までは送迎車もしくはご自身にて移動
鹿児島空港まで飛行機で約40分
鹿児島空港
ご自身にてお乗継ぎ
各空港まで飛行機で約1時間半
各地空港

補足

MAP

2021年12月 Area Ranking

  • 第1位 【与那国】海底遺跡にハンマーヘッド・・・浪漫と冒険の海!

  • 第2位 【宮古島】透明度は30mオーバー!!

  • 第3位 東洋のガラパゴスの由来は伊達じゃない!!小笠原で潜ろう!

  • 第4位 【阿嘉島】ケラマブルーの海を満喫しよう♪

  • 第5位 圧巻の海中世界!【沖永良部】ザトウクジラの海!

  • 第6位 【奄美大島】透明度抜群!のんびり島時間を満喫♬

  • 第7位 【石垣島】国内でラクラク♪ マンタに会い行こう!!

  • 第8位 【座間味】心癒される夢の島。珊瑚の楽園へ!

  • 第9位 世界遺産の海で潜ろう!神秘の屋久島で海も山も満喫しよう!

  • 第10位 【西表島】日本一の珊瑚礁を楽しめる海!!

We スタッフ一押し!エリア

  • ラヨーン

  • アイランドサファリロイヤル号

  • コモド諸島

  • ラパス

  • アニラオ

  • ロスカボス

PAGE TOP