サウスレイテ フィリピン

サウスレイテ South Leyte

サウスレイテってどんな所?

レイテ島の南に位置しており、タクロバン空港が玄関口。
毎年11~5月までの間、エサになるプランクトンを追ってジンベエザメが集まってくると言われているサウスレイテの海!ガイドの掛け声とともにスノーケルで飛び込めば、手が届きそうなくらいまで寄ることもできる。
まさに夢のような海。 美しく舞うパープルビューティや、広大なサンゴ、擬態上手な「変な魚たち」も必見!
ミミックオクトパスやカミソリウオ、ニシキフウライウオなどまで顔をのぞかせる。

水中カメラマン鍵井靖章のおすすめポイント

どんなところ?
透明度の高い海で、ジンベエザメと泳げて、 さらにマクロ生物も充実している。これからも展開が楽しみな海&ダイビングリゾート。
ココに注目
11月から5月下旬に、リマサワ島やソノック島、パドレブルゴスの西側など集まるジンベエザメ。 高確率でジンベエスイムを楽しむことができる。
こう遊べ
日中はジンベエスイムとマクロダイブ。そして、パドレ・ブンゴス・ピア(Padre Bungos Pier)でのナイトダイブは、 メガネウオやニシキテグリなども見られてとても面白いので、是非エントリーして欲しい。
ポイント
Sta paz(サンタ パス)という村の前のポイント。ミミックオクトパス、ウミウシ各種、ツノカサゴ、 ニキシフウライウオなどマクロの生き物の宝庫。

サウスレイテ ツアー情報

ダイビング情報

ジンベエスイムからマクロ撮影まで!

基本情報

トラベルメモ
国名 フィリピン共和国
首都 マニラ
最寄の空港 タクロバン空港
ビザ 30日以内なら不要。
パスポート有効期限は「滞在日数+6ヵ月間以上」必要。
時差 日本-1時間
気候 11月後半~1月にかけて雨風が強くなることが多いが、それ以外はオールシーズン潜れる。
平均気温 27~31℃
平均水温 28~29℃
適正スーツ 3~5㎜ウェットスーツ
透明度 ☆☆
言語 公用語はフィリピン語(タガログ語)
英語は広い範囲で通じる
※ノバジンベエクラブでは日本人スタッフが常勤。
電圧 220V、60Hz
プラグはAタイプ(希にB3、C、Oタイプ)
通貨 フィリピンの通貨単位はフィリピン・ペソ(P)
P1≒2.7円(2021年12月現在)
両替 空港内の銀行/ホテルのキャッシャー。市内の銀行、両替商など。
※ノバジンベエクラブ内でも円からペソへの両替可。
チップ ・空港、ホテルのポーター:荷物1個につき10ペソ
・タクシー:料金の10%目安
・レストラン:金額の5~10%が目安(※サービス科が含まれていない場合)
その他 フィリピン中部に位置するレイテ島。サウスレイテと呼ばれるのは南部の4分の1程度。
一 年中温かく、ヤシの木や民家が建ち並ぶのどかな雰囲気。
マクロ好きなら絶対満足する海が広がり、日本の魚図鑑では希少と紹介されている魚も、サウスレイテの海ではごく普通に見ることができます。

補足
MAP

2022年5月 人気エリア ランキング

We スタッフ一押し!エリア

アニラオ
アニラオ
ガラパゴス諸島
ガラパゴス諸島
下田-ドルフィンダイビング-
下田-ドルフィンダイビング-
リロアン
リロアン
コモド諸島
コモド諸島
パラオ
パラオ